Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2011

Seeing Belly Dance

belly dance

The Pakistani restaurant nearby (Siddique Palace Azabu) at which my sister and I sometimes have dinner holds a belly dance show on weekdays in the basement floor. Belly dancing is a Middle Eastern dance in which the dancer makes sensuous movements of the hips and abdomen.
妹と時々夕食をとる近所のパキスタンレストラン(ジディークパレス麻布店)では、平日地下フロアでベリーダンスのショーが行われています。

Though we often listen to the dance music in the first floor and the staff asks us to go downstairs, we never saw it before because if we inadvertently go there and be seated, we wouldn’t come back until the show ends.
1階席でしょっちゅう音楽を聞いていて、お店の方も見てくればと声を掛けてくれるのですが、行ったことはありませんでした。うっかり席についてしまうと、ショーが終わるまで帰ってこられなくなりますからね・・・。

The restaurant was crowded yesterday, and all basement seats were booked up. When the show started, many customers in the first floor went to see the show standing up, so I became part of a crowd and saw it for a while.
昨日はお店がとても混んでいて地下は満席でした。ショーが始まると1階のお客さんも大勢立ち見に行っていたので、集団に紛れて私もちょっと見てみました。

Belly dancing is now popular as one of hobbies and lessons among women in Tokyo. I feel the boom’s odd for me, but anyway, supply and demand of both sides is well balanced here: armature dancers want to make presentations, and the restaurant want an event that can draw more customers.
今東京では、ベリーダンスは趣味や習い事としてちょっとした流行です。私にはこの流行は奇異に映りますが、それはともかく、この店では需要と供給が上手くあっているようです。アマチュアのダンサーは発表の場が欲しいし、お店はお客さんを呼べるイベントが欲しい。

I doubt that belly dancing has been traditionally performed in the country that’s on the edge of extended Middle East. Anyhow, it seems to be very successful at increasing sales because third part of the customers was the dancer’s friends and her male supporters.
拡大解釈した中東の端に位置するパキスタンで、伝統的にベリーダンスが行われていたとは思えませんが、ともかくも、ベリーダンスはこのお店の売上げに大きく貢献しているようです。何しろ、昨日のお客さんの3分の1はこのダンサーのお友達と、彼女の男性サポーターだったようですから。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 14:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

27 2011

This Year and Next

Mtfuji

One of my closest friends has been hospitalized since last Saturday, so I spend last weekend visiting the hospital to see her in the daytime and watching the national figure skating championships on TV in the nighttime.
親しい友人が先週土曜から入院しているので、昼は彼女に会いに病院へ、夜はTVでフィギュアスケート観戦をして週末を過ごしていました。

Perhaps, you already know the results of the championships. The skaters who got the medal and those who didn’t fought with all their strength. I’m really happy to be a figure skating fan here in Japan.
全日本選手権の結果は皆さんご存知だと思います。メダルを取った選手も、そうでない選手も皆力いっぱい戦ってくれました。本当にこの日本で、フィギュアスケートファンでいられて幸せです。

My friend came through surgery so well yesterday evening.
We could see Mt. Fuji very well from a dayroom of the hospital where we waited for her operation to be over!
友人の手術は昨日の夕方無事終わりました。
手術が終わるのを待っていた病院の談話室から富士山が綺麗に見えました!

Let’s settle things once and for all within this year, and then we’ll have a happy and successful new year.
今年中にいろんな事をかたづけて、来年は素晴らしい年にしましょう。

Posted by Kinakinw | 15:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

21 2011

City Rink

city rink

It's getting cold in Tokyo.
How are you doing?
東京も寒くなってきました。
みなさんお元気ですか?

I went to Akasaka yesterday and walked by a skating rink that is set in Akasaka Sakasu, a theater, office, shops and restaurants complex. The rink for a limited time (2011/11/18~2012/2/19) is sponsored by Tokyota.
昨日赤坂に行き、サカスにできたスケートリンクを通りかかりました。この期間限定のリンクはトヨタがスポンサーです。

A city rink in imitation of Rockefeller Center appeared in the late 90s, and now it’s been a staple of Tokyo (ss far as I know). There are several of them this year. When I worked from nine to five, I went skating on one of them every winter.
(私の知る限り)ニューヨークのロックフェラーセンターを真似た都会のスケートリンクは90年代の終わり頃に登場し、今では冬の定番になりました。今年も数ヶ所でオープンしています。昔、9時から5時までスタイルで仕事をしていた時は、毎年必ず行っていました。

I wanted to skate yesterday, but I didn’t because there were only 20 minutes before closing. I found skating classes (one-day or 4 weeks in a row) are available at the rink, so I’ll be back there and take one-day lesson anytime soon!
昨日も是非滑りたかったのですが、営業終了まで20分しかなかったので断念。このリンクではスケート教室(1日、または4週連続)もやっているので、近いうちに1日教室に入ってみようと思います!

