Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

31 2011

Boys, be Ambitious!

From Monday to Tuesday, I participated in a workshop held at Hokkaido University (one of the national universities of Japan) in Sapporo (the capital of Hokkaido Prefecture).
月曜から火曜まで、北海道大学で行われた勉強会に参加していました。

I took this Pokemon-jet to Sapporo. The joke like this made me feel myself letting go of tension in a good sense.
ポケモンジェットで札幌へ。この手の飛行機に乗ると、良い意味で力が抜けます。

Sapporo1
I think All Nippon Airways should use this airplane featuring Pokemon, which our country is proud of, for an international flight.
全日空は、わが国が誇るポケモンを描いたこの飛行機を国際線でも飛ばすべきだと思います(笑)。


Its campus, with an area of 1,770,000 square meters (about 437.4 acres), located in the center of the city (on the north side of Sapporo Station), and the land area consists of not only university facilities but also tourist spots.
177万㎡もある北大札幌キャンパスは市の中心部(札幌駅北側)にあり、その敷地内には大学施設だけでなく有名な観光スポットも多くあります。

Sapporo2
The Statue of William Smith Clark (1826 – 1886), a professor of chemistry, botany and zoology, and also a founder and first president of the Massachusetts Agricultural College
クラーク博士像
(残念ながら、右手を挙げているあの銅像は羊ヶ丘展望台のもの。こちらの方はちょっと地味)


In 1876, Clark was invited by the government of Japan to establish the Sapporo Agricultural College, now Hokkaido University. Although it's not known if he was a person of integrity, as legend goes, and said, “Boys, be ambitious!”, he was one of the most famous American in twentieth-century Japan.
一般に伝承されているように、クラーク博士が人格者だったのか、「少年よ大志を抱け」と言ったのかは定かではありませんが、20世紀の日本において最も有名なアメリカ人の一人であったことは確かです。

Sapporo5
The Strand of Poplar Trees
ご存知、ポプラ並木


Sapporo3 Sapporo4
Historic buildings are scattered over the large area.
広大な敷地には、他にも歴史的建造物が点在しています。


I visited the university few years ago, but I was in the different area of the campus, so this was first time for me to looking at these famous spots.
何年か前に北大に来たのですが、これらの観光スポットは見ませんでした(その時いた場所からは、クラーク像もポプラ並木も地下鉄1~2駅分離れているのです。広いです北大)。


Sapporo6
The building known as Sapporo Clock Tower
ご存知、札幌市時計台(旧札幌農学校演武)


The tower is located in the downtown Sapporo now (on the sough side of Sapporo Station). I mean it was originally built for Sapporo Agricultural College in 1878 and was inside the campus at that time. Well, in 19th century, the university’s premises were far larger….
札幌駅南側のビジネス街にある時計台ですが、元々は札幌農学校(現在の北海道大学)の建物。つまり、このあたりも学校の敷地だったと言うことですね。どんだけ広かったのでしょう・・・。

Well, I didn’t have much free time because I was confined in the school building for a study session in the daytime and brought out for a drinking session after sun went down. But, I tried to feel like a tourist in one of those gaps-between-sessions!
昼は勉強会で大学に缶詰、夜は宴会に連れ出され、あまり自由時間がなかったのですが、それでも各会の間隙をぬって、観光気分を味わって来ました!

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 18:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

26 2011

Summer’s Almost Gone

Summer’s Almost Gone
One day, even long before, in a southern island
ずい分前に、とある南の島で


There is a nip of fall in the air in Tokyo, while I'm running around.
忙しくしている間に、東京にはもう秋の気配が漂っています。

Posted by Kinakinw | 23:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

21 2011

Annual BBQ

I enjoyed backyard barbecue at my friend’s home on Saturday evening.
昨日の土曜は、友人宅のバーベキューパーティーに行ってきました。

BBQ1
After the BBQ, we did fireworks with children.
I pick up this photo because the flash diffusely reflected due to smoke of fireworks, so the faces are difficult to recognize.
バーベキューの後は子供達と花火。
フラッシュが花火の煙に乱反射しているのですが、顔が分かりにくくかえって良いと思いこの写真を選びました。


The members are a married couple of American man & Japanese woman and their children (the host), an unmarried couple of American man & Japanese woman, an Austrian man, two Japanese women (including me), and a Japanese woman and her children, half Japanese and half Sudanese. The Sudanese husband was absent because he found a job in Dubai and now lives there. The mother and children are going to go to live in Dubai in near future.

