Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

02 2011

The Encounter with Wool

itonomari1

A fabric artist, iTONOMARi, held her private exhibition for 6 days in late October.
羊毛作家、 iTONOMARiこと竹崎万梨子さんが先月末に6日間展示会を行っていました。

I wore about the artist Mariko Takesaki last year (the previous post).
She has been working for many years as a product coordinator in the high-fashion industry. For several years, her work has centered on the creative activity.
All items are manually produced. Takesaki washes and dyes raw wool of rare original sheep imported from England and so on, then spins a yarn and weaves shawls.
彼女のことは以前にも書きました(記事
竹崎さんは、長らくアパレル業界のコーディネーターとして仕事をしていますが、ここ数年は彼女自身の創作活動に軸足を移しています。
彼女の作るストールは、希少な原種の羊から刈った輸入羊毛を彼女自身で洗い、染め、紡いだ糸で織られています。

itonomari2

itonomari3 itonomari4

Her works’ attractions are not only made by hand, scarcity and high quality but also textile designs in excellent taste, which are come from her taste. I find none of the uncontrolled naiveness one might expect from a fabric made by avocational wavers.
その作品の魅力は、手作り、希少、高品質ということだけでなく、優れたデザインにもあります。それはご本人の優れた感覚やテイストから来るものなのでしょうね。趣味の手織り作品によく見受けられる不用意の素朴さ(それはそれで良いものですが)、という要素は彼女のストールには全くありません。

I visited the exhibition on the 3rd day, and all shawls got sold out. I realized people who are aware of the value of her works hunger for them.
私は展示会3日目に訪れましたが、既に完売でした。彼女の作品の価値を分かっている人は、この展示会を待ち望んでいたのですね。

That was too bad, but I approved because I prefer many of her works go to someone who come across her work for the first time. I can order one of items later. However, many visitors who couldn’t get one would have ordered one, so it's going to be some time before I get it.
残念でしたが、なるべくなら少しでも多くの作品が、この展示会で初めてそれらを目にした人の手に渡って欲しいと思うので良しとしましょう。私はまた改めてオーダーします。でも、買い損ねた来場者の方々も注文しているでしょうから、手に入れるのにちょっと時間がかかりそうです。

I’ll inform in advance about next her exhibition, so come and see for yourself if you are interested in her works.
次回、彼女が展示会をする時は事前にお知らせしますので、興味のある方は是非足を運んで欲しいです。

itonomari5

itonomari6

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 20:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。