みなさん風邪などひかないように。

Posted by Kinakinw | 21:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

18 2011

Le Concert

Le Concert1

The photo shows a booth seat at an Internet café in Kichijoji, an outlying town located about half an hour from downtown Tokyo. I ended up killing time at the booth yesterday afternoon. (Though there are also open seats at Internet cafes in Japan, booth seats are popular because one can spend time in a relaxed way.)
写真は吉祥寺のとあるネットカフェ。昨日の午後はこのブースで時間を潰していました。

I had some spare time yesterday’s afternoon because I had a midmorning job and a yearend party at 17:00 in Kichijoji, so I was planning to see a newly-released movie, Incendies, in Hibiya (near Ginza) from 13:00. However, I found the tickets for the show were sold out at an entrance of a theater. I stranded irresolute for a moment. I couldn’t see its next show starts 15:30. There was the other candidate, Sunflower (digitally-remastered edition), but it was too late for its afternoon show stars from 13:15 at a theater in Shinjuku.
昨日は午前中の用事と午後5時からの忘年会というスケジュールでした。午後は空き時間があったので、封切りされたばかりの映画、灼熱の魂を1時から日比谷で観ようと思っていました。ところが、時間ギリギリに映画館に行くともう満席になっていました。しばし呆然としてしまいました。3時半からの次回上映は観られません。他にもう1つ、ひまわりのデジタルリマスター版を観ても良かったのですが、午後の上映は新宿で1時15分から。これには間に合いません。

I did want to see a movie, I mean, my kind of movie. (It was just few times a year that I wish I had a smartphone for checking the web on site.) So, I decided to head to an Internet café and see one of on-demand movie. In general, hundreds of titles are available at Net cafes, so I thought I could find one.
どうしても映画が観たい。それも私好みの。(こういう時は、スマホ持っていたらな・・・と思います。年にたった数回ですが)結局、ネットカフェに行ってオンデマンドで映画を観ようと決めました。ネットカフェではたいがい100~200種類の映画が観られますから、1つ位観てもいい作品があります。

My diction hit the jackpot!
I happened to choose a movie named “Le Concert”, a 2009 French comedy film premiered November year ago last. I'm sure some of you have seen the film.
その決断は大正解でした!
何気なく選んだのが、「Le Concert(邦題:オーケストラ!)」、2009年制作のフランス映画です。ジャンルはコメディだそうです。日本では去年の11月に封切られました。皆さんの中にもご覧になった方がいらっしゃると思います。

Plot: A former world-famous conductor of the Bolshoi Theatre orchestra now works cleaning the concert hall. He once directed the orchestra, but his career publicly broken because he hired Jewish musicians. One day, he intercepts an official invitation from the Théâtre du Châtelet, and then he reunites his old orchestra of which members also lost their job because of the boycott of Jewish. He and the members flies to perform in Paris and complete the Tchaikovsky concerto by posing the Bolshoi orchestra.
かつてはボリショイ交響楽団の指揮者として知られていた主人公は、今は同劇場で清掃員として働いています。彼はユダヤ人を演奏に起用したためその職を追われました(1980年代、共産主義政府によるユダヤ人排斥政策が行われた)。ある日、パリのシャトレ劇場から、キャンセルしたLA交響楽団の代りにボリショイに出演のオファーがあります。そのファックスを掠め取り、主人公は彼と一緒に職を追われた当時のオーケストラのメンバーを集め、ボリショイ交響楽団になりすましてパリに公演に行くのです。

Le Concert2

It’s just my kind of movie!!
I would describe it as a fairy tale for grown-ups.
これぞまさに私好みの映画!
この映画は大人のためのおとぎ話だと思います。

Le Concert3

Le Concert4

I was very, very impressed by it. In the last scene, the orchestra and a female violinist complete the Tchaikovsky concerto without rehearsal at the Théâtre du Châtelet. Watching that, I was moved to tears alone at the booth. I with I could see it in a theater, but the on-demand style wasn’t bad because I could watch that scene again.
とても、とても感動しました。ラストシーンでは、ある女性バイオリニストとかつてのオーケストラがぶっつけ本番でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏します。私はこのブース席でひとり涙を流していました。できれば映画館で観たかったですが、ラストの演奏シーンをもう一度観られたので、オンデマンドも悪くはなかったです。

