Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2011

Sartre & Beauvoir

Les Amants du Flore1

This year, one of my goals is to go to the movies - not often, but occasionally. So, I search the Internet for movies currently being screened when the inclination prompts, and I go to theaters if there is one I’m interested in.
実は今年の目標の一つは、頻繁にとはいかなくても、時々映画を見に行くことでした。気が向くと上映中の映画を調べ、面白そうなものがあれば映画館に足を運んでいます。

I went to a theater named Eurospace in Shibuya to see a French movie, Les Amants du Flore, this evening. It’s about one of the 20th century's leading couples, Jean-Paul Sartre (1905 – 1980) and Simone de Beauvoir (1908 – 1986) and depicts them form their encounter at the Sorbonne to early 40s. The literal translation of the title is “The Lovers of Flower”, but I suppose Flore refers le Café de Flore that is on Blvd. St-Germain the couple frequented.
今日の夕方は、渋谷のユーロスペースへ「サルトルとボーヴォワール哲学と愛」を観に行きました。サルトルとボーヴォワールは言うまでもなく20世紀を代表するカップル。この映画はソルボンヌでの彼等の出会いから、互いに哲学者、作家としての地位を確立する40歳代前半までを描いています。原題は「Les Amants du Flore」で、直訳すれば「花の恋人達」なんですが、このFloreは彼等が通ったサンジェルマンのカフェ・ド・フロールを指していると思われます。

Though I wasn’t influenced by Sartre at all, I read a Beauvoir’s book, The Second Sex, and speculated the femininity and gender in my teenage (accurately, I made myself feel to do so). When I was in Paris and didn’t know what to do with my time, I visited famous people’s graves including theirs. However, I’m not emotionally involved with the great cultural figures now. I chose the movie without particular motive. I expected the streets of Paris form it.
サルトルには全く影響を受けていないのですが、ボーヴォワールに関しては10代に「第二の性」を読んで、女性性やジェンダーについて思索した(まぁ実際は思索したつもりになった)覚えがあります。昔パリで時間を持て余している時に有名人の墓巡りをし、彼等のお墓も訪れています。でも、今特に彼等に思い入れがあるというわけではありません。この映画ならパリの街並みが見られるだろう、という軽い気持ちで観に行きました。

Unfortunately, there aren’t many locations in the town, but I liked the movie. It really doesn’t involve elements of their philosophies. I think it portrays them as ordinary humans who are trying to be philosophers and writers. In that sense, it's like a growing-up story with humorous scenes. The funniest scene for me was that an American lover of Beauvoir, the main character, said to her, “Why don’t we live together in Chicago”. No one laugh at that, though. Can you imagine she lives in Chicago?
残念ながらパリで屋外撮影されたシーンは少なかったのですが、映画は面白かったです。小難しい哲学的問題が取り上げられているわけではありません。この映画は、サルトルとボーヴォワールを、哲学者であろう、作家であろうとする普通の人間として描いています。私は、笑える場面もある清々しい成長物語だと思いました。私が最も笑えたのは、ボーヴォワール(主人公)のアメリカ人の恋人が、「一緒にシカゴで暮らそう」と彼女に言うシーンでした。誰も笑ってはいませんでしたが、シカゴで暮らすボーヴォワールって想像できますか?

Les Amants du Flore2
Jean-Paul Sartre, Simone de Beauvoir at Café de Flore
サルトルとボーヴォワール。カフェ・ド・フロールにて。


-----------------------------------------------------------

コメント機能をしばらくオフにし、以前のような拍手コメントに戻します。
禁止ワード、よくわかりません(涙)。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 23:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

26 2011

Good Bye, Commercial TV Stations!

streaming

Since I got the latest high-performing laptop, I really began to watch the Grand Prix titles of figure skating on live streaming of sport channels using it. Without unnecessary choreographed video footages made by stupid producer of the figure skating programs who are fall behind the times, I’m quite happy!
新しいノートパソコンを買ってから、フィギュアスケートのグランプリ大会を本格的にストリーミング観戦するようになりました。フィギュアを過剰に演出しようとする時代遅れで残念なテレビ製作者の方々がお作りになった無駄な映像を見なくてすんで、とっても快適です!

