Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

31 2012

Hotel New Akao, Atami

New Akao1

The trip to Atami was for a celebration of my best friend’s mother’s birthday.
I chose a unique hotel I was interested in for years among various accommodations in the popular hot spring resort.
今回の熱海行きは、親友のお母さんの誕生祝いを兼ねた旅行でした。
宿泊先に選んだのは以前から気になっていた有名ホテル、ホテルニューアカオ。

New Akao3 New Akao4

New Akao5 New Akao6

The Akao Resort is a hallmark of Atami: it consists of two hotels (Hotel New Akao and Royal wing), Herb & Rose Garden, Akao Beach Resort, and restaurants on a vast site of the heart of nature Nishikiga-Ura (a scenic bold cliff area) enclosed by the sea and the mountain. Kuranosuke Akao, the founder of the complex, who originally owned a small souvenir shop in the downtown built a small wooden inn with 12 rooms in the area in 1954. The inn was rebuilt into New Akao, the 20-story building with 127 rooms, a swimming pool, shopping arcades, restaurants, banquet halls, bathhouses, and so on in 1973. The resort was gradually expanded since then.
熱海を代表するアカオリゾートは、錦ヶ浦の広大な敷地に2つの大型ホテル(ホテルニューアカオとロイヤルウイング)、ハーブ&ローズガーデン、アカオビーチリゾート、レストランを展開しています。この大型複合リゾートは、熱海駅前で干物店、赤尾商店を経営していた創業者赤尾蔵之助氏が昭和29年、木造2階建て、客室12の小さな旅館「赤尾ホテル」をこの地に設立したのが始まり。48年には、20階建て、客室127、プールやショッピングアーケード、レストラン、宴会場、大浴場などを完備した現在のホテルが完成し、その後現在の規模にまで拡大されました。


New Akao2
It’s built on the sea, and all rooms have the exclusive superb ocean view. This is the one from our room.
この建物は海の上に建っていて、全ての客室がオーシャンビューです。これは私達が泊まった部屋からの眺め。


No doubt, it was one of gorgeous resort hotels in Japan during 1970s and 80s. As you can see it from the opening photo, its internal equipments tells what gorgeous was at the time.
70年代後半から80年代、疑いなくここは日本で最もゴージャスなリゾートの1つだったでしょう。冒頭の豪華なシャンデリア(ホテルロビー)からも往時が伝わります。

New Akao7

New Akao8 New Akao9
Guest can have refreshments for free from 9:00 to 17:00 in the gorgeous ballroom with a view. As may be expected of the building in 70s, the top of table was real marble.
眺めの良いゴージャスなバンケットホール。宿泊客は午前9時から午後5時まで、ここで無料のドリンクを楽しめます。テーブルの天板は本物の大理石でした。さすが70年代。


New Akao10
The Japanese restaurant of the hotel where we had lunch was Japanese style gorgeous. There was a tea arbor with a carp-filled pond.
昼食をとった和食処もゴージャス。茶室と立派な鯉が泳ぐ池がありました。


It has own hot springs, and guests can take hot spring baths including outdoor one, but hold up too high expectation of its quality (addition of water, cycling and chlorinated). Even so, don't have to be concerned about that there. Just enjoy a bathtub with floating roses and a wonderful ocean view!
アカオは自家源泉を所有し、温泉が楽しめます。でも、加水、循環、消毒されたお湯なので、期待は禁物。それでも、ここでは「源泉掛け流し」なんて言葉は忘れて、露天風呂から見える海や、薔薇風呂を楽しみましょう。

New Akao11 New Akao12

The one of their characteristic treats was a dinner show by musicians from abroad. The gorgeous theater restaurant with 450 seats, Nishiki, was well worth watching. Until 30 years ago, some large hotels in Atami provided dinner shows, but I believe Akao is the only one that has kept it even though it’s small in scale.
ニューアカオの特徴の1つが、海外アーティストによるディナーショー。450席を誇るこのシアターレストラン「錦」は一見の価値があります。30年位前までは他の熱海の大型ホテルでもショーが行われていたのでしょうが、規模は小さいながら、今でも続けているのは多分ここだけではないでしょうか。