集まったメンバーは、2人の子供がいるアメリカ人の旦那さんと日本人の奥さん(友人)のカップル、結婚していないアメリカ人男性と日本人女性のカップル、オーストラリア人男性、単身参加の日本人女性2人(このうちひとりが私)、スーダン人ハーフの子供を連れた日本人女性。スーダン人の旦那様はドバイで仕事を見つけてあちらに住んでいるので欠席。彼女と子供も近々ドバイに移り住むそうです。

It was an international gathering.
国際色豊かでした。

I attend the family’s BBQ every year, and except one Japanese woman, I met attendees for the first time. While the men concentrated in baking meat in the backyard, the women were busy for chatting inside the house. I don’t know why, but the women who have a partner told each other their life story including marriage, children’s education, and agonies or joys of life. (I think don’t have to mention that I was a listener.) Some problems are getting fixed, and the other deep problems still remain.
I realized that life has its ups and downs and such is life.
友人宅でのバーベキューパーティーにはよく参加しているのですが、この日のゲストのほとんどとは初対面でした。男性は裏庭でひたすら肉を焼き、女性陣は家の中でおしゃべりをしていました。なぜか話題は、結婚、子供の教育、生活の悩みや楽しみ等の身の上話でした(当然私は聞き役に徹していました)。解決しつつある問題もあれば、いやはやまだまだ大変そうな問題もあり。
本当に人生にはいろいろあるんだな、と思いました。

Anyway, American men really love BBQ. The BBQ grill was their sanctuary.
それにしても、アメリカ人男子はバーベキューが好きですね。バーベキューグリルは彼等の聖域でした(笑)。

BBQ2 BBQ3
I made “Chirashi-susi” for the party.
私はカリフォルニア風ちらし寿司を作って持って行きました。

Posted by Kinakinw | 23:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

16 2011

The End of Route 66

Before leaving the States, we stayed overnight at a hotel in Santa Monica.
帰国する前に、サンタモニカで一泊しました。

Santa Monica1

I once stayed there when I went to Los Cabos years ago. At that time, a hurricane hit Baja California the day of my fright from LAX to Cabo San Lucas, and I was held up over LA for a day. I preferred one of Beach Cities for that I didn’t like downtown LA, decided to head to Santa Monica, and liked it.
以前、ロスカボスに行く際に、サンタモニカに泊まったことがあります。その時は、ロスからカボサンルーカスに向かうフライト当日にハリケーンがカリフォルニア半島を通過していて、ロスで一日足止めされてしまいました。ロスのダウンタウンが嫌いな私は、ビーチシティの中からサンタモニカを選んで滞在し、とても気に入ったのです。

Santa Monica2

Santa Monica3 Santa Monica4
Third St with many shops and restaurants was lively but peaceful.
ブティックやレストランが立ち並ぶ3rd streetは活気がありながら平和な感じです。


Santa Monica5
Placement of kittens
I hoped all of them find a nice home.
子猫の里親募集
みんな良いお家が見つかりますように。


I reserved a cabana table at Whist at the Viceroy, a red-hot restaurant in Santa Monica, in advance.
この日は、サンタモニカの人気レストラン、Whistのカバナテーブルを前もって予約していました。

Santa Monica6 Santa Monica7

I stirred myself, got up early next morning and walked Santa Monica Pier with my friends.
次の朝は気合を入れて早起きし、友人とサンタモニカ・ピアを散歩しました。

Santa Monica8

Santa Monica9

I found the memorial board in the photo, and I realized it was the end of Route 66.
Route 66の記念掲示板を見つけて、ああ、ここが終着地点なのだと思い出しました。