I’m watching Rostelecom Cup on a British sport channel this weekend, and I find the channel to be fun. For instance, now that station is sending a football game, Kashiwa Reysol vs. Cerezo Osaka, live with commentary in English! These are Japan Soccer League teams, and of course, the game is being held in Kashiwa, Chiba Prefecture right now. Before, I heard someone said that if you want to watch J. League game live, watch European sport channel on Internet. That’s true.
(I’m writing this 15:30, Japan time, 26th November.)
今週末はイギリスのとあるスポーツチャンネルでロシア大会を見ているのですが、この局の放送がなかなか面白いのですよ。例えば、今現在(これを書いていた11月26日15:30に)、この局はJリーグ、柏レイソル対セレッソ大阪戦を英語解説で生中継しています。もちろん今現在千葉の柏で行われている試合です。以前、「Jリーグの試合を生で見たいなら、ヨーロッパの局をネットで見るといい」と言っていた人がいましたが、本当なのですね。

Last night, when I was waiting for Men’s SP with half an eye on the station that broadcasted a cross-country race at The Nordic World Ski Championships held in Kusamo, Finland, I found there was a Japanese Nordic combined athlete named Watabe. At first, he was around 8th or 10th position and then gradually moved up. With 2 ?3 kilometers to go, he took the lead! I watch the race with fascination.
昨夜は、現在フィンランドのクーサモで行われているノルディックスキー・ワールドカップのクロスカントリーを横目で見ながら、男子のショートプログラムが始まるのを待っていました。で、渡部選手が出ているのに気が付きました(他にも日本選手は出ていました)。最初は8~10位あたりにいたのですが、どんどん上位に上がってきて、残り2~3キロの時点でトップに立ちました!思わず見入ってしまいました。

Finally, he finished in the second place. He got 5th place in the ski jumping ahead of the race, and all told, he got the silver medal! Congratulations! In 1990th, Japanese athletes and the Japanese team made a very strong showing at Nordic combined. However, after the rule revisions (the cross-country race tended to be too big to overcome in ski jumping) that took a shot at the Japanese (who got advantage on ski jumping) for maintaining Nordic honor, we got taken and backed away from the medals. Well, thanks, Nordic. Watabe won the silver because of that rule revisions this time.
最終的に渡部選手は2位。先に行われたジャンプで5位と出遅れたものの、総合で2位となりました!おめでとうございます!!90年代までは日本選手や日本チームはノルディック複合で活躍していました。でも、北欧人の名誉を守るため、ジャンプで点を稼ぐ日本人を狙い撃ちしたルール改正が行われた結果、メダルから遠ざかっていましたよね。でも今回渡部選手が総合2位となったのは、クロスカントリーの配分を増やしたそのルール改正のおかげと言えます。2009年には日本チームが優勝したそうですし、「見てろよ(--#)」という気分になりました。

Oh, the football game is over, and it was a draw.
ああ、今サッカーの試合が終わりました。今回は引き分けですね。

This is the second day of Rostelecom Cup, and I’m going to watch Women’s, Men’s, and Pairs FP on that channel.
GOOD BYE, TV Asahi that puts Grand Prix titles on the air!
今日はロシア大会2日目。これからこのイギリスのTV局で女子、男子、ペアのフリープログラムを見ます。
さようなら、テレビ朝日!

Posted by Kinakinw | 16:58 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

23 2011

Ridiculously Huge!

beer
The smaller glass in the picture is a Large-size that is like a pint glass (450~470 ml).
小さい方のグラスが、中ジョッキに相当するラージサイズ。


I was really surprised when a waiter behind the bar counter picked up this big, tall glass. Then I understood why a Pakistani restaurant nearby didn’t list this size of draft beer formally on the menu.
カウンターの向こうにいるウエイターがこのグラスを取り出した時には大変驚きました。で、どうしてこの店ではこのサイズの生ビールが正式にメニューに載っていないのか、よくわかりました。

Siddique Palace Azabu, where my sister and I sometimes have dinner, got several kinds of draft beers, and there are only small(600yen) and large sizes(800yen) for each on the menu. However, at the bottom of beer list, it says, “We also have Super Large-size” with very minute letters.
妹と時々夕食に訪れるジディークパレス麻布店。何種類かの生ビールを出していますが、メニューにはそれぞれスモール(600円)とラージ(800円)の2サイズしか乗っていません。でも、ビールリストの最後に、小さな文字で「スーパーラージサイズ(1,200円)もあります」と書いてあります。

I always drink two Large-size drafts because the spicy food goes well with beer, so I had thought I’d try that size once. However, I never figured Super Large means that large!
スパイシーな料理でビールがすすみ、結局いつもラージサイズを2杯飲んでいるので、一度もっと大きなサイズを頼んでみようと思っていました。でもまさかこんなに大きいとは!