New Akao13
The restaurant in the 2nd floor faced a cliff and small cove, and illuminated rock surface could be seen through the window at night.
2階にある錦は崖に囲まれた入り江に面しています。夜は窓からライトアップされた岩肌が見えます。なかなか幻想的でした。


It seemed only arena tables were used, and the dinner conducted in 2 times (17:30 - and 19:30 -). The show begun in 15 minutes after sitting down to eat, so some people might feel one can’t take time eating. But, it was all right for us. My friend and I preliminarily asked the hotel to give the mother surprise presents of a birthday cake and a song from a band from New Zealand.
アリーナ席しか使っていないようで、食事は2部制(17:30~と19:30~)でした。食事開始後15分程でショーが始まるので、落ち着いて食事ができないと感じる方もいると思います。でも私達にとっては問題なし。実は予め記念日であることをホテルに連絡し、サプライズプレゼントのケーキを注文して、この日の出演しているニュージーランド人のバンドに歌のプレゼントをお願いしていたのです。

New Akao14

New Akao15 New Akao16

After the dinner we stopped by a bar lounge where a free magic show was taking place. To our astonishment, the magician was the pianist of the band! He demonstrated table magic using cards, and I was surprised again at how excellent he was. I thought he was like a pro-magician rather than a musician.
食事の後バーラウンジをのぞくと、マジックショーをやっていました。驚いたことに、マジシャンはさっきのピアニスト!さらに驚いたことに、トランプを使った彼のテーブルマジックはとても上手で本格的。むしろこっちが本職なのではないかな・・・と思ってしまいました。

New Akao17
The night view of Atami from our room
部屋から見えた熱海の夜景


New Akao18
The view from Nishiki in the morning
朝の「錦」からの眺め


To discover the fascination of Akao Resort, you have to take a walk recreation trails that lead windingly down the side of a cliff to the low floor of the building. I took the pictures in the last but one post (the ones that appeared to be in southern France).
アカオリゾートの魅力を味わうために、錦ヶ浦沿いに配置された遊歩道を散歩することをお勧めします。ホテルのフロント(最上階)から建物の外に出て、散歩しながら建物低層階まで降りていけます。朝の散歩の際、先日の「なんちゃってコートダジュール写真」を撮りました。

New Akao19

New Akao20 New Akao21

New Akao22

The hotel is aimed at everyone - people of all ages and all forms of groups- and surely liked by anyone except those who expect a stylish modern resort. As you see from the pictures, that taste, Japanese- and Western-style, was translated from the most fashionable style at the time in the West by Japanese. After 4 decades, though it tries to keep the equipments and interior well kept, some of them might look a bit run-down. If stains on walls would ruin your trip, pay more money and find your perfect hotel.
このホテルでは、年齢、人数、旅行形態を問わず全ての人が楽しめると思います。ただし、ラグジュアリーリゾートをイメージしている人は要注意。写真からもおわかりの通り、この和洋折衷ホテルは、あくまでも「当時の欧米豪華リゾートを日本人が翻訳」してできたものです。あれから40年…。手を入れてはいるものの、設備によっては少々くたびれた印象を受けるでしょう。壁に染みを見つけただけで旅行が台無し、なんて人は、もっとお金を払って他の完璧なホテルを見つけて下さい。

Still, it’s too good for the price and provides good services that contain both Japanese inn’s and Western hotel’s styles. Let’s take a tolerant attitude toward the antique look and enjoy the lovely kitsch hotel and the breathtaking setting of natural beauty in it.
値段を考えれば十分過ぎる良いホテルです。その和洋折衷のサービスも良い。ここは多少の古めかしさなど気にせず鷹揚に構えて、この愛すべきキッチュなニューアカオと息を飲むほど美しい自然を楽しみましょう!