Santa Monica10
Bob Waldmire is the most prolific and best-known artist specializing in Route 66-themed work.
Route 66, one of the most famous roads in America, originally ran from Chicago, Illinois, through Missouri, Kansas, Oklahoma, Texas, New Mexico, Arizona, and California, before ending at Los Angeles.
アメリカで最も有名なルートの1つ、Route 66は、かつてイリノイ州シカゴからミズーリ、カンサス、オクラホマ、テキサス、ニューメキシコ、アリゾナを通り、ロサンゼルス(サンタモニカはロサンゼルス郡に属します)まで延びていました。この記念掲示板はRoute 66をテーマにした作品で有名なBob Waldmireさんに因んだものらしいです。


All my knowledge of Route 66 is the jazz standard number containing many cites and states between Chicago and Los Angels in the lyrics, but I know the atmosphere of a part of it because I went on a road trip from Albuquerque, New Mexico to Phoenix, Arizona years ago. Stopped at Santa Fe, Grand Canyon and many population centers of Native American, my friend and I drove more than 2,000km (1242 miles).
Route 66と言えば、私の知識はシカゴからロスまでの様々な町や州の名前が登場する同名のジャズのスタンダードナンバー位なのですが、その道沿いの一部の雰囲気はわかります。以前、ニューメキシコ州のアルバカーキから、アリゾナ州のフェニックスまで車で旅をしたことがあるのです。サンタフェやグランドキャニオン、ネイティブアメリカンの居留区などに足を伸ばし、友人と二人で2,000キロ以上走りました。

Looking at the Pacific Ocean, I imagined Midwestern United States along the Mother Road, I’ve never been to, at the end of the trip.
太平洋を眺めながら、まだ行ったことのないアメリカ中西部に思いをはせる、そんな旅の終わりでした。

Santa Monica11

Posted by Kinakinw | 12:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

12 2011

Rambling Photo Exhibition of Las Vegas

Although I’m found of these photos, I cannot write an organized entry with them. So, I’m going to display them with captions in this entry, which is the last one about Las Vegas.
結構気に入った写真なのですが(決して出来が良いわけではありません)、これらを使ってまとまった記事を書くあてもないので、ラスベガスに関しては最後のこのエントリーでは、タイトルをつけて写真を雑然と並べてみようと思います。

LV1
Viva Las Vegas!

LV2
"Elvis" in Las Vegas, Mr. Trent Carlini
現代のエルビス

LV3
Mr. Limousine Driver
リムジンは運転手のおっちゃんも決まってます。

LV4
Dear Ggamblaholics*
* These are slot machines at McCarran. Basically, you can't take pictures in casinos.
このギャンブル中毒の皆様がやっているのは、マッカラン空港にあるスロットマシーンです。基本的にカジノ内は撮影禁止です。

LV5

LV6
The Top of the World
This restaurant is on the 106th floor of the Stratosphere Casino, Hotel & Tower, which is located more than 844 feet (257m) above the Las Vegas Strip. We had a memorable dinner there, where you can enjoy beautiful night views of the city.
このレストランは、ストラストフィアタワーの106階、地上257m、ストリップを見下ろす位置にあります。この夜景の綺麗なレストランで記念の食事をしました。

LV7

LV8

LV9
Thrill Rides at the Top of the Stratosphere Tower
These rides extend toward the outside of the tower. Literally, they are thrilling.
ストラストフィアタワーの最上階には、絶叫マシーンがあります。これら2種類の乗り物はタワーからせり出すように作られていて、笑ってしまうくらいスリリングです。

LV10
Fancy meeting you here, Pikachu
ここでお会いするとは…

LV11
From Four Corner
フォーコーナにて(敢えて地味な方向を)

LV12
The Revelation
No one knows if it will work out well or not.
天使のラッパは吉相か凶相か

LV13

I would come back again!
また必ず行きますよ!