The Pakistani waiter said they use this glass at a bar in their country, but I doubted it. To start with, I know it’s a predominantly Muslim country. Most of “them” never drink beer in public places.
パキスタン人ウエイター曰く、自分の国ではみんなバーでこのグラスでビールを飲んでいるということですが、それは違うでしょう。そもそもパキスタンはイスラム教徒の国なのですから。殆どの「みんな」はバーでビールなんか飲まないでしょう。

Anyway, I followed his recommendation, stand up and sipped it from the laughable glass at the beginning, but then I poured it into a reasonable sized glass, so the glass served just as a pitcher of beer.
適当な説明に眉をひそめつつ、とにかく最初の一口は彼の勧めに従い、立ち上がってこのグラスから飲みましたとも。でもその後はラージサイズのグラスに注いで飲んだので、このグラスは単なるピッチャーとなったわけです。

The amount of beer in the glass was less than 1 liter, so I could drink all.
量的には1リットル未満だったでしょうか。ちゃんと全部飲めました。

Posted by Kinakinw | 12:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

20 2011

Internal Argument Over Notebooks

notePC
Left: the latest high-performing laptop (13.3-inch wide)
Right: the 13.3-inch notebook in current use
左:13.3インチワイド型最新ハイスペックノート
右:ずっと使っている12.1インチ薄型ノート


I bought a new notebook computer Toshiba released this fall when I strolled into an electronics emporium few days ago. Then unfortunately, I ended up finding a thing whereat I’m displeased about it after bringing it home….
数日前ふらっとヨドバシに立ち寄り、この秋に発売されたダイナブックR731を買ってしまいました。そして家に帰ってから、「やっぱり気に入らない」という状況に陥っておりました…。

To watch Internet live TV, I was planning to use optical fiber networks that offer ultrahigh speed Internet connection at an early date. Together with that, it was true I wanted to upgrade my laptop that was released many years ago (with Intel Centrino, 512MB Ram and 40GB Storage, it still suffices in order for me to watch YouTube and make office files at home). However, it’s no longer useful for watching Internet TV.
ネットTVのライブ放送を見るために、フレッツ光200MBにし、それに合わせてノートパソコンを買い換えようかと思っていたのです。でも、今使っている年代物のダイナブックも、Intel Centrino、メモリー512MB、ハードディスク40GBというスペックながら、ユーチューブを見る、ちょっとした文書を作るぶんには問題無し。(元々2003年に発売された法人向け、当時最先端の薄型モバイルノート。私は中古で買いました。最低限のアップグレードはしたものの、今でも大きなストレスなく使えるって凄いことです)。でも(回線の問題も含めて)海外のネットTV視聴用としてはもはや役に立ちません。

The new notebook was one of two products I had an eye on: ones combining high-performance, portability, and connectivity. I decided most specifications one should have except a display type. I wavered between 13.3- or 12.1-inch wide. My current one has 13.1-inch display, so while the width of 13.1-inch wide is about 1 inch longer than mine, the length of 12.1-inch wide is about1 inch shorter than it. It was a choice between viewability and portability.
新しいダイナブックは目をつけていた商品の1つでした。もう1つはレッツノートのNシリーズ。スペック、携帯性と、有線LANやHDMI出力、DVDドライブを兼ね備え出先でも広く活用できる選択基準(それにメーカーの好み)で絞った2機種です。ただ、ディスプレイの大きさだけは、13.3ワイドにするか12.1ワイドにするかずっと迷っていました。今使っているものと比較すると、13.3ワイドの場合縦は変わらず横に2~3cm長い。12.1ワイドの場合横幅は同じで縦が2~3cm短い。つまりは、画面の見易さか、携帯性かの選択です。

I finally gave high priority to viewability at that time. In addition to it, a discount campaign of \40,000 (if one switches to optical fiber networks and have particular Internet service provider) and a further \15,000 discount that a shop clerk offered for the Toshiba pushed me from behind. I thought, at the store, it didn’t a matter if it was 1 inch bigger and few hundred grams heavier than mine.
結局店頭では、画面の見易さを選択したわけです。加えて、フレッツ光+プロバイダー契約で40,000円引きのキャンペーンと、「この機種ならさらに15,000円値引きします」という店員の言葉に背中を押されて買ってしまいました。(価格.comでも調べましたが、値引き後の価格は相当お得でした)

However, giving it a long look and comparing it with mine, I had second doubts about my choice. Simply, I felt it’s far too big and thick for me. I’ll bring along it for business trips, and I’ll often move with it in house because I use it multiple places.
でも、家に帰って新しいノートをしげしげ眺め、今のと比べると、失敗したかなと思ってしまいました。横幅が約3cm、厚さが1cm加わっただけなのですが、単純にとても大きく感じるのです。旅行や出張に持って行くことになりますし、家の中でも自分の部屋、リビング、ダイニングと様々な場所でPCを使います。

What would I do?
My sister was also thinking to replace her laptop (she uses only at home) with a new one, so she’s going to use it after I get new 12.1-inch one. Instead of that she cannot have a choice, we’d pay for it from our home account. Then, when I get 12.1-inch wide one in near feature, I receive the same amount from the account. I can watch live streaming with Toshiba until then.
でどうしたと思います?
妹のノート(自分の部屋に据置いて使っている)がけっこう瀕死の状態で買い替え時だったのです。そこで私がレッツノートを買ったら、新ダイナブックは妹が使うということで話がついたのです。妹は機種選択が出来なかったので、代金は家のお財布から出し、私が新たに買うときは同額の補助を家計からもらうと。それまで新ダイナブックでネットTVを見れば良いと。

The matter was settled!
一件落着です!