New Akao23

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 21:28 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

26 2012

La Vie en Rose

Akao Herb and Rose Garden1

Third time pays for all.
Eventually, I could get there in perfect time for enjoying roses on my third visit! Before this visit, I went there in April and the end of Jun.
まさに3度目の正直。
再々訪問でやっと薔薇を楽しむベストな時期にあたりました。今回以前、ここに行ったのは4月と6月下旬でした。

Akao Herb and Rose Garden2
When you go to Atami, why don’t you stop by the garden for just looking at this view?
熱海に行ったら、この景色を見るためだけにでもいらしてみては?


This is Akao Herb and Rose Garden (the previous post) that is one of my favorite places in Atami.
ここはアカオハーブ&ローズガーデン(以前の記事)。熱海の好きな場所の1つです。

The garden is on a slope of a mountain about 2 km south of downtown Atami, and the whole site covers an area of 700,000㎡(173 acres). Visitors catch a shuttle bus to the top of the site and then walk down the slope while enjoying twelve different gardens.
アカオハーブ&ローズガーデンは熱海市外から2km程離れた、錦ヶ浦を望む山の斜面にあります。敷地は211,700坪だそうです。入園したら、まず園内バスで頂上まで上がり、10箇所あまりのテーマガーデンを歩きながら斜面を下ってきます。


The roses in the garden will be in full bloom after this weekend, so, more precisely, the visit (last Tuesday) was little early for rose viewing. However, people say that bursting buds have a strongest scent, and thus it’s just the right time to go there when there are still the buds left.
ここの薔薇が満開を迎えるのは今週末以降とのことで、私達が訪れた先週火曜日は、正確に言えば薔薇鑑賞にはわずかに早かったようです。それでも、薔薇が一番強く香るのはほころび始めだそうで、そういう意味ではほころびかけた蕾が残るこの時がベストだったのです。

Akao Herb and Rose Garden3

Akao Herb and Rose Garden4 Akao Herb and Rose Garden5

Akao Herb and Rose Garden6

Indeed, the roses scented the air. Walking through the garden with the richly-perfumed roses, I had a luxurious moment and felt comforted.
本当に良い香りがしていました。芳醇な香りを放つ薔薇がそこここで咲き誇るローズガーデンを歩いて、とても贅沢な時間を過ごし癒されました。

A popular flower, a rose, was of no great interest to me in my early days, but it has grown on me.
ありふれた花という感じがして、若い頃は薔薇にはそう興味がなかったのですが、だんだん好きになってきました。

Since I decided the title of the post, La Vie en Rose, I was in the mood of the song. So, I heard it sung by various singers including Édith Piaf who was the original one, Louis Armstrong, Marlene Dietrich, Yves Montand, and so on.
今回のタイトルを“La Vie en Rose”にしたので、この歌を聴きたくなりました。ご本家エディット・ピアフ、外せないルイ・アームストロング、マレーネ・ディートリッヒ、イヴ・モンタンなど等、いろいろな歌手のものを聴いてみました。

I found the best one, sung by Cyndi Lauper, that fit my current mood.
It’s awesome. She enjoys the use of her senses. If you have time, just listen!
今の私の気分に最も合っていたのは、シンディ・ローパーのLa Vie en Roseでした。
これはいけます。シンディ独特のフィーリングで歌い上げています。もし時間があれば是非聴いてみて下さい!


La Vie En Rose - Cyndi Lauper

Akao Herb and Rose Garden7
A single rose can be my garden...a single friend, my world.

Posted by Kinakinw | 23:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

24 2012

A Quick Preview

preview akao1

Greeting from Cote d'Azur!
Un unexpected business brought me to Nice, France.
コートダジュールからこんにちは!
全く予定外の仕事が入り、フランスのニースに来ています。

I took a day off yesterday and went to Èze, not far from the city, and spent a few relaxing hours. The tourist period hasn't started yet, so the village is quiet.
昨日は一日休みを取り、ニースから程近いエズに行ってリラックスした時間を過ごしました。観光シーズン前のエズ村はとても静かでした。

preview akao2

Ha ha, only kidding.
I took an overnight trip to Atami, not far from Tokyo, from Tuesday. Despite that, don’t you think the photos look like as if they were taken in Cote d'Azur?
なんてね、嘘です。
今週の火曜から一泊で、東京から程近い熱海に行って来ました。それにしても、この写真はまるで南仏で撮ったように見えませんか?

