Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

04 2012

One of Persons Who Influenced Me

woody allen 1

I have a longstanding relationship (?) with the director.
I started to develop a taste for Woody Allen (1935 -, an American screenwriter, director, actor, comedian, and so on), since I watched “Interiors (1978)” on late-night TV show by chance when I was a high school student. This major box office flop about three sisters who are in anguish over relationships with their mother and problems of one's own was made in 1978, one year after “Annie Hall” gave renown to him.
この方とは長いお付合いです(笑)。
ウディ・アレン(1935年生まれ、アメリカ人映画監督、脚本家、コメディアンなど等多才な方です)に夢中になったきっかけは、高校生の頃に深夜、偶然観た彼の映画“インテリア(1978)”。この映画は、母親との関係、それぞれの人生の問題に苦悩する3姉妹を描いています。彼の名声を一気に高めた“アニー・ホール”の翌年製作されたものの、興行的には大失敗だったそうです。(テーマを多少変えて、“ハンナとその姉妹”でリベンジしたとも言えるでしょう)

Though I had little in common with the situation the sisters in if I recall, Kinakinw in puberty deeply sympathized with the film and become caught up in the director. Then, I saw all his previous films that were available on video and that were screened in traditional cinema houses. I loved his senses of humor and irony and felt as if I shared agonies or joys of life (I never attracted to him as “a man”, though). Under the influence of the man, I started watching Ingmar Bergman and Federico Fellini and listening to Cole Porter. I completed his movies directed and written by him and saw almost all ones featuring him. Once, a last piece was "What's Up, Tiger Lily? (1966)”. I haphazardly found a small theater screening it in Saint-Germain- des-Prés and rushed into it. Now, I can get its DVD by a quick mouse click….
思い返せば、3姉妹が置かれた状況と当時の自分にあまり共通点はなかったのですが、そこは思春期真っ盛りのこと、この映画に深く共感し、ウディ・アレンにはまったのです。以来、ビデオ化されていた作品は全て、また名画座を丹念にあたり、作品を観まくったのでした。彼のユーモアのセンス、皮肉のセンスが大好きでしたし、まるで人生の苦悩や喜びを一緒に分かち合っているように感じました(男性として魅力を感じたことは一度もありません。念のため)。彼の影響で、ベルイマンやフェリーニを観、コール・ポーターを聴きました。監督・脚本作品は常にコンプリート。また出演や脚本のみの映画のほとんどを制覇していました。最後のピースが“どうしたの、タイガー・リリー? (1966)”(007にインスパイアされて東宝が製作した三橋達也主演のスパイ映画を、台詞を差し替え、再編集してコメディにしたもの)という時があり、これはパリのサンジェルマン・デ・プレの小さな映画館で上映されているのをたまたま見つけて観たのでした。今ではワンクリックでこの映画のDVDが手に入るのですねぇ。

I wasn’t extremely shocked by the Soon-Yi scandals. Allen had a sexual relationship with one of Mia Farrow’s adopted children, 20-year-old Soon-Yi. Allen and Farrow never married, but they continued nice, at least I thought so, relationship, adopted two children, and also had one biological child. The most disappointing to me, personally, was his movie lost the fantastic actress forever. His film feature many fascinating actresses, which was another reason why I liked his film. Among them, for the screenwriter whose private life informs his works, Farrow and Keaton (both were Allen’s partner on-screen and off) were special: they brought mental stability to him and allure to a film. I didn’t expect this failure in male-female relationships of a long-term stable one, but that was s worst breakup.
例のスキャンダルではさほどショックを受けませんでした。ちょっと説明しておくと、ウディ・アレンはミア・ファローの養女で当時20歳のスン・イーと男女関係を持ってしまったのです。ミア・ファローと彼は結婚こそしていませんが、良い関係を保っていて(と私は思っていました)、2人の養子をもらい、実子まで1人いたのです。最も残念だったのは、彼の映画がこの魅力的な女優を永遠に失うことでした。彼の映画には多くの素晴らしい女優が出演していて、それが彼の作品を好きな理由の一つでもあります。ウディ・アレンは私生活が仕事に影響を与えるタイプだった、と思います。だからこそ、その中でもミア・ファローとダイアン・キートン(共に公私にわたるパートナーでした)は彼の映画にとっては特別な存在で、彼に精神的安定を与え、映画に魅力を加えていたのでしょう。彼は男女関係の落伍者(と勝手に烙印を押していました)ですから、長年誰かと安定した関係を築けるとは期待していませんでしたが、それにしても、その別れ方はないんじゃないかと。