Posted by Kinakinw | 19:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

17 2011

The Height of the Figure Skating Season

As you may know, Japanese skaters completed one-two finishes at NHK Trophy in both men’s and women’s singles last weekend: Daisuke Takahashi won the gold and Takahiko Kozuka got he silver, and Akiko Suzuki won the gold medal and Mao Asada got the silver.
ご存知の方も多いと思いますが、先週のNHK杯では男女シングルとも日本選手が1位、2位となりました。男子では高橋大輔が金メダル、小塚崇彦が銀メダルを、女子は鈴木明子が金メダル、浅田真央が銀メダルに輝きました。(真央ちゃんはもう大丈夫。FPを見ていて今回は私がちょっと涙ぐみました)

Other than those, Japanese and Japanese DNA picked up the gold and silver medals at the competition, though media that are interested in only singles didn’t cover that. First, Yuko Kawaguchi & Alexander Smirnov from Russia took first prize in pairs. Yuko who are Japanese acquired Russian citizenship to qualify for a spot on Russian Olympic team in 2008).
男女シングルにしか興味のないマスコミはあまり取り上げませんが、この大会では、他にも日本人や日系人が金メダル、銀メダルを勝ち取ったのです。まず、川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組がペア1位になりました。川口悠子は2008年にロシアに帰化しましたが、国籍はともかく日本人。

Second, Narumi Takahashi & Mervin Tran from Japan took second prize in pairs! Tran is a Canadian, but now he is a registered skater of Japan Skating Federation. (There is a rumor that he is thinking to get a Japanese citizenship to participate in the next Olympic Games.)
また、ペアの2位は「高トラ」こと、我らが高橋成美/マーヴィン・トラン組でした!トランはアジア系カナダ人ですが、現在は日本で選手登録をしており、日本選手として国際競技界に出場しています。(ソチオリンピックに出場するため、トランが日本国籍を取ろうと考え始めた、という噂があります。そうしてくれると嬉しいですが・・・)

Then, third, Japanese-Americans, Maia & Alex Shibutani from the US won the gold medal in ice dancing.
そして、アイスダンスでは、日系アメリカ人のシブタニ兄弟(男女ですが)が1位になりました。

Though we got excellent men’s and women’s skaters who compete international competitions, there aren’t many in pairs and ice dancing. Takahashi/Tran is the only one, and Cathy & Chris Reed whose mother is Japanese is only one Japanese ice dancing pair. (They have Japanese and American nationalities.)
日本には国際競技会で活躍する素晴らしいシングルの選手がいますが、ペアとアイスダンスの選手層は非常に薄いのです。日本スケート連盟の強化選手は、ペアは高トラのみ、アイスダンスはリード兄弟(これも男女ですが)のみ。リード兄弟は母親が日本人で、現在日本国籍とアメリカ国籍を両方持ち、日本で選手登録をしている日本選手です。NHK杯にも出場しました。

It’s a totally unrelated subject, but I want to mention a gap between appearances and countries they represent. While Shibutanis (left) are from the US, Reeds (right) are from Japan.
ちょっと話はそれますが、シブタニ組(アメリカ、左の写真)とリード組(日本、右の写真)は、外見とどの国の代表選手かのギャップがある2組。

Shibutani Reed

To return to the point, I do hope Japan Skating Federation develops good skaters not only in singles but in pairs and ice dancing too. As for pairs, I heard that practice environment for is poor in Japan because there aren’t enough ice rinks (pairs need to a rent whole rink for practicing dynamic tricks like throw jumps). But, I think there are many young talented skaters who are meant for it. That upsets me a lot.
閑話休題。日本スケート連盟には、男女シングルの選手だけではなく、ペアとアイスダンスの選手をもっと育成して欲しいです。ペアに関しては、日本は練習環境が整ってないと言われます。ペアはシングルと違ってスロージャンプ(男性が女性を投げる)などの大技を練習するためにリンクを貸し切る必要があり、リンクの少ない日本では練習機会が少ないということのようです。でも、ペアに向いている若いスケーターはたくさんいるのです。歯がゆいですね。