I don’t have time to write about the trip right now, so I’ll do it this weekend.
Excuse me for the silly joke.
今はゆっくりブログを書いている時間がないので、週末にでも旅の報告をしようと思います。
つまらない冗談言ってすみませんでした・・・。

Posted by Kinakinw | 16:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

20 2012

The 35th Lily Cup

Lily Cup

On the way from an errand in Yokohama yesterday afternoon, I stopped by Shinyokohama Skate Center at which Lily Cup, a local figure skating competition in Kanagawa Prefecture, has been held. Most of the participants are students belonging to local skate clubs (the elementary school, junior high school, high school, and university), and I enjoyed performances of those fresh skaters.
昨日の午後横浜で用事を済ませた後、第35回リリーカップが開催されている新横浜スケートセンターに立寄りました。リリーカップは神奈川県の地方大会で、参加者の中心は県内のクラブに所属する小・中・高校生と大学生。選手を目指す若い子達のフレッシュな演技を楽しんできました。

Two well-known skaters appeared yesterday: Akio Sasaki (22) and Fumie Suguri (31). Leave aside Sasaki (a previous post abut him), I never imagined I could watch Suguri’s performance at a competition again.
昨日は、佐々木彰生と村主章枝の2人の有名選手が登場しました。佐々木選手はさておき、正直言って村主さんの競技会での演技をもう一度観られるとは思ってもいませんでした。

Most of you have heard of the skater who leaded Japanese women’s single from the late 1990s to early 2000s with Shizuka Arakaw, but I think some of you don’t know the contributor is still in the field. I have met her strength coach once, and I had a friendly feeling for her during those years. For that reason alone, I can't stand looking at her cumulative faulty judgments and futile attempts after the Torino Olympics. If she really wanted to get in the next one in Vancouver, she should have developed her technical skill that were needed for a competition rather than focusing on “expressiveness” or being “an actress on the ice”.
1990年代半ばから2000年代の始め頃まで、荒川静香とともに日本女子シングルを引っ張っていた村主さん(31)のことは、皆さんご存知だと思います。でも、彼女がまだ現役を続けていると知らない方もいるのではないでしょうか。昔、彼女のフィジカルトレーナーの方と1度お会いしたことがあり、村主さんが活躍されていた当時は勝手に親しみを感じていました。それだけに、トリノオリンピック以降の迷走ぶり(一連の間違った判断や望みのない試み…)は見ていて辛い。もし本当にバンクバーを目指すつもりだったのなら、「表現力」を極めるとか「氷上の女優」になるなんて方向の努力より、彼女は競技会のためのスケート技術をひたすら磨くべきだったと思います。

She was one of top skaters indeed. Her basic skating and performance are superior as compared to skaters in the competition, but unfortunately, the veteran who can only execute double jumps is far inferior to top junior skaters of the moment.
さすがにかつての一流選手。リリーカップに出ているジュニア選手に比べれば、彼女のスケーティングや演技運びは優れています。でも残念ながら、ダブルジャンプしか飛べない今の村主さんは、現在のジュニアのトップ選手にもはるかに及びません。

I didn’t have enough protection against cold because it was an unscheduled stop, so I was cold all over. Then, after the thought-provoking performance of has-been, I went to a ramen place nearby: Shin Yokohama Raumen Museum, a food-themed amusement park established in 1994. There are a ramen restaurant mall with its Showa-inspired interior design (the image of 1950s Tokyo), a souvenirs shop, and exhibitions of ramen culture and history.
思いつきで出かけてしまったので満足な防寒具もなく、すっかり体が冷えきってしまいました(近くのドラックストアでカイロを買い、体に貼りまくりって何とか乗り切りました)。そこで、色々考えさせられた村主さんの演技の後、近くのラーメン博物館で暖かいラーメンを食べて帰りました。

