Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

04 2011

At the Mercy of Optical Fiber Networks

internet

Last month, I bought a new notebook computer at big discount on the condition that I would switch to optical fiber networks and have particular Internet service provider. I viewed that discount campaign as a godsend because I was planning to use the networks, but I’m in trouble at this late date. I was almost ending up being unable to access Internet at home for more than a month.
先月、フレッツ光にし特定のプロバイダーと契約するという条件で大幅ディスカウントを受け、ノートパソコンを買いました。元々光にしようと思っていた私にとって、渡りに船になるはずだったのです。ところがここに至って、危うく1ヶ月以上ネットにアクセスできなくなるという事態に陥りそうになりました。

This is how it happened. There was line construction yesterday, so I carelessly cancel an ADSL (Asymmetric Digital Subscriber Line) service that a provider in current use provides as of November. 5th. However, it turned on the spot that out our room couldn’t get the optical fiber line by a construction method originally intended. If I really want the line, I have to cancel the plan, newly request another expensive plan and relatively large-scale construction, and wait for a month or so…. Well, though our building already has the line installed, there isn’t enabled piping from MDF (Main Distributing Frame) to our room.
経緯はこうです。昨日光回線工事の予定だったので、現在利用しているプロバイダーのADSLサービスを12月5日付けでうっかり解約してしまったのです。で、工事が入ったのですが、予定していた工法では我が家には光回線が引けないとその場でわかったのです。我が家はいわゆる光物件で、主配線盤に回線は来ているのですが、建物内の配管が使えないため、新たに電線から引き込む工事が必要になるそうなのです。どうしても光を利用したいなら、現在のプランをキャンセルし、別の(高い)プランに申し込み、業者が調査に来て工事費を見積もるという作業が必要なのだそうですよ。どう考えても今年中に開通するのは無理でしょう・・・。

Since I won’t be able to use ADSL from next Tuesday, I have to access the net through a dial-up account, but I don’t have a dial-up modem in the first place. It’s a cold day in hell.
火曜からADSLが使えなくなると、ダイアルアップでつなぐしかなくなってしまうのです。ダイアルアップ用のモデムなど当然持っていないし、買うつもりもないので、我が家からネット環境が無くなってしまうわけです。最悪です。

I sacrificed my Saturday afternoon to find reasonable-to-access methods for the short interval of time and also long-last one alternative to the optical fiber networks. I called, in utter confusion, a telephone carrier, an agent, providers and a store where I bought the notebook.
土曜の午後を潰して、リーゾナブルな価格で短期間ネットアクセスする方法と、合わせて光以外で今後のネット環境を整備する方法を検討しました。今回関わっている電話会社、代理店、プロバイダー、パソコンを購入した店舗にあれこれ電話をし、大変でした。

Luckily, the shop won’t demand the discount money back from me if I’ll cancel the plan using the network (the particular provider will charge exit penalty, though), so I’m going to give up the flipping network and have a high speed ADSL service from a new provider that can start of the service in 10 days or WiMAX I can start it immediately.
幸運なことに、今回はディスカウントされた分をお店に返金しなくて済みそうなので(まぁ、プロバイダーは情け容赦なく早期解約の違約金を請求するそうですが)、いまいましい光回線は利用しないことにしました。で、10日間で開通してくれる新たなプロバイダー経由で50MBのADSLにするか、ルーターを入手すればすぐ使えるWiMAXにするか、どちらかにしようと思っています。

Either way, I’ve requested a WiMAX trial in which I can borrow a router (it will arrive tomorrow) and access Internet for 15 days. So, I have a day or so for discussing about that with my sister.
いずれにしろ、WiMAX無料お試しサービスを申し込んだので、明日にはルーターが届き15日間はネットアクセスが可能です。一両日、妹とも相談して考える時間ができました。

Now, the major infrastructures for Internet access are only 4: ADSL, the optical fiber networks, WiMAX and EMOBILE (mobile broadband). However, a lot of providers and agents intricately stand between the infrastructures and end users. Each of them offers many servicing and practices various campaigns. The situation is messed up beyond all recognition and annoys me.
現在、主なネットインフラは、ADSL、光、WiMAX、EMOBILEのたった4種類。でも、星の数ほどのプロバイダーや代理店がインフラとエンドユーザーの間に介在しています。そしてそれぞれが、様々なサービスを提供し、様々なキャンペーンを行っています。複雑で、理解するのも大変で、もう考えるのも嫌になりました。愚痴っぽくてすみません。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 18:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。