Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2012

Heartbreaking Rainy Season

Heartbreaking rainy season1

While Paris seems not to change greatly (just at first sight, of course), Tokyo is a changing at all times. In this rainy season, there is heartbreaking event that symbolizes the ever-changing town.
パリは(一見したところ)あまり変わらないように感じますが、東京は常に変化しています。この梅雨にも、変化を止めないこの街を象徴する悲しい出来事がありました。

The hydrangea planted in the side of street tree in the opening picture is used on my blog 2 years ago (the previous post). I have the fun of watching it on my way to and from a subway station at this time of year. It blooms again, but this year, it’s in the middle of drastic change.
街路樹の脇に植えられたこの紫陽花は、2年前にもこのブログに登場しました(その時の記事)。この時期、最寄り駅の行き帰りに眺めるのを楽しみにしています。また咲いていますが、今年この紫陽花には大きな変化が訪れています。

I suppose an owner of a wooden house stood there until few months ago planted and took care of the beautiful hydrangeas. Now the house, its owner, and other hydrangeas disappeared, and the only one tree id left behind. An 11-story building is going to be constructed on the site.
数ヶ月前までここにあった木造家屋の住人が、この見事な紫陽花を植えて世話をしていたのだと思います。今はその家も住人も、他に何株も植えられていた紫陽花も今は消えてなくなり、この一株だけが取り残されています。この場所には11階建ての家が建つそうです。

Heartbreaking rainy season2

I wonder what happened to the other hydrangeas.
I wish the owner had taken them to a new home.
他の紫陽花はどうなったのでしょうか。
住人の方が新しい家に連れて行ってくれたのなら良いのですが。

ajisai
The photo in the previous post
以前掲載した写真


-------------------------------------------------------------------------------------
Anyway, I read the previous post and realized I lightheartedly wrote a haiku on the blog….
しかし、2年前のブログを読み返してみると、のんきに俳句なんて詠んでいたんですね、私は(笑)。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 14:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

26 2012

Just Managed to Catch It

Midnight in Paris 1

It was good weather for a walk in Tokyo today: shiny and not too hot because of dryness of the air. I decided to alter my schedules and went to see the movie, Midnight in Paris written and directed by Woody Allen, in Roppongi Hills.
今日の東京はからりと晴れて絶好のお散歩日和でした。予定を変更して六本木ヒルズに映画を観に行ってしまいました。ウディ・アレン監督脚本のミッドナイトインパリ。
しかし、シネコンでウディ・アレン作品を観る日が来たのですね…。

Midnight in Paris 2

The film has been much talked about and, I think, some of you have already seen it, so I don’t tell the story here.
この映画はとても話題になっていますし、既にご覧になった方もいらっしゃると思うので内容には触れません。

Allen is my most revered director, yet I didn’t went soon though it was released last month. (I’m thinking to write about why in the next post.) Anyway, though I felt somehow uncomfortable about its well-written script and some lines, I could enjoy it over all.
ウディ・アレンは最も好きな監督なのですが、先月末公開にもかかわらずまだ観ていませんでした(その理由は週末にでもゆっくりと書こうと思います)。ともかく、上手くまとめられた脚本やいくつかの台詞に居心地の悪さを感じたものの、全体的には楽しめました。

Paris is a place where fond memories since I stayed there for half a year in my 20s. My motive for staying there wasn’t much different from that of the central character.
Paris is such a place where one relives each “the Belle Epoque (good days)”.
パリは20代の頃半年間過ごした我が思い出の街(色々な意味で濃い半年間でした)。パリに滞在してみようと思った動機は、主人公のそれと大差はありません。
パリとは、その人にとっての「良き時代」を追体験する場所なのです。

Some people feel “I want to die in Paris (it was a sales copy for a department sore in Japan)” because the town basically haven’t changed for these centuries. Aside from reliving Epopue with your secret idols, whenever you get there, you can feel your youth, old memories, someone, and something wake to life within you.
「パリで死にたい」と思う人がいるのは、この街が基本的に何世紀も変わっていないから。憧れのアーティストとその時代を追体験できるだけでなく、パリに行きさえすれば、その人の青春、思い出、誰か、何かがその人の中に蘇るのです。

Posted by Kinakinw | 19:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

17 2012

Dreams on Ice 2012

DOI 2012_1

Though it’s the off-season, here is a topic of figure skating again.
Yesterday, I went to an ice show, Dreams on Ice in which the member of current national team comes on, held from 6/15 to 6/17 in Shin-Yokohama.
オフシーズンなのに、またフィギュアの話題です。
新横浜で6/15~本日まで行われたアイスショー、ドリーム・オン・アイスを昨日観に行きました。