Raumen Museum1

Raumen Museum2 Raumen Museum3
Left: A magic show
Right: I choose pork & chicken-flavored ramen, a local one in Kumamoto Prefecture.
左:マジックショーをやっていました。
右:どの店を選べば良いのか全くわからないので、東京から一番遠くて行ったことのない熊本県のお店を選んでみました。豚骨と鳥スープ。温まりました。


It was my first visit to the place. It's now 18 years ago since it opened. How time flies!
ラーメン博物館に入ったのは初めて。1994年のオープンだそうです。ついこの間できたような気がするのに、もう18年になるのですね…(遠い目)。

Posted by Kinakinw | 15:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

17 2012

A Bloomer

bloomer

This orchid, I think it’s kind of Dendrobium, is the only plant at our house. We used to have some foliage plants, but we stopped having them because our cat bit leaves when she was a kitten. Some of them were bad for the health of cats, and scolding her was very stressful for us.
多分デンドロビウムだと思いますが、この蘭は我が家唯一の植木。以前は観葉植物があったのですが、我が家の猫が小さい頃かじりまくっていたので、置くのをやめてしまいました。中には猫に有害のものがあり、なによりかじる度に叱るのもストレスでしたし。

It was undesirable for me to have it: an undesirable person brought it as a token of one’s apology. I didn’t want a present, let alone something that needs to be looked after. However, the orchid was innocent, so I’ve watered it every week in the past year or so.
この蘭はあまり愉快ではない経緯で我が家に来ました。ある人(トラブルメーカー)がお詫びのしるしとして持って来たのです。お詫びの品など欲しくなかったですし、ましてや世話をしなければいけない植木など論外。それでも、植木には罪はない。しかたなく、この1年ちょっと週に1度水をやっていました。

Even though I offer minimal care, the dear little plant produces flowers!
The person still bothers me, but I suddenly feel motivated to take care of it.
最低限の世話しかしていなかったのに、蘭は健気にも花を咲かせました!
その人物には今でも迷惑をかけられていますが、俄然この蘭を真剣に世話する気になりました。

Posted by Kinakinw | 20:24 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

13 2012

Trial Period

trial_1

I’d like to introduce the cat, Devi (provisional name, 1 year old, male), that is a candidate for our new member of the family.
我が家の新しいメンバー候補、デビ(仮称、1歳、雄)をご紹介します。

He’s been staying with us as a trial since yesterday. To be honest, the point isn’t whether he can familiarize oneself with us or not, but whether our house cat, Chihuahua (7 years old, female), can handle living with him or not.
この猫は昨日から、我が家で里子のトライアルをしています。正直に言えば、デビが我が家になじめるかどうかではなく、飼い猫のチワワ(7歳、雌)が新しい猫との暮らしに耐えられるかどうかを見極めるためのトライアルです。

I have always thought to adopt a new cat since a cat we kept with Chihuahua died at age 4, few years ago, by the cancer disease, but I didn’t feel something click inside me if I saw cats and kitties that need home. However, he attracts attention of me because he is the spitting image of the deceased cat, Baron.
数年前にチワワと一緒に飼っていた猫(バロン、享年4歳)を悪性リンパ腫で亡くして以来、新しい猫をもらおうとずっと考えていたのですが、里親募集の猫達を見ても何となくピンと来ずにいました。でもようやく、この猫ならどうだろう、と思ったのです。その理由は、デビが亡くなった猫にそっくりだったから。

trial_2
The front one is the deceased cat, and the back one is Chihuahua.
手前が亡くなったバロン、奥がチワワ


They look exactly like each other, but Devi is different in character from timid and quiet Baron. The new face is active like a kitty and all self-assertive.
見かけはそっくりですが、デビの性格は臆病で大人しかったバロンとは違います。この仔はまだ子猫のように活発で、自己主張が強い。

So far, we completely separate their habitation spaces in our house and haven’t brought one into contact with the other because of a bit of a problem Devi has. I’ll tell you what the problems is and how we take action later on the blog.
デビにはちょっとした問題があって、今のところ2匹の生活圏を完全に分けていて、まだ対面させていません。その問題とは何か、どんな対処をしているのか、また改めて書こうと思います。今日は取りあえずご紹介。