Broadway danny rose 1 Broadway danny rose 2
My favorite, “Broadway Danny Rose (1984)”
多分一番好きな作品、“ブロードウェイのダニー・ローズ(1984)”


Anyway, I still saw his movies every year, but since 1998, his new one changed to like a once-yearly greeting card from relatives rather than what I looked forward to. What triggered that was “Wild Man Blues (1997)”, a documentary film about the musical avocation of Woody Allen, that features several scenes of personal conversations between Allen and Soon-Yi. I was interested in what is Soon-Yi. They finally got married preceding year, so I wondered what her attraction was. Well, she was, I observed, a woman of my generation who was a bit selfish but basically didn’t impress me much. Period. I remember I was dissatisfied with his choice: why her?
まぁ、その後も毎年いそいそ映画館に出向いていたのですが、1998年を境に彼の映画の位置づけが、「わくわくして待っているもの」から「親戚から来る暑中見舞いのようなもの」に変化しました。そのきっかけは“ワイルド・マン・ブルース(1997)”という、彼の音楽活動(クラリネット奏者)を追ったドキュメンタリー映画。その中に、スン・イーとのプライベートシーンが何回か出てきたのです。彼女はどんな人なのか、とても興味がありました。その前年にとうとう二人は結婚していましたから、いったい彼女の魅力は何なの?と思っていたわけです。結局、あくまでも私が見たところ、彼女は私と同世代で、ちょっとわがままそうというだけで、特に何も印象が残らなかった(そんなに可愛くもなかったし)。なんで彼女なの?と、釈然としないまま、肩を落として一人恵比寿から帰ったことを覚えています。

The fans are self-centered by nature. Once I got disappointed with the choice of his private life, something about his movies at those days that make me felt uneasy started to grow on me. For example, personally, he didn’t seemed to be the right age for his role when he was in a film, Allen’s shadows behind a featured actor bothered me, and regular series of neurotic lines seemed to be unnatural when they came from the other actors.
ファンなんて勝手なものです。私生活上の選択にがっかりすると、その頃の作品で気になっていたことにますます違和感を覚えるようになりました。例えば、演じている役柄と彼の実年齢が合わないとか、主演俳優の背後に常にウディ・アレンの影があって映画に集中できないとか、お決まりの神経症的台詞が彼以外の俳優の口から出るととってつけたように感じるとか。

Since 2005, I hadn’t seen one in a theater because I felt I could watch it by DVD later. However, I didn’t watch most of them. Then, I finally saw the latest one last week almost a moth after the first run!
とうとう2005年以降は、後でDVDでも観られると思い、新作を映画館で観なくなってしまいました。実際には、DVDでもほとんど観ていません。そして先週、封切りから1ヶ月近く経過してからですが、久しぶりにちゃんと新作を観たのでした!

Though it was new, it brought back some memories. After all, I do like his films, though there is no magical interaction between Allen and an actress who shares life with him.
初めて観るのに懐かしい。私生活を共にする女優とのあのマジカルな相互作用はもうありませんが、なんだかんだ言っても、私は彼の映画が好きなのですね。

Now, there are 6 unopened greeting cards in my mailbox, so I’m going to open them bit-by-bit.
今現在、サボっていて観ていない作品が6本ほどあります。これからぼちぼち片付けていきましょう。

woody allen 2
They have been together for 20 years. Maybe, they are a nice couple. Don’t you think they don’t seem more than 35 years apart in age?
20年以上一緒にいますね。多分お似合いのカップルなのですね。35歳以上の歳の差カップルには見えないでしょう?

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 01:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。