Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

10 2012

The End of the Azalea Season

tutuji

Azalea, Tutuji in Japanese, is popular in Japan and planted in gardens and alongside the street. It usually reaches full bloom from late April to early May in Tokyo. After cherry blossoms, the next amusement for flower-loving Tokyoties is the plant.
桜が終わるとツツジの季節ですが、それももう終盤。ツツジの名所だけでなく、家や道路の生垣でも、今年も綺麗に咲きましたね。

Among many beautiful Azaleas I see every year, I concern about the abandoned one in the picture the most. The nearby building had been used for a corporate dormitory for a long time until it was sold 7 or 8 years ago. Its fence and garden was playground for the children of the neighborhood, and I used to run on and jump down from the fence. At that time, there were many azaleas, and we used to pick the flowers and consumed nectar from them.
色々な所で美しいツツジを目にしますが、私が最も気にしているのはこの写真のうち捨てられたツツジ。我が家の近くのこの建物は、7、8年前に(Mのつく会社に)売却されるまで、長年ある団体の寮として使われていました。ここの庭や塀は近所の子どもの遊び場になっていて、私もこの塀の上を走り、端から飛び降りるのを趣味にしていました。その頃はもっと立派なツツジの生垣で、よく花を摘んでは蜜を吸っていたものです。そう言えば、「ここの門に頭を突っ込んで抜けなくなったKinakinwを、手を傷だらけにして救出した」と後年母親に良く言われていました。私は相当なお転婆&お馬鹿な子どもだったのです。

Although nobody takes care of the only surviving one, it blooms cheerfully at this time of year.
今では世話する人もいなくなり、唯一残った一株のツツジ。それでも、季節が巡れば、毎年機嫌よく咲いています。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 07:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。