As for ice dancing which draws from the world of ballroom dancing, someone might think Japanese or Asian stand up poorly to it. It’s true that Westerners have ranked high in that field, but I personally think Asian can compete. If programs fit each pair’s characters, one may outstrip others as Shibutanis who performed a cheerful and toe-tapping program proofed.
社交ダンスの要素が強いアイスダンスに関しては、日本人やアジア人には向かないと考える方もいると思います。確かに、上位選手はほぼ全員いわゆる欧米人ですが、私はアジア人でも十分戦えるのではないか、と思います。今回シブタニ組が証明したように、個性に合ったプログラムを持ってすれば勝機があるのです。ラテンがテーマとして与えられたショートダンスでは彼等は苦戦しましたが、グレン・ミラーの曲を使った明るく快活なフリーダンスで(他の組のミスもありましたが)見事逆転優勝しました。

Trophée Eric Bompard (Paris, France) will be held this weekend, and Rostelecom Cup (Moscow, Russia) will take place next weekend. I’m feeling bouncy.
さて、今週末はフランス大会、そして翌週はロシア大会があります。楽しみです。

Posted by Kinakinw | 00:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

11 2011

NHK Trophy 2011

NHK1

Finally, the competition will begin at 15:00 (Japan time) this afternoon, starting with ice dancing, and my nonstop days will also begin.
アイスダンスをかわきりに、いよいよ今日の午後3時からフィギュアスケートNHK杯が始まります。

Though NHK Trophy is one of The ISU Grand Prix titles, it’s kind of a big event figure skating fans living in Japan are looking forward to along with the Japan Figure Skating Championships and the World Figure Skating Championships for. This isn't just because it’s held in Japan, but we can watch it without any stresses caused by over-obvious, low-level live telecast.
NHK杯はグランプリシリーズの1つなのですが、日本のスケートファンが全日本選手権や世界選手権と並んで楽しみにしている大会です。その理由は何も同大会が日本で行われるというだけではありません。この大会だけは、見え透いた、レベルの低いテレビ中継によるストレスを感じずに楽しめるからなのです。

NHK, one of hosts of the competition, is a national broadcasting company and only one terrestrial and satellite station that can get figure skating on the air properly. The station doesn’t do anything special. It just broadcasts the event live without needless VTR, foolish screaming announcers, inept TV personalities’ comments and inappropriate guests at a TV studio. Anyway, other stations are no good at all.
NHKは(CSと一部テレ東の番組を除けば)まともなフィギュア中継ができる日本で唯一の放送局です。特別なことをしているわけではありません。不必要な煽りVTRや、馬鹿みたいに絶叫するアナウンサーや、TVタレントの的外れなコメントや、場違いなスタジオゲスト無しに、普通に生中継をしてくれるというだけなのです。悲しいけれど、普通の放送が「有難い」のが日本のフィギュア中継の現状です。

The satellite broadcasting of NHK features a slot called “Yutaka’s Room” in which Yutaka Higuchi, a coach and figure skating commentator, interviews skaters at kiss and cry. Last year, an interview Mao Asada set him off on a weeping jag. I was almost crying in sympathy with him when I watched that scene.
NHKの衛星中継には、「豊の部屋」と呼ばれるコーナーがあります。最終日のエキジビションの前に、樋口豊先生がキス&クライでスケーターにインタビューするという内容です。去年、このコーナーで真央ちゃんにインタビューを始めた豊先生は急に泣き出してしまいました。「いまは大変だろうけど、またいい時も来るから…」確かそんな事を話していて感極まってしまったと記憶しています。私ももらい泣きしそうになりました。

NHK2

Higuchi who placed in Winter Olympic Games twice, is a three-time Japanese national champion and has been engaged on the Japanese figure skating world for a long period. I think he was familiar with the circumstances of Mao who was trying to brush up her skating skills and struggling, so he deeply empathized with Mao.
スケーターとしてオリンピックに2度出場し、3度日本チャンピオンになり、長く日本のフィギュア界にかかわってこられた事情通の樋口先生です。輝かしい実績を持ちながら、改めてスケート技術を磨きなおそうとし、調子を落として苦しんでいる真央ちゃんに深く共感したのでしょうね。

I hope Higuchi would shed happy tears this time.
今年は樋口先生のうれし涙が見られるといいですね。

And now, I’m going to go out to stock up on enough food to last few days so that I can stay home!
さて、しばらく外出しなくていいように、私はこれから数日分の食料を買いだめに行かなくては!