Posted by Kinakinw | 23:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

10 2011

Hotel Stay in Las Vegas

Our party of six stayed at a budget hotel with the common touch near Four Corner for three nights (it’s situated in a good location!). During our stay, we ran the streets every day and only returned for sleep.
最初の3日、我々一行6人はフォーコーナー近くの庶民的なエコノミーホテルに泊まり(立地が抜群に良いのですよ!)、滞在中は殆ど外出していて寝に帰るだけでした。

Encore1

After that, while three people left Las Vegas and went to San Francisco, the other three including me moved into Encore at Wynn that’s as sophisticated and intimate as its predecessor, Wynn Las Vegas. Then, our days were transformed from a life of a commoner into that of luxury.
その後、3人はラスベガスを離れファンフランシスコに行き、私を含めた残り3人はEncore at Wynn(アンコール・アット・ウィン)に引っ越し。EncoreはWynnの姉妹ホテル。Wynnと同じ様に(いやそれ以上に)洗練され、落ち着いたホテルです。そこで私達は、庶民暮らし(個人的には雑然とした大衆カジノホテルも好きです)に終止符を打ち、一気に優雅な暮らしをすることになりました。

Encore2

Encore3

Encore4 Encore5
It had interior designs based on the modern style with an emphasis on the color red, and butterfly and flower motif, which create an aura of warmth.
モダンをベースにしたインテリア。印象的な赤、蝶や花のモチーフを用いて暖かさを感じさせる内装でした。


We asked a room with a view of the central area of Strip and had the room E6340.
ストリップ中心部に面した部屋をリクエストし、このE6340(最上階!)にしてもらいました。

Encore6 Encore7

Encore8
Deluxe Resort Room with Two Queen Beds
There is a spacious living area on the near side of the beds though the photo doesn’t show that.
ツイン仕様のDeluxe Resort Room
写真には写っていませんが、この手前に広いリビングスペースがあります。


Encore9 Encore10
A spacious bathroom (about 18~20㎡) certainly pleases women. I’m sure I can live in this space.
女性に嬉しい広いバスルーム(20㎡近くあるでしょうか)。多分私はこの空間だけで、充分生活できますね(笑)。


Encore11 Encore12
The items on the tray and in the fridge that are removed more than 60 seconds would be charged to our account. I called attention to my friend who tried to pick up one without reading that note: the bottle of water would cost us more than $10.
冷蔵庫の中身やこれらのグッズは全て有料。手に取って1分すると自動的に課金されるシステム。注意書きを読まずに手を伸ばした友人を速攻注意しました。水1本10ドル以上するのです。


This room was least expensive of all. Because we had one at the top floor, we made the most cost-effective investment.
この部屋が最も下のカテゴリーです。最上階ということもあり、最小の投資で最大の効果を得たといったところでしょうか。

Encore13
The View from Our Room on the 63rd Floor
The sister hotel, Wynn, that was located at the same site of Encore. The two buildings were connected to each other via passages.
部屋からの眺め
同じ敷地にある姉妹ホテル、Wynnのビルが見えます。2つのホテルは通路でつながっています。


In sharp contrast to staying at the former hotel, we went out of the site (Encore and Wynn) minimally: relaxing in the room, enjoying the show that was taking place in Wynn, having dinner at Encore or Wynn, and cooling down in a pool.
前のホテルの時と打って変わって、滞在中ほとんど敷地外には出ず、部屋でくつろいだり、Wynnでやっているショーを見たり、どちらかのホテルで食事をしたり、プールで涼んだりして過ごしていました。

Encore14 Encore15
We saw the popular aquatic show, Le Rêve at Wynn Theater, which features stunning visuals and amazing acrobatics.
水を使った印象的なアクロバットショー、Le Rêveを観ました。美しかった。オススメです。


Encore16 Encore17
One of the casual restaurants in the hotels, which was good place to have light dinner.
2つのホテルの中ではカジュアルなレストラン(Red8、中華)の1つ。軽い夕食にはぴったりでした。


Encore18

Encore19 Encore20
Wynn has an open feeling and lively atmosphere. Its taste the interiors are a little different from Encore’s.
Encoreとは異なり、開放的で賑やかな雰囲気のWynn。インテリアもちょっと違います。


