Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

20 2011

Internal Argument Over Notebooks

notePC
Left: the latest high-performing laptop (13.3-inch wide)
Right: the 13.3-inch notebook in current use
左:13.3インチワイド型最新ハイスペックノート
右:ずっと使っている12.1インチ薄型ノート


I bought a new notebook computer Toshiba released this fall when I strolled into an electronics emporium few days ago. Then unfortunately, I ended up finding a thing whereat I’m displeased about it after bringing it home….
数日前ふらっとヨドバシに立ち寄り、この秋に発売されたダイナブックR731を買ってしまいました。そして家に帰ってから、「やっぱり気に入らない」という状況に陥っておりました…。

To watch Internet live TV, I was planning to use optical fiber networks that offer ultrahigh speed Internet connection at an early date. Together with that, it was true I wanted to upgrade my laptop that was released many years ago (with Intel Centrino, 512MB Ram and 40GB Storage, it still suffices in order for me to watch YouTube and make office files at home). However, it’s no longer useful for watching Internet TV.
ネットTVのライブ放送を見るために、フレッツ光200MBにし、それに合わせてノートパソコンを買い換えようかと思っていたのです。でも、今使っている年代物のダイナブックも、Intel Centrino、メモリー512MB、ハードディスク40GBというスペックながら、ユーチューブを見る、ちょっとした文書を作るぶんには問題無し。(元々2003年に発売された法人向け、当時最先端の薄型モバイルノート。私は中古で買いました。最低限のアップグレードはしたものの、今でも大きなストレスなく使えるって凄いことです)。でも(回線の問題も含めて)海外のネットTV視聴用としてはもはや役に立ちません。

The new notebook was one of two products I had an eye on: ones combining high-performance, portability, and connectivity. I decided most specifications one should have except a display type. I wavered between 13.3- or 12.1-inch wide. My current one has 13.1-inch display, so while the width of 13.1-inch wide is about 1 inch longer than mine, the length of 12.1-inch wide is about1 inch shorter than it. It was a choice between viewability and portability.
新しいダイナブックは目をつけていた商品の1つでした。もう1つはレッツノートのNシリーズ。スペック、携帯性と、有線LANやHDMI出力、DVDドライブを兼ね備え出先でも広く活用できる選択基準(それにメーカーの好み)で絞った2機種です。ただ、ディスプレイの大きさだけは、13.3ワイドにするか12.1ワイドにするかずっと迷っていました。今使っているものと比較すると、13.3ワイドの場合縦は変わらず横に2~3cm長い。12.1ワイドの場合横幅は同じで縦が2~3cm短い。つまりは、画面の見易さか、携帯性かの選択です。

I finally gave high priority to viewability at that time. In addition to it, a discount campaign of \40,000 (if one switches to optical fiber networks and have particular Internet service provider) and a further \15,000 discount that a shop clerk offered for the Toshiba pushed me from behind. I thought, at the store, it didn’t a matter if it was 1 inch bigger and few hundred grams heavier than mine.
結局店頭では、画面の見易さを選択したわけです。加えて、フレッツ光+プロバイダー契約で40,000円引きのキャンペーンと、「この機種ならさらに15,000円値引きします」という店員の言葉に背中を押されて買ってしまいました。(価格.comでも調べましたが、値引き後の価格は相当お得でした)

However, giving it a long look and comparing it with mine, I had second doubts about my choice. Simply, I felt it’s far too big and thick for me. I’ll bring along it for business trips, and I’ll often move with it in house because I use it multiple places.
でも、家に帰って新しいノートをしげしげ眺め、今のと比べると、失敗したかなと思ってしまいました。横幅が約3cm、厚さが1cm加わっただけなのですが、単純にとても大きく感じるのです。旅行や出張に持って行くことになりますし、家の中でも自分の部屋、リビング、ダイニングと様々な場所でPCを使います。

What would I do?
My sister was also thinking to replace her laptop (she uses only at home) with a new one, so she’s going to use it after I get new 12.1-inch one. Instead of that she cannot have a choice, we’d pay for it from our home account. Then, when I get 12.1-inch wide one in near feature, I receive the same amount from the account. I can watch live streaming with Toshiba until then.
でどうしたと思います?
妹のノート(自分の部屋に据置いて使っている)がけっこう瀕死の状態で買い替え時だったのです。そこで私がレッツノートを買ったら、新ダイナブックは妹が使うということで話がついたのです。妹は機種選択が出来なかったので、代金は家のお財布から出し、私が新たに買うときは同額の補助を家計からもらうと。それまで新ダイナブックでネットTVを見れば良いと。

The matter was settled!
一件落着です!

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 19:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。