Posted by Kinakinw | 12:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

08 2011

A Number of Things to Look Forward to

Grand Prix
A huge banner displaying in the lobby of TV Asahi that puts Grand Prix titles on the air this year
I took the photo last month when I visit there.
今期(NHK杯を除く)グランプリシリーズを放送するテレビ朝日の本社ロビーに掲げられた巨大バナー
先月ちょっと立寄った際に写しました。


The ISU Grand Prix has started, and the three events out of six were already held (Skate America from October 21 - 23, Skate Canada from October 28 - 30, and Cup of China November 4 - 6). Though most skaters didn’t perform at one's best because of the early stage, there were exciting pointers to the future figure skating scene.
ISUグランプリシリーズが始まり、6タイトル中既に3つの大会が終了しました(アメリカ大会10月21~23日、カナダ大会10月28~30日、中国大会11月4~6日)。シーズン序盤ということもあり、多くのスケーターはまだ本調子ではなかったようですが、いくつか今後スケートを見るにあたって楽しみなことを見つけました。

First of all, Russian whiz girls, Elizaveta Tuktamisheva (won first place in Canada) and Adelina Sotnikova (won bronze medal in China) showed up at the senior competitions. Personally, I hope them will raise the level of technical and artistic aspects of female skaters in general. After the barren discussions of “jumps or overall completeness” few years ago, Olympic year, now many male skaters perform quadruple jumps and its combinations in sharp contrast to the dark ages, and some challenge quad salchow, flip and Loop. Men’s singles is coming to life again as a sport.
まず、ロシアの天才少女、トゥクタムィシェワ(カナダ大会優勝)とソトニコワ(中国大会3位)がとうとうシニア競技会に登場しました。個人的には、彼女達が女子シングル一般の技術・表現両面を引き上げてくれることを期待しています。何年か前の「ジャンプか完成度か」という不毛な議論の後、今では多くの男子選手が4回転ジャンプ、コンビネーションを飛んでいます(飛べて当たり前という感じ)。4回転サルコウ、フリップ、ループに挑んでいる選手もいます 。男子シングルはスポーツとして息を吹き返しつつあると思います。

However, in women’s single, the technique of jumps stands still in the last decade (except Mao Asada, of course). Tuktamisheva can land triple axel during practices, so I hope I can watch it in a competition in near future. It's a piece of cake for Sotnikova to perform a combination of triple lutz and triple loop. Both of them turn 16 this year. I want they give a great stimulus to other female skaters and the young. Wouldn't it be nice if their level will become the standard? I think Mao has been engaged on the improvement of her skating skills because she looks ahead to the future like that.
ところが、女子のジャンプ技術はこの10年何も変わっていないようです(もちろん真央ちゃんは例外ですが)。トゥクタムィシェワ(ロシア語の発音に近い表記なのだそうです。タクタミシェワくらいで勘弁してもらいたいものです)は練習ではトリプルアクセルを飛んでいるそうですから、近い将来是非試合でもやって欲しいですね。ソトニコワは3ルッツ+3ループのコンビネーションを軽々と飛んできます。2人とも今年16歳。彼女達が現役選手や後進に良い刺激を与えることを願います。彼女達レベルのジャンプが「当たり前」になったら良いな、と思いませんか?真央ちゃんはそんな時代を見越しているからこそ、ジャンプ矯正を含めたスキルアップに取り組んでいるのだと思います。

Secondly, we can enjoy a showdown between Yuzuru Hanyu (16) and Artur Gachinski (18) for next 6 or 7 years, at least. They are fierce rivals from junior. In 2009 - 2010 season, while Hanyu won first place in Junior Grand Prix Final, Gachinski finished in 6th place. In the same season, while Hanyu got a gold medal in World Junior Figure Skating Championships, Gachinski got a bronze one. In last season, while Gachinski got a bronze medal, which was worth a lot, in World Figure Skating Championships (not in Junior’s), Hanyu couldn’t so much as make an entry to the competition. Well, Japan had 3 seats, but it was difficult to beat top Japanese male skaters.
もう1つの楽しみは、16歳の羽生君と18歳のガチンスキー君の対戦を少なくとも今後6~7年楽しめそうなこと。彼等はジュニア時代からのライバル。2009 – 2010年のシーズンは、羽生君がジュニアグランプリファイナルで1位、ガチンスキー君は6位。同じシーズンのジュニア世界選手権では、羽生君が1位、ガチンスキー君は3位。ところが先シーズは、ガチンスキー君がシニアの世界選手権3位に輝きます。対する羽生君は同大会に出場すらできませんでした。日本男子は3名まで出場できたのですが、国内選考で落とされてしまいました。何しろ高橋、小塚、織田というトップスケーターが日本には揃っていますから。

