Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

28 2011

How do you hydrate yourself?

hydration

Japan is very humid and hot in summer.
日本の夏は湿度が高くて暑い。

Well, it’s still rainy season now. Summer hasn't arrived yet, but it is already hot. There were extremely hot days with temperatures exceeding 30 (86) degrees this month. It's getting hotter and hotter every year.
正確に言えば、まだ梅雨の最中で、夏はまだ来ていません。でも、もう既に暑いのです。今月、もう既に30度を越える日がありますね。日本は年々暑くなっています。

Maybe because my metabolism is fast, I sweat a lot, so effective replenishing water, salt and mineral lost by sweating is important to prevent heat stroke.
新陳代謝がいいからなのかとても汗をかきます。私にとっては、失われた水分、塩分、ミネラルを補給することは、熱中症予防のためにとても大切です。

Drinking water or tea isn’t the effective means of prevention any more, and during the hot summer months, isotonic drink has been essential for me for the last few years.
水やお茶を飲むのはもはや効果的ではありません。数年前から、このような暑さが続く夏場にはスポーツ飲料が手放せなくなりました。

However, the drink has a demerit: it contains a lot of sugar. Though some companies produce low-cal ones, but few shops sell them (why?). Until last year, I diluted regular isotonic drink with water, then drunk.
でも、スポーツ飲料には糖分が多いという欠点があります。ローカロリーの商品もいくつか発売されているのですが、なぜだかあまり売っていないのです。去年までは、普通のスポーツ飲料を水で薄めて飲んでいました。

From this year, I use concentrated one (sextuple strength).
今年からは、濃縮タイプのものを愛飲しています。

It isn’t a cool life to drink sloppy diluted sport drink day in, day out, for the functionality, but I never mind that. I feel the weather is life threatening.
機能性を求めて毎日毎日(薄めまくった)味気ないスポーツ飲料を飲んでいるのは、おしゃれな暮らしではないなぁとは思いますが、もうそんな事は言っていられません。この暑さには、命の危険を感じます。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 22:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

26 2011

Cats Street

catsstreet

I hardly ever buy an item featuring a cat.
However, people sometimes give me cat items because they know I love cats and keep one.
自分では、猫がついた商品を買うことはめったにありません。
それでも、猫好きでしかも猫を飼っていると知られているので、時々猫グッズを頂きます。

The box of chocolate in the photo is one of those presents my friend picked up for me. Fortunately or unfortunately, when she thinks of Kinakinw, she imagines cats.
このチョコレートもそういうプレゼントの1つです。これをくれた友人も、Kinakinwと言えば猫、と思ってしまうのでしょうか…。

Even so, I liked it. Kawaii!Kawaii, a Japanese adjective, means adorable, cute or pretty.
それでも、これは気に入りました。カワイイ!

Goncharoff, a confectionery company in Kobe, makes this chocolate named Cats Street. The company co-develops special chocolate for Valentine's Day with large department stores. This is one of the products with street cats theme. (The sales promotion of the Japanese confectionary industry was successful, and women giving chocolate to men has already become a Japanese custom on Valentine's Day.)
このチョコレートは、神戸のゴンチャロフというメーカーが、バレンタイン向けに大手百貨店と共同開発しているテーマチョコの1つで、「キャッツストリート」というシリーズだそうです。

Each cat has a name. According to a little leaflet in the box, a cat on blue background is Jack who is gentle and nicey-nice boy. A cat on light pink background is Catherine who is the darling of the town and Jack’s girlfriend. I don't know a thing about the musical "Cats", but I know it’s a Cats-inspired story.
それぞれの猫には名前もついています。箱に入っていた小さなリーフレットによれば、青い地のチョコに描かれているのは紳士的な優等生猫ジャック、薄いピンクのチョコは街のアイドルでジャックのガールフレンドのキャサリン。ミュージカル“キャッツ”については何1つ知りませんが、その辺りにインスパイアされたのだろうと推測します。