Le Concert5

I ordered the soundtrack CD and an album of the Tchaikovsky concerto played by a Russian violinist and a Russian orchestra on Amazon this afternoon. The concerto still remains in my ears. I bet people who saw it last year were just like me.
今日の午後、この映画のサントラ版CDと、ロシア人バイオリニスト、ロシアの交響楽団によるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のCDをアマゾンで注文してしまいました。今でもこの曲が耳から離れません。去年この映画を観た人々も、きっと私のような状態だったことでしょう。

If you haven’t seen it; you should definitely see it as soon as possible by DVD rental. It’s appropriate for the last film of this year.
もしまだご覧になっていないなら、DVDを借りて絶対観た方が良いです。なるべく早く。この映画は今年最後に観るにふさわしいと思います。

I sometimes encounter the movie like this, and that’s why I like European movies.
時々こういう映画に出会えるから、ヨーロッパ映画が大好きなのです。
いやー、映画って本当にいいものですね。

Here is the official HP of the film in Japanese.
日本語のオフィシャルサイト(チャイコフスキーが流れます)

This is French one that is cool.
こちらは本国、フランス語のHP。おしゃれです。

Posted by Kinakinw | 18:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

13 2011

Liebesträume No.3 - Dream of love



If the situation permits, play the video above in the background and read my today’s post!
もし音が出ても大丈夫なら、是非このフジコ・ヘミング演奏の愛の夢を聞きながら今日の記事を読んで下さい。


The Liebesträume No. 3 (by Franz Liszt) used in the Mao’s FP was originally a lied. I came to know it most recently through someone’s blog and was struck by its lyrics.
浅田真央のフリープログラムで使われているリスト作曲 「愛の夢」第3番は、元々歌曲だったそうです。私はとあるブログを読んでつい最近知り、歌詞にやられてしまいました。

I’ll show you it in German (by Ferdinand von Freiligrath) first, then in English and lastly, in Japanese translation by Kinakinw.
まず、フライリヒラートによるドイツ語の歌詞、次に英語訳、そして最後に拙訳による日本語版をご覧下さい。

Liebesträume (by Freiligrath)

O lieb, so lang du lieben kannst!
O lieb, so lang du lieben magst!
Die Stunde kommt, die Stunde kommt,
Wo du an Gräbern stehst und klagst!

Und sorge, daß dein Herze glüht
Und Liebe hegt und Liebe trägt,
So lang ihm noch ein ander
Herz In Liebe warm entgegenschlägt!

Und wer dir seine Brust erschließt,
O tu ihm, was du kannst, zulieb!
Und mach ihm jede Stunde froh,
Und mach ihm keine Stunde trüb!

Und hüte deine Zunge wohl,
Bald ist ein böses Wort gesagt!
O Gott, es war nicht bös gemeint -
Der Andre aber geht und klagt.

Dann kniest du nieder an der Gruft,
Und birgst die Augen, trüb und naß
-sie sehn den Andern nimmermehr -
In's lange, feuchte Kirchhofsgras.

Und sprichst: O schau auf mich herab
Der hier an deinem Grabe weint!
Vergib, daß ich gekränkt dich hab!
O Gott, es war nicht bös gemeint!

Er aber sieht und hört dich nicht,
Kommt nicht, daß du ihn froh umfängst;
Der Mund, der oft dich küßte, spricht
Nie wieder: ich vergab dir längst!

Er that's, vergab dir lange schon,
Doch manche heiße Träne fiel
Um dich und um dein herbes Wort -
Doch still - er ruht, er ist am Ziel!


Liebestraum No. 3 – Dream of Love

O love, love as long as you can!
O love, love as long as you will!
The time will come, the time will come,
When you will stand grieving at the grave.

And let it be that your heart glows
And nurtures and carries love,
As long as another heart is still
Warmly be struck by love for you!

And to one who spills his breast to you,
O to him, do what you can, in Love!
And make him happy for each moment,
And never let him be sad for one!

And guard your tongue tightly,
In case any slight escapes your mouth!
O God, it was not meant that way, -
But the other recoils, hurt and sighing.

Then you will kneel down at the grave
And your eyes will be cloudy and wet,
- You will never see the other again, -
In the church graveyard's long, damp grass.

You say: O look at me below,
I who cry here at your grave!
Forgive me that I insulted you!
O God, it was not meant that way!