Encore21

Encore22 Encore23

Encore24

Stylish Pool Area at Encore (only for the guests of the hotels)
Renting the cabanas was above our room price, we, of course, didn’t rent it. Wynn also has own pool area.
おしゃれなEncoreのゲスト専用プール
カバナ(プールサイドに立ち並ぶ小部屋)のレンタル料は、私達の部屋代より高い。当然私達は借りませんでしたが。


I think the hotel is perfect for repeaters of Las Vegas who don’t need sightseeing tour.
Stay there at least 3 nights and enjoy facilities designed to refresh its guests.
I’m going to choose Encore again when I go to that town.
このホテルは、あちこち観光に行かないリピーターにぴったりだと思います。
最低3泊はして、ゲストをリラックスさせてくれるホテルの諸施設を楽しみましょう。(そこらのリゾートより、しっかりリゾートホテルしています)
次に行く時も、是非泊まりたいです。

Encore25

Posted by Kinakinw | 15:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

06 2011

The Other Sower, a Host of Others

I didn’t have much time for sightseeing in Boston, but I went to Museum of Fine Arts, Boston, which was the highlight of the town for me.
ボストンでは観光する時間はあまりなかったのですが、私にとってこの街の目玉であるボストン美術館には行きました。

Museum of Fine Arts, Boston1

After the extension work, the museum becomes extensive than ever before. So, even though I’d decided I wanted to look at, I wondered where to start.
大規模な増築・改修工事を終えて、ここは以前にもまして巨大な美術館になっています。見たいものは決まっていたのですが、どこから回れば良いのか、しばし途方に暮れてしまいました。

What I was looking for were the other The Sower (Millet, 1850), La Japonaise (Monet, 1875) and Japanese arts crossing the sea including Ukiyo-e prints by Hokusai.
お目当ては、ミレーの種まく人、モネのラ・ジャポネーズ、そして北斎の浮世絵など海を渡った日本の作品です。

I saw The Sower in Yamanashi last February (see the post “Barbizon, Yamanashi 2011.2.11”). Millet made two Sowers and sent one of them to an exhibition. Now, one is in Yamanashi, Japan, and the other is in Boston. Unlike the one in the small local museum under the theme of Millet and Barbizon school, the other was almost lost among huge quantities of art works. I couldn’t feel like appreciating it at ease because of people bustled everywhere in the room. If I were the sower, I preferred Yamanashi as one’s last place.
今年の2月、山梨で種まく人を見ました(2月11日の記事、“Barbizon, Yamanashi”をよろしければご参照下さい)。ミレーはこの時期、2枚の種まく人を描いていて、そのうちの一枚をサロンに出品したそうです。現在、一枚は山梨県立美術館にあり、もう一枚がこのボストン美術館にあります。ミレーとバルビゾン派をテーマにした山梨の小さな地方美術館にある同作品と違って、この種まく人は膨大な作品の中にひっそり埋もれていました。正直に言うと、部屋を慌しく歩き回る人々のため、ゆっくり鑑賞できず・・・。もし私が種まく人なら、終の棲家は山梨の方が良いな、なんて思いました。

Museum of Fine Arts, Boston2

Museum of Fine Arts, Boston3
The Sower in Boston was one of others among paintings of Barbizon school.
ここでは、この作品はバルビゾン派の中にあってもその他大勢の1つ。


I couldn’t find La Japonaise where it should be, so I went to a visitor center and asked where it was. I looked at it when I visited the museum last time. I didn’t know about it, but I was deeply impressed with that Japonism painting. I’m a complete amateur: I’ve never studied arts or worked in a job that has a lot to do with “Art”. For me, it’s a pleasure to feel a passion and motive of the painter for creation from works. La Japaneis was one of those works that convey the painter’s feelings and thoughts.
モネのラ・ジャポネーズはあるべき場所に見あたらなかったので、ビジターセンターに行って聞いてみました。前回ここで見ているので、あるはずなのです。その絵画の事は知りませんでしたが、一目で夢中になったものです。美術の勉強はしたこともないし、「アート」にかかわる仕事もしていない、全くの素人ですが、作品を通じて作家の情熱や創作の動機を感じるのはとても楽しいことです。その絵画は、そんな作家の思いが伝わる作品です。