Performers - 出演者
Men’s single: [seniors] Daisuke Takahashi(橋大輔), Hanyu Yuzuru(羽生結弦), Takahiko Kozuka(小塚崇彦), Tatsuki Machida(町田樹), Takahito Mura(無良崇人), Daisuke Murakami(村上大介) [juniors] Keiji Tanaka(田中刑事), Ryuju Hino(日野龍樹), Shoma Uno(宇野昌磨)
Women’s single: [seniors] Akiko Suzuki(鈴木明子), Kanako Murakami(村上佳菜子), Haruka Imai(今井遥) [juniors] Risa Shoji(庄司理紗), Satoko Miyahara(宮原知子), MiuSato(佐藤未生)
Pair: Narumi Takahashi(高橋成美) & Mervin Tran (マーヴィン・トラン)
Synchronized skating: Jinguu Ice Messengers Grace(神宮アイスメッセンジャーグレイス)
Guest skaters: Carolina Kostner(カロリーナ・コストナー), Patrick Chan(パトリック・チャン), Miki Ando(安藤美姫), Nana Takeda(武田奈也)


From the beginning, when I checked for the ticket on the next day of the launch, moderate seats had already sold out. I gave up on it once, but I decided to try for walk-up tickets for standing room at the last minute. The opening picture shows the numbered ticket for it. It was the first time for me to watch an ice show standing up. Standing during the show was OK, but including the time spent on lining for tickets and entrance (for a space race), it was a bit hard to be a standee.
チケット発売日翌日にチェックしたら、お財布に優しい席は既に売り切れていたのであきらめていましたが、当日発売の立ち見券を目当てに行ってみることにしました。冒頭の写真はその整理券。立ち見でアイスショーを観るのは初めてでした。まぁショーの間立っていることは問題ありませんが、チケット販売を待ったり、入場を待ったり(場所確保のため早く入らないと)したのを含めると、立ちっぱなしはきついものがありました。

DOI 2012_2 DOI 2012_3

Anyway, these are some remarks.
ともかく、いくつか感想を。

Attractive Male Secondary Group – 充実した日本男子第2グループ
Machida who gave one of the great performances and Mura are evolving, whose successful short programs in the Four Continents Championships are still fresh in our minds. If they weren’t Japanese, they can surely enter into the World Championships. What a shriek of joy!
この日素晴らしい演技をした町田選手、そして無良選手。昨シーズンの四大陸選手権のSPで完璧な演技を披露したのは記憶に新しいですね。彼らは着実に進化していて、頼もしい限りです。もし彼らが日本国籍でなければ、世界選手権に出ていてしかるべき選手達。嬉しい悲鳴です。

Combine hopes and concerns in Juniors – 期待と不安が入り混じるジュニア選手達
The juniors were one of my aims for the show. The bright side is Tanaka and Uno continue to grow smoothly for post Sochi in which they would be leading skaters along with Hanyu. As for Ryuju, well, as usual, he seemed to be unmotivated for skating…. I am a little worried about ladies. They are good skaters, but, personally, compare to Russian and American ones, I cannot sense their lambent talents that will bring them a big breakthrough on the world stage in the future…. Judging calmly, having Ando and Mao, geniuses who appear only once in every decade, at the same time is an unusual situation. I may have to give them time.
この日のお目当ての一つだったジュニア選手達ですが、良かったのは田中選手と宇野選手。羽生選手と共にソチオリンピック後の日本の主力選手になるべく順調に成長しているようです。日野選手に関しては…スケートに対する熱意がまだ感じられませんでした。さて、心配なのは女性陣。みんな良い選手なのですが、ロシアやアメリカのジュニア選手と比べるとどうしても物足りない。世界の舞台で大躍進しそうなキラリと光る才能が感じられないのです。まぁ良く考えてみれば、安藤美姫と浅田真央という十年に一人という天才スケーターが同時期に現れた、という現在の状況が特殊なのですね。長い目で見てあげないといけないかも知れません。