Yet he sees and hears you not,
You cannot comfort him again;
The lips which kissed you often speak
Not again: I forgave you long ago!

Indeed, forgive you he did,
But tears he would freely spend,
Over you and on your harsh word -
Hush, still! - he rests, he is past.


愛の夢 (Translated by Kinakinw)

愛しなさい、愛せるかぎり!
愛しなさい、望むだけ!
やって来る、いつかはやって来る
その人の墓前に嘆き悲しみ立つ時が

心を幸せで満たしなさい
愛を育み育てなさい
その人の心があなたへの愛で
温かく満ちているかぎり!

あなたに心を開く人に
愛をこめて尽くしなさい
その人がいつも幸せで
決して悲しまないように

口を慎みなさい
蔑みの言葉をすべらせば!
そんなつもりはなかったと言っても
その人は臆し、傷つき、溜息をつく

そのあと墓標にひざまずき
あなたは涙に暮れる
二度とその人に会えないと
教会の墓場に広がる、湿った芝の上で

そこに眠るその人に、あなたは呼びかける
わたしはここで泣いている!
蔑んだことを許せ!
そんなつもりはなかった!

でもあなたの姿や言葉は届かず
その人の心を慰めることはできない
あなたにキスしたその唇は
もう「許しているよ」とは動かない

本当はその人は許していたのだ
でも涙を流しただろう
あなたの辛辣な言葉に
じっと静かに!その人は眠りについている


I didn’t stay home to translate the lyrics or write a blog post this afternoon, but I couldn’t help but do that by myself when I saw other people’s Japanese translations with stern and stately interlude. Personally, I think simpler and more lyrical Japanese is appropriate for the music.
詩を訳したり、ブログを書いたりするために今日の午後自宅にいた訳ではなかったのですが、他の方々の仰々しい荘厳なタッチの訳を見ると、自分でやらずにはいられませんでした。個人的には、この曲にはもっと平易で軽い感じの日本語が合うと思うのです。出来はどうかな・・・。まぁこんなところが詩人の言語感覚に恵まれなかった私の限界ですね(笑)。

I enjoyed coming and going between German, English and Japanese and speculating about a meaning of the words.
ドイツ語、英語、日本語を行ったり来たりして楽しみながら、言葉の意味をじっくり考えました。

I wonder if Mao Asada knows the lyrics. Maybe, she is. If not, she definitely has natural energy for loving someone, so she will never regret in that way.
真央ちゃんはこの詩を知っているのでしょうか。多分知っているのかな。そうでなくても、彼女は人を愛する才能を生まれながらに持っているはずなので、こんな風に後悔することはこれからもないでしょう。

Now, I know she is passing on “loving someone so as not to regret” to us through her performance.
これで、愛の夢の演技を通じて彼女が私達に「後悔しないよう人を愛せ」と伝えているのだとよく分かりました。

I won’t listen to the music without thinking of her performance forever. What an amazing girl.
多分私はこの先ずっと、この曲を聴けば彼女の演技を思い出すでしょう。本当にすごい娘です。

She’s going to appear on the national figure skating championships that will be held from 23rd December.
Don't miss out!
浅田真央は今月23日から開催されるフィギュアスケート全日本選手権に登場します。
お見逃しなく!

Posted by Kinakinw | 17:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

10 2011

My Thoughts Go Out to Mao and Her Family

sora

This weekend, I’m watching ISU Grand Prix of Figure Skating Final - it’s like a festival rather than a competition - held in Quebec City, Canada on a live pay-TV through the Net (no commentator and announcer, just skaters and music!). It costs about 1,000 yen ($13) including live coverage and VoD streaming of the senior event. It’s inexpensive because this way, I don't have to check up channels and their broadcast schedules.
今週末は、試合というよりお祭り的要素の強いフィギュアスケートグランプリファイナを、有料のネットテレビで生観戦しています(解説もアナウンサーもいない、会場音声のみの放送です。やったー!)。シニアの試合とエキジビションの生中継と、それらのオンデマンドビデオが見られて1,000円。放送しているチャンネルや放送予定を調べる手間がかからないと考えれば、決して高くはありません。