Museum of Fine Arts, Boston4
It should be around here somewhere….
このあたりにあるはず、なんですが…。


Unfortunately, it wasn’t shown at that time because the museum is constructing new exhibit spaces and it’ll be shown there. I was disappointed, but I tried to change the mood: the painting might want me to come back. Well, I think the idea that expanding exhibit spaces any more isn’t a good idea. It's already too larger to walk around and reach a room one wants to go to.
残念ながら、現在新しい展示スペースを作っていて、ラ・ジャポネーズはそこに飾られるため現在公開されていないそうです。がっかり。とてもがっかり。でも、ラ・ジャポネーズに「また来い」と言われているのだ、と気を取り直しました。それにしても、これ以上展示スペースを広げるのは得策じゃないと思うのですが。今でも広すぎて見て回るのが辛いのに。

Anyway, I looked at must-see paintings.
とにかく、見るべきものはしっかり見ました。

Museum of Fine Arts, Boston8

Museum of Fine Arts, Boston5

Museum of Fine Arts, Boston6 Museum of Fine Arts, Boston7

Museum of Fine Arts, Boston9 Museum of Fine Arts, Boston10

All in all, the selection of paintings reveals myself as Japanese.
つくづく、日本人丸出しのセレクションですね(笑)。

After the Europe sections, I went on the whirlwind visits to Asia ones. As you might expect, the museum that Tenshin Okakura (岡倉天心) once belonged to has beautiful collections of tea-things (I couldn’t take a photo due to poor illumination of that room), noh costumes and masks, and Buddhist arts. I was happy because I didn’t have time to look at them last time.
ヨーロッパ美術のセクションの後、アジアセクションをざっと見てきました。さすが岡倉天心が所属した美術館。茶道具(部屋が暗すぎで写真は断念)、能衣装や面、仏教美術は充実していました。前回は寄れなかったので、見られて良かった。

Museum of Fine Arts, Boston11

Museum of Fine Arts, Boston13 Museum of Fine Arts, Boston12

However, I couldn’t find Ukiyo-e prints except ones in the photo above. By that time, I was too exhausted to revisit the visitor center, so I simply gave up finding them. Someone who went to the museum and walked through all spaces (!!) the day before I visited it said he also couldn’t find Ukiyo-e. Maybe, the collection was in Japan for some exhibitions?? Anyway, it's preferable to consult spaces of work you want to look at when you go there.
でも、浮世絵は上記写真に写っている作品しかありませんでした。この時点で疲れきっていて、ビジターセンターにもう一度行く気になれなかった(遠いのです。広すぎるのです、ここは)ので、探すのはあきらめました。私が訪れる前日にボストン美術館に行き、全セクションを見た(すごい!)人も、浮世絵は殆ど見かけなかったと言っていました。もしかして、浮世絵コレクションは日本で巡回展示されていたりして・・・なんて思ってしまいました。いずれにしても、ここを訪れる時は展示場所など事前のリサーチが大切なのですね。

Museum of Fine Arts, Bosto14
There is sunny restaurant in the new building in the former courtyard.
旧中庭に増築された建物にある明るいレストラン。(昼はめちゃめちゃ混みます)


Personally, I prefer to spent time in a small and middle-sized museum or one under a certain theme because there is a limit to concentrate on viewing arts. Viewing a motley gathering of arts in a day makes me feel exhausted. I even couldn’t visit Tenshin-En Japanese Garden.
However, it’s a must-do experience in Boston.
個人的には、小~中規模の美術館やテーマがある美術館をのんびり見るのが好きです。美術品を集中して見るのにも限界があります。雑多で膨大な作品を一日で見るのはとても疲れます。天心園に行く気力も残っていませんでした。
でも、ここはボストンでは外せないスポットです。

Museum of Fine Arts, Boston15

Posted by Kinakinw | 11:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

03 2011

Burning Boston

I returned to Japan last Saturday and was busy every day doing this and that since then. Finally, I’m ready to update my blog.
先週の土曜に帰国して以来いろいろ忙しく、ようやくのブログアップです。