Spectacular Daisuke Takahashi - 圧巻の高橋大輔
The performance of the skater whose reunion with the Russian awkward coach,Nikolai Morozov, sends shockwaves towards fans in the world was just amazing! He showed us his new program for gala, Tango Piazzolla Primavera choreographed by Kenji Miyamoto. Maybe, there is no need to mention his power of expression, but I can also add that now he is able to give off an adult male’s allure and sultriness. I talked with dedicated Daichan-fans at the site. Some of them came all the way from local cities just for the show, stayed at a hotel and planned to watch several acts! I hope they spend some really good quality time with Daichan until Sochi and after it.
一癖あるロシア人コーチ、ニコライ・モロゾフと再びタッグを組んだ、というニュースが世界中のファンに激震を与えている高橋大輔。さすがの演技でした。この日披露したのは新しいエキジビション用プログラム、宮本賢二振り付けのリベルタンゴ→Primaveraの間違いでした。彼の表現者としての実力はここで私が言う必要もないのですが、あえて言えば、いつの間にか大人の男性の色気や艶のようなものをさらりと表現できるようになっていて、脱帽です。今回は熱狂的な大輔ファンのご婦人達とお話をしました。中には遠くからこのショーのために上京して、ホテルに泊まって何回も観るという方もいらっしゃいました。ソチオリンピックまで、そしてその後も、大輔ファンの皆様が充実した時間を過ごせることを願わすにはいられません。

Perplexing Ando’s “Artistry” - やっかいな安藤美姫の“芸術性”
We, Japanese figure skating fan, know she has worked hard to improve her expressiveness these years, but in general, she has never known for her artistry in the world. Though she is a gifted skater and tough competitor, regrettably, she isn’t blessed with natural ability to express the music through skating. I wrote about her expressiveness before (the previous post), and her latest interview made me think that again. According to it, though she is assigned to Grand Prix Series next season, she’s still thinking about if she’ll compete or not because she prefers to show her performance as an artist.
日本のフィギュアファンは、この数年安藤美姫が表現力向上に取り組んでいることを知っていますが、彼女の表現力が世界的に評価を得たことはありません。彼女は類稀な才能を持つスケーターで、試合に強い。しかし残念ながら、スケートを通じて音楽を表現するという才能には恵まれていません。彼女の表現力については以前にも書いたことがあります(その時の記事)。そして今回またその事について考えさせられてしまいました。彼女は最近のインタビューで、今シーズンのグランプリシリーズに出場を予定しているけれど、アーティストとして滑っていたいので、試合に出場するかどうかはまだ決めていないという趣旨の話をしているのです。ええっ…?(汗)。

I watched her performance yesterday, and I could assume what she thinks artistry is and, at the same time, convince why her expression conveys no meaning to many people. As far as I see, her “artistry” is expressing oneself in an ice show, mainly in terms of her affections, rather than communicating to audience. In other words, it’s look-at-me and understand-me skating. It’s a big misconception, and additionally, the more tragic one is she thinks performance in a competition is NOT art.
昨日の演技を観て、彼女が考える“芸術性”とは何か、なぜ多くの人に彼女の表現が伝わらないのか、わかった気がしました。私が思うに、彼女にとっての芸術性とは、アイスショーで主には感情面で自分を表現することで、観客に何かを伝えることではなさそうだということ。言葉を変えれば、「こういう私を見て、わかって」というスケート。これだけでも大きな勘違いですが、さらに深刻な勘違いは、どうやら彼女は試合で滑ることは芸術ではないと考えていることです。

Originally, only limited people who were sympathetic with her or knew her history could interpret her expression. For example, I know she expresses her thoughts for her father she lost when she was a child through the requiem program, so I can interpret what kind of feelings she’s expressing through it. Yesterday, however, I didn’t feel anything from her performance. I just understand she tried to skate very expressively.
元々、彼女の表現を理解できるのは限られた人だったと思います。彼女を好意的に見ている、また彼女の歴史を知っている人です。例えば、レクイエムというプログラムは幼少の頃に亡くしたお父さんに捧げているのだ、と私は知っているので、彼女がどんな気持ちを表現しているのか斟酌できたのです。でも昨日の彼女の演技からは、特に何も感じられませんでした。ただ、情感たっぷりに滑ろうとしているのだな、ということはわかりました。

I wished this year’s break could add up to a new passion for her skate. She has had a passion for being “an artist”. So, what will be the result?
昨シーズンの休養が、スケートに対する新たな情熱を彼女にもたらしてくれたらいいな、と思っていたのですが。まぁ、“アーティストでありたい”という情熱は持ったみたなので、さて、これからどうなるのでしょうか。