In Cup of China held last weekend, after SP, Hanyu (81.37) was in second place, only 0.27 points behind Gachinski (81.64). If one of them had got first place in the competition, it would have been either one’s first senior Grand Prix victory. Understandably, they would have got motivated strongly to knockout the rival and got a gold medal.
今回の中国大会では、ショートプログラムを終えて羽生君は0.27点の僅差でガチンスキー君を追う2位でした。1位になれば、どちらにとってもシニアの競技会初優勝。いやがおうでも力が入るというものです。

Hanyu’s FP in this season is “Romeo and Juliet”. Getting fired up, Hanyu, a young racehorse, completely leave Juliet behind, ran out the first half of program and went under before reaching the final turn. After the Hanyu’s self-defeat, young Gachinski also blew up. Hanyu and Gachinski ended up in forth and fifth places.
羽生君の今期のフリープログラムは「ロミオとジュリエット」。気合が入りまくった若い駿馬といった感じの羽生君は、ジュリエットを置き去りにプログラム前半を全力疾走して、最終コーナーのはるか手前で力尽きてしまいました。その自滅っぷりを見たガチンスキー君も同じく自滅。結局、それぞれ4位と5位に終わりました(そしてベテランにメダルが転がり込んだわけですね)。

They will appear in Cup of Russia that will be hold from November 25. I’m looking forward to what will happen.
彼等は今月25日から始まるロシア大会にも揃って登場します。今度はどうなるか楽しみですね。

By the way, NHK Trophy will be held in Sapporo this weekend (11 - 13 Nov.). We’ll finally watch this season’s Mao. Her SP is “Scheherazade”, and FP is “Liebestraume by Franz Liszt” again. She has two programs for exhibition: “I Vow to Thee, My Country by libera (Jupiter)” and “Waltz in C-sharp minor, Op. 64, No. 2 by Frederic Chopin”.
そうそう、NHK杯が今週末開催されます。ようやく今シーズンの真央ちゃんを見られます。彼女の今期のショートプログラムは「シェヘラザード」、フリープログラムは昨シーズンと同じく「愛の夢」です(完成版が楽しみ)。エキジビション用には「誓い~ジュピター~」と「ワルツ第7番 嬰ハ短調作品64-22」という2つのプログラムが用意されています。

Jupiter is a special program for Mao and us. Mao offers prayers for the disaster victims and afflicted areas, and her performance surely strikes right at the heart of every one of us. Watching the video below, I found her expressive power is going to new heights. It extends beyond the limits of so-called expression in figure skating. I felt as if Mao brings us something form above. She’s just a celestial being when on the ice.
そのうち「誓い~ジュピター~」は、被災者や被災地に思いを込めた真央ちゃんにとっても、私達にとっても特別なものです。そして、彼女の演技は見る人の心に響きます。今年の夏にアイスショーで撮影された下のビデオを見て、つくづく思ったのですが、真央ちゃんの表現力は新たな高みに達していますね。まるで、彼女が天から私達に何かを運んで来るような感じがします。氷の上にいる彼女はとても神々しい。



I Vow to Thee, My Country by libera (Jupiter)
※フィギュアスケートに興味がなくても、この真央ちゃんは必見だと思います。

Posted by Kinakinw | 02:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

05 2011

The Trusting Relationship beyond Species

This post focuses on the videos of a cat and a boy that I found during late-night YouTube surfing the other day. For me, they were very impressive because I faced experiences similar to the boy in my early childhood.
今回は、とある猫と子供のビデオを紹介したいと思います。先日夜中にYouTubeサーフィンをしていた時にこのビデオを見て、心を動かされてしまいました。なぜかというと、私も小さい頃にこの子供と同じ経験をしているからなのです。

I hope people only who are interested in the video and my story would read the rest of the post.
今回は、猫と子供のビデオと、Kinakinwの子供時代に興味を持った方だけ読んでもらえればと思います。

I adequately explain about them in the videos to you.
The boy named Ryouga was born in June 2006. He is growing with the cat named Mao (♂) that was born in December 2004. They understand each other as brothers. The mother whose handle is maonooya took them and posted a lot of videos on YouTube.
まずビデオの説明をしますね。
この男の子は2006年6月生まれのリョウガ君。彼は2004年10月生まれの飼い猫のまおちゃん(♂)と一緒に育っています。彼等は互いに兄弟のような存在。ビデオを撮影し、YouTubeに投稿しているのはお母さんのmaonooyaさんです。

1st one: The big brother Mao shares a bed with Ryouga when he was a baby. (It’s enough to watch it for 30 seconds or so.)
一本目:お兄ちゃんのまおちゃんがリョウガ君と添い寝をしています。(30秒位見れば十分かも)