Posted by Kinakinw | 17:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

10 2012

The End of the Azalea Season

tutuji

Azalea, Tutuji in Japanese, is popular in Japan and planted in gardens and alongside the street. It usually reaches full bloom from late April to early May in Tokyo. After cherry blossoms, the next amusement for flower-loving Tokyoties is the plant.
桜が終わるとツツジの季節ですが、それももう終盤。ツツジの名所だけでなく、家や道路の生垣でも、今年も綺麗に咲きましたね。

Among many beautiful Azaleas I see every year, I concern about the abandoned one in the picture the most. The nearby building had been used for a corporate dormitory for a long time until it was sold 7 or 8 years ago. Its fence and garden was playground for the children of the neighborhood, and I used to run on and jump down from the fence. At that time, there were many azaleas, and we used to pick the flowers and consumed nectar from them.
色々な所で美しいツツジを目にしますが、私が最も気にしているのはこの写真のうち捨てられたツツジ。我が家の近くのこの建物は、7、8年前に(Mのつく会社に)売却されるまで、長年ある団体の寮として使われていました。ここの庭や塀は近所の子どもの遊び場になっていて、私もこの塀の上を走り、端から飛び降りるのを趣味にしていました。その頃はもっと立派なツツジの生垣で、よく花を摘んでは蜜を吸っていたものです。そう言えば、「ここの門に頭を突っ込んで抜けなくなったKinakinwを、手を傷だらけにして救出した」と後年母親に良く言われていました。私は相当なお転婆&お馬鹿な子どもだったのです。

Although nobody takes care of the only surviving one, it blooms cheerfully at this time of year.
今では世話する人もいなくなり、唯一残った一株のツツジ。それでも、季節が巡れば、毎年機嫌よく咲いています。

Posted by Kinakinw | 07:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

06 2012

La Folle Journée Japon, “Days of Enthusiasm”

LFJ2012_1

One of the pleasures of the Golden Week holidays was this event.
La Folle Journée est un festival de musique classique. Oops, excusez-moi! It’s originally a French annual classical music festival founded in 1995, aimed at the popularization of classical music, in Nantes. Throughout the festival period, multiple concerts are held simultaneously in a variety of venues from morning till night. Each concerts is approximately 45 or 60 minutes long and low in cost. Each year focuses on a theme, initially on composers such as Mozart and Beethoven.
ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)はゴールデンウィークのお楽しみ。
ご存知の方も多いと思いますが、このイベントは元々、クラッシックの普及を目的にフランスのナントで1995年に始まった音楽祭です。期間中会場では、朝から晩まで複数のコンサートが同時に行われます。1つのコンサートは45分から長くても60分。料金も安く設定されています。モーツアルトやベートーベンなど、毎年決まったテーマがあります。

Based on the format of it, La Folle Journée has been brought to many other parts of the world, and since 2005 La Folle Journée au Japon has held in the Tokyo International Forum this time of the year. During the festival, 300 or more concerts (the tickets are between 1,500 – 3,500 yen) and related programs are held. As a casual fan of classical music, I have participated in the event since 2005 except for the last few years.
近年はフランス以外でもラ・フォル・ジュルネのフォーマットに従った音楽祭が行われています。2005年からは、有楽町の東京フォーラムでラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが毎年開催されています。期間中、300以上のコンサート(チケットは1,500円から高くても3,500円)や関連イベントが行われます。クラッシックのライトファンである私は、2005年から毎回出掛けていました(この2~3年は何故だか行ってなかった)。

LFJ2012_2

LFJ2012_3 LFJ2012_4
There was a stage for free events, booths of musical instrument makers, and public recording of Internet station specializing in classical music at the site.
会場には無料コンサートのステージや楽器店やメーカーのブースが出ていたり、クラッシック専門のネットラジオ局の公開録音が行われたりしていました。