DOI 2012_4

Posted by Kinakinw | 21:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

10 2012

Figure Skating as Student Sports

higashiyamato skatecenter

Last month, I went to the figure skating championships for university students in the Kanto region in which 90 skaters, from beginners to those in most significant class, who belong to universities’ clubs participated. Though the competition for the beginners started early in the morning, I only watched 25 male & female superordinate including few well-known skaters appeared in the afternoon. I never thought I would follow small competitions, but I tentatively went there because I actually enjoyed Lily Cup held before it.
先月、関東学生フリースケーティング選手権大会を観戦しました。参加者は初級から上位選手(7、8級)までの、大学のスケートクラブに所属する約90名のスケーターでした。低い級の選手達の試合は朝早くから行われていましたが、私が見たのは午後からの男女上位選手約25名でした(中村健人、佐々木彰生、西野友毬選手など)。こういう大会までフォローするつもりはなかったのですが、前回行ったリリーカップが案外楽しかったので試しに行ってみました。

The atmosphere was just like that of minor college sports: audience was skaters and some their family, and competitors called out and cheered up their club mates. It taught me a renewed recognition of figure skating as student sports.
会場の雰囲気は部活そのもの。観戦しているのは(熱心な一部ファンの方々を除き)選手とその一部の家族のみ。選手達が同じ大学のチームメイトに「ガンバー!」と声援を送っていました。この大会は、学生スポーツとしてのフィギュアスケートを再確認させてくれました。

Many student skaters belong to their school’s skating club in case a university or high school has it. In other words, competent ones, even at the local level, enter those schools through the recommendation system. This kind of competition (including interscholastic athletic competitions and regional preliminary rounds) is one of main scenes of their activities for them even for the superordinate I saw that day.
学生スケーターの多くは、自分の学校にスケートクラブがあればそこに所属しています。言い方を変えれば、例え地方レベルでも目立った選手はスケートクラブのある学校に推薦入学するとも言えます。今回私が行ったような学生大会(インターハイやインカレ、またその予選を含めて)は、私がこの日見た上位選手にとっても主な活躍の場の一つです。

An exception is that few top Japanese skaters who constantly participate in ISU senior competitions. Besides Miki Ando and Akiko Suzuki, though these skaters are also students, they don’t compete the one like this.
例外は、ISUの国際シニア大会に常に出ている日本のトップ選手達です。安藤美姫、鈴木明子選手を除けば、全員学生ですが、このような大会にはそう参加しません。

However, majority of the contestant population is made up of person unknown to fame like skaters in the championships. They usually retire from competitions on graduation from university, which is the same as players of other sports.
しかし、競技会に出るスケート競技者の殆どが、この大会に出ているような一般的には知られていない選手達です。他のスポーツと同じように、彼らの多くは大学卒業と同時に競技から引退します。

In Japan, the circumstances surrounding top figure skaters are quite distorted: a small number of top skaters come under the spotlight and are played for just like idol personalities by TV. That causes misunderstanding among people as if they were choreographed TV talents. Even though those top skaters are above the clouds relative to ordinary student skaters, they are an extension of the no-names. I mean, if someone supports them, they basically decide what kind of skate they perform on their own (including a coach, choreographer, costume and so on).
日本ではフィギュアスケートを取り巻く環境は大変いびつです。一人握りのトップ選手にのみスポットが当てられ、TVにはまるでアイドル芸能人のように利用されています。それが一般の人々が彼らを、まるでプロダクションに演出されている芸能人かのように誤解させていると思います。例え、一般の学生選手に比べれば雲の上にいるようなトップ選手達でも、基本的には学生スポーツの延長線上にいるのです。だれかサポートしてくれる人はいるにしても、どういうスケートをするかは彼ら自身で決めています(コーチや振り付け、コスチュームなども)。

If some disjointed things happen to the big names, for example Mao’s costume (^_^;), I think it’s better than the case in which the grown folk produce a perfect skater as a package because, without exception, an aim of the folk is basically their own business. If one cannot deal with that situation, it ruins one’s skate. Even if one can, it’s risky in the long run as we can see an example of the results in the neighboring country.
例えば浅田選手の衣装のように(笑)多少ちぐはぐでも、大人達がパッケージとしてプロデュースした完璧なスケーターになるより自分で決められた方が良いと思います。そういう大人達にとって、選手はしょせん商売道具です。選手がプロデュースされるという状況に耐えられなければ、自分のスケートを見失ってしまうでしょう。もし耐えられたとしても長い目で見ればリスクが大きいのではないでしょうか。そういう人の行く末は、かの国の選手の例からわかると思うのです。

Posted by Kinakinw | 20:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

05 2012

The Rainy Season is Coming

Rainy Season

Beginning in June the rainy season is going to set in Tokyo.
How are you doing?
6月に入り、東京は入梅目前です。
皆様お元気ですか?

Posted by Kinakinw | 22:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。