Including this, the videos maonooya upped show Mao is incredibly smart cat with infinite patience. In the videos, Mao always considers the baby, and the boy placs confidence in it.
このビデオもそうですが、maonooyaさんがアップしているビデオを見ると、まおちゃんはとても包容力のある賢い猫だとわかります。まおちゃんはいつでも赤ちゃんを気遣い、赤ちゃんは猫を信頼しています。

2nd one: Ryouga and Mao watching bards in TV when he was a toddler. (I do want you to watch the whole thing.)
二本目:リョウガ君とまおちゃんがテレビに映る鳥を見ています。(これは是非最後までどうぞ)


Well, what can I say for sure is that they have the trusting relationship beyond species.
何と言うか、確実なのは彼等は種を超えて信頼関係を築いているということですね。

When I was born, my family had a black female cat named Chiko. I don’t remember the cat because she died before I reached the age of 5. However, my mother often told me about those days. Chiko offered to baby-sit for me, too. She always shared a bed with me on the second floor, and she went get my mother on downstairs when I got fussy and started to cry. She was just like Mao who patiently played with me.
私が生まれた頃、家にはチコという雌の黒猫がいました。その猫は私が5歳になる前には亡くなってしまったので、私自身はあまり記憶にないのですが、母親がその頃のことをよく話してくれました。チコもまた、私の子守をしてくれたそうです。いつも2階の部屋で私と添い寝をしていて、私がぐずったり泣いたりすると1階にいる母親を呼びに来たらしいですね。チコもまた、まおちゃんのように寛容に私と遊んでくれていたそうです。

3rd one: It’s the icing on the cake. The family adopted a kitty this summer, and Ryouga becomes a big brother. In the end of video, he says, “Mao said to me who’s that cat?”
三本目:これはおまけ。このファミリーは今年の夏に子猫を向かえ、リョウガ君はお兄ちゃんになりました。このビデオの終わりにリョウガ君は、「まおちゃんがさっき“あの猫何?”って言ったよね」と言っています。


I wonder if I could communicate with Chiko as they do.
私もチコとこんな風に意思疎通できていたのでしょうか。

living with cats

For me, living with cats is only natural.
猫と暮らすことは私にとってごく自然なことなのです。

Posted by Kinakinw | 00:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

02 2011

The Encounter with Wool

itonomari1

A fabric artist, iTONOMARi, held her private exhibition for 6 days in late October.
羊毛作家、 iTONOMARiこと竹崎万梨子さんが先月末に6日間展示会を行っていました。

I wore about the artist Mariko Takesaki last year (the previous post).
She has been working for many years as a product coordinator in the high-fashion industry. For several years, her work has centered on the creative activity.
All items are manually produced. Takesaki washes and dyes raw wool of rare original sheep imported from England and so on, then spins a yarn and weaves shawls.
彼女のことは以前にも書きました(記事
竹崎さんは、長らくアパレル業界のコーディネーターとして仕事をしていますが、ここ数年は彼女自身の創作活動に軸足を移しています。
彼女の作るストールは、希少な原種の羊から刈った輸入羊毛を彼女自身で洗い、染め、紡いだ糸で織られています。

itonomari2

itonomari3 itonomari4

Her works’ attractions are not only made by hand, scarcity and high quality but also textile designs in excellent taste, which are come from her taste. I find none of the uncontrolled naiveness one might expect from a fabric made by avocational wavers.
その作品の魅力は、手作り、希少、高品質ということだけでなく、優れたデザインにもあります。それはご本人の優れた感覚やテイストから来るものなのでしょうね。趣味の手織り作品によく見受けられる不用意の素朴さ(それはそれで良いものですが)、という要素は彼女のストールには全くありません。

I visited the exhibition on the 3rd day, and all shawls got sold out. I realized people who are aware of the value of her works hunger for them.
私は展示会3日目に訪れましたが、既に完売でした。彼女の作品の価値を分かっている人は、この展示会を待ち望んでいたのですね。

That was too bad, but I approved because I prefer many of her works go to someone who come across her work for the first time. I can order one of items later. However, many visitors who couldn’t get one would have ordered one, so it's going to be some time before I get it.
残念でしたが、なるべくなら少しでも多くの作品が、この展示会で初めてそれらを目にした人の手に渡って欲しいと思うので良しとしましょう。私はまた改めてオーダーします。でも、買い損ねた来場者の方々も注文しているでしょうから、手に入れるのにちょっと時間がかかりそうです。

I’ll inform in advance about next her exhibition, so come and see for yourself if you are interested in her works.
次回、彼女が展示会をする時は事前にお知らせしますので、興味のある方は是非足を運んで欲しいです。

itonomari5

itonomari6

Posted by Kinakinw | 20:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。