Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

11 2011

NHK Trophy 2011

NHK1

Finally, the competition will begin at 15:00 (Japan time) this afternoon, starting with ice dancing, and my nonstop days will also begin.
アイスダンスをかわきりに、いよいよ今日の午後3時からフィギュアスケートNHK杯が始まります。

Though NHK Trophy is one of The ISU Grand Prix titles, it’s kind of a big event figure skating fans living in Japan are looking forward to along with the Japan Figure Skating Championships and the World Figure Skating Championships for. This isn't just because it’s held in Japan, but we can watch it without any stresses caused by over-obvious, low-level live telecast.
NHK杯はグランプリシリーズの1つなのですが、日本のスケートファンが全日本選手権や世界選手権と並んで楽しみにしている大会です。その理由は何も同大会が日本で行われるというだけではありません。この大会だけは、見え透いた、レベルの低いテレビ中継によるストレスを感じずに楽しめるからなのです。

NHK, one of hosts of the competition, is a national broadcasting company and only one terrestrial and satellite station that can get figure skating on the air properly. The station doesn’t do anything special. It just broadcasts the event live without needless VTR, foolish screaming announcers, inept TV personalities’ comments and inappropriate guests at a TV studio. Anyway, other stations are no good at all.
NHKは(CSと一部テレ東の番組を除けば)まともなフィギュア中継ができる日本で唯一の放送局です。特別なことをしているわけではありません。不必要な煽りVTRや、馬鹿みたいに絶叫するアナウンサーや、TVタレントの的外れなコメントや、場違いなスタジオゲスト無しに、普通に生中継をしてくれるというだけなのです。悲しいけれど、普通の放送が「有難い」のが日本のフィギュア中継の現状です。

The satellite broadcasting of NHK features a slot called “Yutaka’s Room” in which Yutaka Higuchi, a coach and figure skating commentator, interviews skaters at kiss and cry. Last year, an interview Mao Asada set him off on a weeping jag. I was almost crying in sympathy with him when I watched that scene.
NHKの衛星中継には、「豊の部屋」と呼ばれるコーナーがあります。最終日のエキジビションの前に、樋口豊先生がキス&クライでスケーターにインタビューするという内容です。去年、このコーナーで真央ちゃんにインタビューを始めた豊先生は急に泣き出してしまいました。「いまは大変だろうけど、またいい時も来るから…」確かそんな事を話していて感極まってしまったと記憶しています。私ももらい泣きしそうになりました。

NHK2

Higuchi who placed in Winter Olympic Games twice, is a three-time Japanese national champion and has been engaged on the Japanese figure skating world for a long period. I think he was familiar with the circumstances of Mao who was trying to brush up her skating skills and struggling, so he deeply empathized with Mao.
スケーターとしてオリンピックに2度出場し、3度日本チャンピオンになり、長く日本のフィギュア界にかかわってこられた事情通の樋口先生です。輝かしい実績を持ちながら、改めてスケート技術を磨きなおそうとし、調子を落として苦しんでいる真央ちゃんに深く共感したのでしょうね。

I hope Higuchi would shed happy tears this time.
今年は樋口先生のうれし涙が見られるといいですね。

And now, I’m going to go out to stock up on enough food to last few days so that I can stay home!
さて、しばらく外出しなくていいように、私はこれから数日分の食料を買いだめに行かなくては!

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 12:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。