Generally, however, people living in Japan cannot access the Net-TV because of geographical limitations, so I access it via one of Asian countries. The limitation is for protecting the broadcast right of the Japanese TV I call “harassment”. I think Japanese commercial stations are lagging behind the most in terms of live broadcast on the Net. Figure skating fans are always struggling for watching competitions live (not only women’s and men’s singles but also pairs’ and dancing). If we can watch those on the stations sites, we’d gladly pay some money. Basically, we are different form viewers of a prime-time taped show who are just interesting in Mao Asada (Well, paradoxically, the stations made such viewers). Furthermore, most of us also review performances on the taped show even if they watched them live. There is no harm for them to send it live on the Net.
しかし、本来日本からはこのテレビは地域制限に引っかかって観られないのです。私はとあるアジアの国を経由する形で観ています。地域制限は日本のテレビ局が持つ放送権を保護するためですが、私に言わせればとんだ嫌がらせもいいところです。だいたい、日本の民放局はネット配信の分野に関して遅れ過ぎていると思うのです。フィギュアファンは試合の生中継を観るべくいつも大変な努力をしています(フィギュアスケートは女子や男子だけじゃないのです。ペアにも日本人選手がいますし、ダンスもやっています。今回はジュニアの試合も同時開催で日本人が3人出ています)。もし、日本のテレビ局のサイトから生で観られるなら、喜んで多少のお金は払いますとも。そもそも、フィギュアオタクと、真央ちゃんにしか興味のない録画放送の視聴者層は全く異なるのです。さらには、オタクの多くは、「綺麗な画面でおさらい」するため、録画放送も観るのです。ネットで生中継することに何のデメリットがあるのでしょうか。(バカじゃない--#)

I want to mention some more points about the sport telecasting, but I’d stop that today.
まぁ、スポーツ中継に関してはまだまだ言いたいことがあるのですが、今日は止めておきます。

I was also one who had a long day yesterday. During figure skating season, maniacs work hard weekday and are waiting every event like a child who counts the days until Christmas. Friday, which is opening of most competitions, is the most exciting time for us. However, my Friday was a bitter day: it started with the shocking news of Mao’s withdrawing and ended with the sad news of her mother’s death.
昨日は私も長い一日を過ごした1人でした。シーズン中、スケートオタクは平日バリバリ働き、週末のイベントを子供のように指折り数えて待っています。多くの試合の初日である金曜は特にワクワクしている日です。しかしこの金曜は、真央ちゃんの出場辞退と緊急帰国のニュースで明け、お母様の訃報で終わるという辛い1日となってしまいました。

I felt disconcerted and gave sighs all day long firstly because I well understood Mao’s situation (of course, not as a famous skater, but as a young woman). I lost my mother in my 20s. She passed away after 7-year battle with cancer. When I was the same age as Mao, I received word about her condition while traveling and rushed home. She wasn’t in critical condition, and I was in a resort town near Tokyo, not in a far place like Canada. So, it took about only 3 hours to our home, but I was seriously alarmed and couldn’t bear the thought of her.
真央ちゃん置かれた状況がよく分かり、1日中落ち着かず、溜息ばかりついていました(もちろん有名スケーターの彼女ではなく、1人の年若い女性としての真央ちゃんですが)。私も20代で母親を亡くしています。7年間の癌との闘病生活を経ての死でした。ちょうど真央ちゃんと同い年の頃、私も旅先で母親の体調に関する知らせを受け、急いで家に帰ったことがありました。私はカナダのような遠くではなく東京近郊にいて、母の病状もその時は生死に関わるものではありませんでした。たった3時間の道のりでしたが、いてもたってもいられず、母のことを考えるととてもとても辛い気持ちでいました。

I sympathize with s Asada Family in their sad bereavement. We were also bereft husband and two daughters.
お母様に先立たれた浅田家の皆さんに心から同情します。父親と2人姉妹が残されたのも、私達と同じです。

I offer my sincerest condolences for Kyoko Asada and the family.
謹んで浅田匡子さんとお父様、舞さん、真央さんに心から哀悼をささげたいです。

-----------------------------------------------------------------------------

I wrote, “I’m going to give up the flipping optical fiber networks” in the last post, but…. NTT (Nippon Telegraph and Telephone Corporation) dispatched field examiners to our home last Monday, and they proposed a setup plan using MDF (Main Distributing Frame) at hour house and called a construction unit on the spot. There was a way!
前回、「いまいましい光はもう使わない」と書きましたが…実は光がつながっちゃいました。月曜にNTTから現場調査員が派遣され、主配線盤から線を引く方法を提案され、その場で工事部隊を呼んでくれました。出来るじゃないですかぁ~!