La Folle Journée Japon 2012 was held May 3rd to May 5th under the theme of “Le Sacre Russe,” the music of Russia. When I tried to get tickets just several days earlier, those to the most concerts were already sold out, but we could drop in on three of them on the first day.
今年は “サクル・リュス(ロシアの祭典)”をテーマに、5月3~5日の3日間開催されました。直前になってチケットを取ったので、目ぼしいコンサートのものは売り切れていましたが、初日に無事3つほど聴きに行けました。
1. Prokofiev’s Piano Sonata No.7 by a young and energetic pianist and Tchaikovsky's Variations on a Rococo Theme in A for cello and orchestra (the conductor played cello)
 新進気鋭のピアニストによるプロコフィエフのピアノソナタ第7番、チャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲
2. Chorus by a choral society, Capella de Saint-Pétersbourg that has 500 years of history
 500年の歴史を持つカペラ・サンクトペテルブルクの合唱
3. Stravinsky’s Concerto for chamber orchestra “Dumbarton Oaks” and Prokofiev’s Concerto for violin and orchestra No.2 by a violinist with techniques that are matched by none
 ストラヴィンスキーのダンバートン・オークス協奏曲、超絶技巧のバイオリニストによるプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番

I enjoyed all of them, and I was tremendously-impressed with the Capella de Saint-Pétersbourg. The mixed chorus was established as a Russian Church choir that historically uses nothing other than voices. When singing devotional songs by Rachmaninov and Sviridov, the thickness of their voices was more than I could imagine. The chorus powerfully resonated with the body of Kinakinw seated in the back row of a hall. I had goose bumps; just amazing! I have CDs of Gregorian Chant, which is also unaccompanied one, so I expected something like, but that was a very different.
全部楽しめましたが、最も良かったのは合唱。カペラ・サンクトペテルブルクはロシア正教の聖歌隊として設立された混声合唱団です(現在はプロの合唱団)。東方正教では、聖歌隊は伝統的に無伴奏で歌うそうです。彼等がラフマニノフやスヴィリドフの神に捧げる歌を歌う時、その声の厚みは半端ではなく、予想を遥かに超えていました。ホールの後ろの方に座っていた私の体にまで、彼等の声が力強く共鳴するのです。鳥肌が立ちました。凄い。グレゴリオ聖歌のCDを何枚か持っているので、そんな感じの合唱なのかなと思っていましたが、全く別物でした。

LFJ2012_6

LFJ2012_5

LFJ2012_7 LFJ2012_8

The event has a festive and excited atmosphere. Though it was unfortunately raining, many visitors, including us, gathered in the open space, where the other stage for free events and food stalls stranded, and spent their time between intervals of concerts as they please. Some groups brought elaborate lunch boxes, and the others had a drinking party.
お祭りムードを楽しめるのもこのイベントの魅力です。あいにくの雨でしたが、もうひとつの無料コンサートのステージが設置され、屋台が並ぶ地上の広場には大勢の来場者が集まっていました。コンサートの合間に、みんな思い思いの時間を過ごしています。お花見並の立派なお弁当を広げているグループもいれば、腰をすえて飲んでいるグループもいました。(5~6で行って、重箱を広げてみたいなぁと思いました)。

The festival has expanded to other cities in Japan: Niigata, Kanazawa, Biwa-ko, and Tosu. Why don’t you set off for the one of near you next year?
日本では東京以外でもラ・フォル・ジュルネを楽しめます。ここ数年は、新潟、金沢、琵琶湖、鳥栖で、いずれもゴールデンウィークあたりに開催されているようです。来年はお近くの会場に出掛けてみてはいかがですが?

LFJ2012_10

I had a lot of fun, and then before I know it, the holiday's over.
楽しかったなぁ。あっという間にゴールデンウィークが終わっちゃいました。

LFJ2012_9

Posted by Kinakinw | 23:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

03 2012

Day Spa, Oktoverfest, Chinese

GW1

Japan is in midst of the Golden Week holidays, a week between April 29th and May 5th, in which a lot of people return to their hometown or go on trips. I don’t travel during this period, but instead, I usually spend my free days hanging around in the Greater Tokyo Area.
ゴールデンウィーク真っ只中。皆さんいかがお過ごしですか?私はこの時期旅行はせず、たいがい首都圏をうろついています。