Boston1

Even though I heard that summer in Boston, the first stop, is hot and sticky, according to statistics, monthly mean maximum temperature in July is 28 °C (82 °F). So, getting out of the hellish climate of Japan, I expected a better one than that.
最初の滞在地ボストンは、夏はけっこう蒸し暑いとは聞いていましたが、資料によれば7月の平均最高気温は28℃。地獄のように暑い東京を抜け出して、ちょっとはましに過ごせるのだと期待していました。

However, during my stay, Boston got caught in a triple-digit heat wave. Day after arrival, I understood why a captain of a domestic flight said, “Boston is nicely hot”, which I thought it was loaded language, on landing.
しかし、残念ながら私の滞在中は、ボストンは37~8℃になる程の熱波に襲われていました。2日目には、着陸時に国内線の機長が、「ボストンは素晴らしく暑い」と含みのある表現でアナウンスした理由がわかりました。

Because I paid for all my own expenses in the travel, I stayed at a dormitory-style discount hotel without an air conditioner and exhausted myself due to the heat.
今回の旅は全て自費のため、エアコンなしの学生寮スタイルの格安ホテルに宿泊したので、暑さで体力を消耗してしまいました。

Boston2

Boston3 Boston4

Except for the problem of an air conditioner, the hotel was nice. The staff members are very friendly and kind. It was in one of the best neighborhoods in the heart of the town (location, location, location). Amazingly, the hotel room rate was $55 including breakfast! It was exceptionally low price in this most expensive city in the world.
エアコンの問題を除けば、とても良いホテルでした。スタッフはフレンドリーで親切。ダウンタウンでかつ環境の良い地域にあってロケーションは最高。部屋代は朝食付きで驚きの55ドル。物価の高いこの街では破格です。

Boston is called "America's Walking City". But, I’ve never enjoyed walking: the first time because of my friend who ran me about the town and because of the heat wave this time.
ボストンはアメリカで一番歩いて楽しい街と呼ばれていますが、残念ながらいまだに街歩きを楽しめていません。最初の訪問時は友人が車で街を案内してくれて、歩く機会なし。今回は熱波のため歩くどころではありませんでした。

Most of the handful walks were trips to restaurants.
数少ない街歩きは、食事場所への移動でした。

Boston5

Boston6 Boston7

I find a delight in eating Chinese in China town in every city. I went there twice, and I liked the Gourmet Dumpling House in the photo. This casual restaurant provided a very delicious American-Chinese taste, which also meets Japanese taste. The other one was OK. I felt the small China town in Boston is untouristy and has a laid-back atmosphere.
どこへ行っても、その街の中華街で食事をするのを楽しみにしています。今回は2度訪問し、写真の「南北風味」というレストランが大変気に入りました。日本人の口にも合う美味しいアメリカ風中華料理を出す庶民的な店です。もう一軒行った店は、まあまあ。ボストンの中華街は規模が小さく、観光地化されておらず、のんびりした雰囲気でした。

Boston8
The sushi restaurant where I had lunch.
It used brown rice with vinegar for all meals. I realized sushi is no longer ours, but it has been a world cuisine.
ランチを食べたおしゃれなすしレストラン
ここは全品に玄米のしゃりを使っていました。すしはもはや私達のものではなく、世界料理になったのだな、と改めて実感しました。


Boston9

Boston10 Boston11

My colleagues and I had dinner at a dessert café & restaurant, Finale. It was like Starbucks during daytime, but it became a chic restaurant at dinnertime. Except the entrée, the pizza and salad were also sweet (sweet balsamic sauce was used), but they were interestingly tasty. We were so full after eating the meals and skipped the dessert.
ボストンで有名なデザートカフェ&レストラン、Finaleで同僚と夕食を食べました。昼間はスタバのような雰囲気のカフェですが、夜はシックなレストランになります。メイン料理は別にして、ピザやサラダに甘いバルサミコソースが使われていて、デザートではないのに甘かった。でも不思議と美味しかったです。お腹がいっぱいになって、肝心のデザートは食べられませんでした。

I do want to visit the town again during spring or autumn next time.
次回は是非、春か秋に訪れたいものです。

Posted by Kinakinw | 23:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。