Now I can watch smoothly flowing videos with new laptop through the optical fiber.
光のおかげで、ようやくサクサク動く動画を楽しめるようになりました。

Posted by Kinakinw | 17:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

04 2011

At the Mercy of Optical Fiber Networks

internet

Last month, I bought a new notebook computer at big discount on the condition that I would switch to optical fiber networks and have particular Internet service provider. I viewed that discount campaign as a godsend because I was planning to use the networks, but I’m in trouble at this late date. I was almost ending up being unable to access Internet at home for more than a month.
先月、フレッツ光にし特定のプロバイダーと契約するという条件で大幅ディスカウントを受け、ノートパソコンを買いました。元々光にしようと思っていた私にとって、渡りに船になるはずだったのです。ところがここに至って、危うく1ヶ月以上ネットにアクセスできなくなるという事態に陥りそうになりました。

This is how it happened. There was line construction yesterday, so I carelessly cancel an ADSL (Asymmetric Digital Subscriber Line) service that a provider in current use provides as of November. 5th. However, it turned on the spot that out our room couldn’t get the optical fiber line by a construction method originally intended. If I really want the line, I have to cancel the plan, newly request another expensive plan and relatively large-scale construction, and wait for a month or so…. Well, though our building already has the line installed, there isn’t enabled piping from MDF (Main Distributing Frame) to our room.
経緯はこうです。昨日光回線工事の予定だったので、現在利用しているプロバイダーのADSLサービスを12月5日付けでうっかり解約してしまったのです。で、工事が入ったのですが、予定していた工法では我が家には光回線が引けないとその場でわかったのです。我が家はいわゆる光物件で、主配線盤に回線は来ているのですが、建物内の配管が使えないため、新たに電線から引き込む工事が必要になるそうなのです。どうしても光を利用したいなら、現在のプランをキャンセルし、別の(高い)プランに申し込み、業者が調査に来て工事費を見積もるという作業が必要なのだそうですよ。どう考えても今年中に開通するのは無理でしょう・・・。

Since I won’t be able to use ADSL from next Tuesday, I have to access the net through a dial-up account, but I don’t have a dial-up modem in the first place. It’s a cold day in hell.
火曜からADSLが使えなくなると、ダイアルアップでつなぐしかなくなってしまうのです。ダイアルアップ用のモデムなど当然持っていないし、買うつもりもないので、我が家からネット環境が無くなってしまうわけです。最悪です。

I sacrificed my Saturday afternoon to find reasonable-to-access methods for the short interval of time and also long-last one alternative to the optical fiber networks. I called, in utter confusion, a telephone carrier, an agent, providers and a store where I bought the notebook.
土曜の午後を潰して、リーゾナブルな価格で短期間ネットアクセスする方法と、合わせて光以外で今後のネット環境を整備する方法を検討しました。今回関わっている電話会社、代理店、プロバイダー、パソコンを購入した店舗にあれこれ電話をし、大変でした。

Luckily, the shop won’t demand the discount money back from me if I’ll cancel the plan using the network (the particular provider will charge exit penalty, though), so I’m going to give up the flipping network and have a high speed ADSL service from a new provider that can start of the service in 10 days or WiMAX I can start it immediately.
幸運なことに、今回はディスカウントされた分をお店に返金しなくて済みそうなので(まぁ、プロバイダーは情け容赦なく早期解約の違約金を請求するそうですが)、いまいましい光回線は利用しないことにしました。で、10日間で開通してくれる新たなプロバイダー経由で50MBのADSLにするか、ルーターを入手すればすぐ使えるWiMAXにするか、どちらかにしようと思っています。

Either way, I’ve requested a WiMAX trial in which I can borrow a router (it will arrive tomorrow) and access Internet for 15 days. So, I have a day or so for discussing about that with my sister.
いずれにしろ、WiMAX無料お試しサービスを申し込んだので、明日にはルーターが届き15日間はネットアクセスが可能です。一両日、妹とも相談して考える時間ができました。

Now, the major infrastructures for Internet access are only 4: ADSL, the optical fiber networks, WiMAX and EMOBILE (mobile broadband). However, a lot of providers and agents intricately stand between the infrastructures and end users. Each of them offers many servicing and practices various campaigns. The situation is messed up beyond all recognition and annoys me.
現在、主なネットインフラは、ADSL、光、WiMAX、EMOBILEのたった4種類。でも、星の数ほどのプロバイダーや代理店がインフラとエンドユーザーの間に介在しています。そしてそれぞれが、様々なサービスを提供し、様々なキャンペーンを行っています。複雑で、理解するのも大変で、もう考えるのも嫌になりました。愚痴っぽくてすみません。

Posted by Kinakinw | 18:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。