We went to a day spa, Manyo-no-yu spa, in Yokohama yesterday though it was unfortunately raining. This is said the spa provides hot spring water directly brought from Yogawara and Atami (the famous hot springs near Yokohama), but the water in its bathtubs has lost traits of original natural hot spring water. I would rather call it chlorine water.
昨日は雨の中横浜にある日帰り温泉、万葉の湯に行って来ました。この施設は湯河原と熱海から温泉を運んで使用している、所謂、運び湯温泉。でも浴槽のお湯はと言えば、温泉の名残を全く感じさせない塩素水なのですけれど。

However, I prefer it among several spas in the waterfront areas for the gorgeous view from outside bathtubs and all the equipment and facilities for all ages and diverse base. There are large bathtubs, open-air baths, the rooftop foot-bath with the view (in the opening photo), saunas, family bathrooms, relaxing rooms, various facilities for relaxation and esthetic treatment, restaurants, an Internet corner, game arcade, private rooms for party, hotel facilities, and so on.
それでもここが気に入っているのは、露天風呂からの素晴らしい眺望と、様々な設備が整っているから。露天風呂を含めた各種浴槽、屋上の足湯(冒頭の写真がそうです。夜は夜景が綺麗だと思います)ドライ・スチーム・ミストと揃っているサウナ、貸し切り風呂、リラックスルーム、ありとあらゆるマッサージや垢すり、食事処、ネットスペース、ゲーセン、宴会場貸し部屋に宿泊用客室など等、なんでもござれ。全年齢、あらゆる客層に対応している施設です。

GW2

GW3 GW4
Left: It’s really relaxing to watch boats came in and out of port from an open-air bath.
Right: The large relaxing room
左:港を出入りする船を露天風呂からぼーっと眺めるのは格別。
右: TV付きリクライニングチェアが数多く並ぶリラックスルーム。この他にも同様の部屋が2箇所あるので、ここなら混雑していても席にあぶれることはないでしょう。


After taking a lot of sauna and rest, we headed to the Yokohama Red Brick Warehouse, a historical building used as a complex including a shopping mall, banquet hall, and event venues, where Oktoverfest Yokohama has been held during the Golden Week.
たっぷりサウナに入って昼寝した後、横浜オクトーバーフェストが行われている赤レンガ倉庫に向かいました。

GW5

Oktoverfest is a beer festival held annually in Munich, which is one of famous events in Germany. In recent years, an Oktoverfest style beer fest that gathered brewers in Munich and Japan has been held around Japan. Visitors can enjoy various beers and German foods. It’s the 10th in the series in Yokohama, and I think it’s popular among Yokohamans. There were a great many people in hard rain.
オクトーバーフェストとは、毎年ドイツミュンヘン市で開催されているビール祭り。ドイツではかなりメジャーなイベントだそうです。こんな集客の目玉になりそうなイベントを、同じようなビアガーデン文化を持つ日本が見逃すはずはなく、近年では本家と提携したこのビール祭りが日本各地で行われています。ミュンヘンや日本の醸造会社のビールスタンドやドイツ料理の屋台が立ち並び、大雨にもかかわらず大盛況でした。横浜オクトーバーフェストは10回目だそうで、このイベントは横浜の人々に浸透していて大人気なのだと思います。いつもは名前の通り、秋に開催されるそうですが、今年はゴールデンウィークにも行われているそうです。夏場は日本式ビアガーデン、春や初夏、秋はドイツ式のビアフェストと、我が国はお祭り気分で生ビールが飲める機会に恵まれているのです。

GW6

GW7 GW8
We wavered between many beer stalls. A TV reported the fest.
目新しいビールが多すぎて、どれにしようか迷いました。この日はTVの取材も入っていました。


The venue was so crowded that we gave up having German dinner and moved to the Yokohama China town. I switched drink from beer to Chinese wine and had a quick meal before we went back.
会場があまりに混雑していたため、ドイツ料理はあきらめて中華街に移動しました。お酒を老酒に変えて軽く食事して1日を終えました。

GW9 GW10

Posted by Kinakinw | 11:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | Hot Spring & Bathhouse in Tokyo

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。