Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

18 2011

Le Concert

Le Concert1

The photo shows a booth seat at an Internet café in Kichijoji, an outlying town located about half an hour from downtown Tokyo. I ended up killing time at the booth yesterday afternoon. (Though there are also open seats at Internet cafes in Japan, booth seats are popular because one can spend time in a relaxed way.)
写真は吉祥寺のとあるネットカフェ。昨日の午後はこのブースで時間を潰していました。

I had some spare time yesterday’s afternoon because I had a midmorning job and a yearend party at 17:00 in Kichijoji, so I was planning to see a newly-released movie, Incendies, in Hibiya (near Ginza) from 13:00. However, I found the tickets for the show were sold out at an entrance of a theater. I stranded irresolute for a moment. I couldn’t see its next show starts 15:30. There was the other candidate, Sunflower (digitally-remastered edition), but it was too late for its afternoon show stars from 13:15 at a theater in Shinjuku.
昨日は午前中の用事と午後5時からの忘年会というスケジュールでした。午後は空き時間があったので、封切りされたばかりの映画、灼熱の魂を1時から日比谷で観ようと思っていました。ところが、時間ギリギリに映画館に行くともう満席になっていました。しばし呆然としてしまいました。3時半からの次回上映は観られません。他にもう1つ、ひまわりのデジタルリマスター版を観ても良かったのですが、午後の上映は新宿で1時15分から。これには間に合いません。

I did want to see a movie, I mean, my kind of movie. (It was just few times a year that I wish I had a smartphone for checking the web on site.) So, I decided to head to an Internet café and see one of on-demand movie. In general, hundreds of titles are available at Net cafes, so I thought I could find one.
どうしても映画が観たい。それも私好みの。(こういう時は、スマホ持っていたらな・・・と思います。年にたった数回ですが)結局、ネットカフェに行ってオンデマンドで映画を観ようと決めました。ネットカフェではたいがい100~200種類の映画が観られますから、1つ位観てもいい作品があります。

My diction hit the jackpot!
I happened to choose a movie named “Le Concert”, a 2009 French comedy film premiered November year ago last. I'm sure some of you have seen the film.
その決断は大正解でした!
何気なく選んだのが、「Le Concert(邦題:オーケストラ!)」、2009年制作のフランス映画です。ジャンルはコメディだそうです。日本では去年の11月に封切られました。皆さんの中にもご覧になった方がいらっしゃると思います。

Plot: A former world-famous conductor of the Bolshoi Theatre orchestra now works cleaning the concert hall. He once directed the orchestra, but his career publicly broken because he hired Jewish musicians. One day, he intercepts an official invitation from the Théâtre du Châtelet, and then he reunites his old orchestra of which members also lost their job because of the boycott of Jewish. He and the members flies to perform in Paris and complete the Tchaikovsky concerto by posing the Bolshoi orchestra.
かつてはボリショイ交響楽団の指揮者として知られていた主人公は、今は同劇場で清掃員として働いています。彼はユダヤ人を演奏に起用したためその職を追われました(1980年代、共産主義政府によるユダヤ人排斥政策が行われた)。ある日、パリのシャトレ劇場から、キャンセルしたLA交響楽団の代りにボリショイに出演のオファーがあります。そのファックスを掠め取り、主人公は彼と一緒に職を追われた当時のオーケストラのメンバーを集め、ボリショイ交響楽団になりすましてパリに公演に行くのです。

Le Concert2

It’s just my kind of movie!!
I would describe it as a fairy tale for grown-ups.
これぞまさに私好みの映画!
この映画は大人のためのおとぎ話だと思います。

Le Concert3

Le Concert4

I was very, very impressed by it. In the last scene, the orchestra and a female violinist complete the Tchaikovsky concerto without rehearsal at the Théâtre du Châtelet. Watching that, I was moved to tears alone at the booth. I with I could see it in a theater, but the on-demand style wasn’t bad because I could watch that scene again.
とても、とても感動しました。ラストシーンでは、ある女性バイオリニストとかつてのオーケストラがぶっつけ本番でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏します。私はこのブース席でひとり涙を流していました。できれば映画館で観たかったですが、ラストの演奏シーンをもう一度観られたので、オンデマンドも悪くはなかったです。

Le Concert5

I ordered the soundtrack CD and an album of the Tchaikovsky concerto played by a Russian violinist and a Russian orchestra on Amazon this afternoon. The concerto still remains in my ears. I bet people who saw it last year were just like me.
今日の午後、この映画のサントラ版CDと、ロシア人バイオリニスト、ロシアの交響楽団によるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のCDをアマゾンで注文してしまいました。今でもこの曲が耳から離れません。去年この映画を観た人々も、きっと私のような状態だったことでしょう。

If you haven’t seen it; you should definitely see it as soon as possible by DVD rental. It’s appropriate for the last film of this year.
もしまだご覧になっていないなら、DVDを借りて絶対観た方が良いです。なるべく早く。この映画は今年最後に観るにふさわしいと思います。

I sometimes encounter the movie like this, and that’s why I like European movies.
時々こういう映画に出会えるから、ヨーロッパ映画が大好きなのです。
いやー、映画って本当にいいものですね。

Here is the official HP of the film in Japanese.
日本語のオフィシャルサイト(チャイコフスキーが流れます)

This is French one that is cool.
こちらは本国、フランス語のHP。おしゃれです。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 18:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。