I got it more than three months ago, and it’s still in the fridge because it's too nice to eat. I know it wouldn’t taste better if I age it, though.
3ヶ月以上前に頂き、食べるのがもったいなくてまだ冷蔵庫に入っています。寝かせても美味しくなるわけではないのは良く分かっているのですが。

I think it's about time to eat Jack, Catherine, Charlie, Vivian, Brian, Bob and Kevin.
そろそろ、ジャックやキャサリン、チャーリーにビビアン、ブライアンやボブやケビン達を食べないといけませんね(笑)。

Posted by Kinakinw | 15:17 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

21 2011

Illusion Right Under Your Nose

Which do you think is the biggest ice cream container?
どのアイスクリームのカップが大きく見えますか?

illusion1

The left one appear larger than the others for me though they are the same in size.
私には左のカップが大きく見えます。もちろん全て大きさは同じですが。

This misperception is called visual illusion in psychological terms.
心理学では、このような誤認を錯視と呼びます。

According to a narrow definition, illusion is a misperception or misconception of a stimulus object, images, event, experience, or problem, or a stimulus that generates such a misperception or misconception. (Dictionary of Psychology, Oxford University Press)
狭義には、錯覚(錯視を含む)は、刺激となる物、画像、出来事、経験や課題の誤解や誤認を指す。もしくは、そのような誤解や誤認を引き起こす刺激のことを言う。(オックスフォード心理学辞典より)


illusion2
This is one of famous one called the Müller-Lyer illusion. The two straight lines is the same in length.
最も有名なものの1つ、ミュラー・リヤー錯視。もちろん2本の直線の長さは同じ。


Actually, we experience this kind of phenomena every day. One professor found “the container illusion” in the opening photo at a convenience store the other day, and he got excited and duplicated it yesterday.
実は私達はこのような錯覚を毎日のように体験しています。冒頭の写真の「容器の錯視」は、とある教授が先日コンビニで経験し、(発見したことを)喜んで昨日再現してくれたのです。

In general, it’s said that the illusion occurs due to information processing in our brain. However, despite a pile of studies about this well-known phenomenon by many researchers and scholars, it’s still not fully understood why the misperception occurs to humans.
一般的には、このような錯覚は我々の脳の情報処理によって起こるといわれています。しかし、長らく多くの学術的研究が行われてきたにもかかわらず、なぜ人間に錯視が起こるのか、まだ完全に解明されてはいません。

It is certain that man is a confusing being.
My mind jumps from the illusion to someone under an intolerably-bad illusion now. Unfortunately, we’re going through troubled times in the country under that person.
まぁ、人間は錯覚しがちな生き物であることは確かです。
アイスクリームの錯覚から、現在手がつけられない程酷い錯覚をしている誰かさんに思いを馳せました。残念ながら現在私達は、その人が居座る国で混沌とした時代を生きているのだな、と。

Posted by Kinakinw | 16:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

19 2011

Once Again, Hydrangeas

hydrangea

Tokyo is in the middle of rainy season.
I’ve been busy every day getting ready for an experiment. It’s currently my little fun to see hydrangeas blooming beautifully on street corners on the way to and back from laboratory.
東京は梅雨の真っ只中です。
ここのところ新しい実験準備のため、毎日忙しく過ごしています。目下のところ、研究室への行き帰りに街角に咲く紫陽花を眺めるのが唯一の楽しみ、という感じです

Hydrangeas blossom in all their beauty, and the following year they will bloom again, their lives continuing year by year. I’m deeply impressed with this kind of nature as I get older, and I'm glad to feel like that.
紫陽花は今年も綺麗に咲いていて、そして来年もまたちゃんと花を咲かせるのだ、と考えると感動してしまいます。年をとるにつれて、こういう自然の営みに感動するようになりますね。そのように自然を感じられるようになって、良かったと思います。

I couldn’t update a blog often recently. It's not to say that I don’t have time, but I don't feel so much like writing an organized article now. When I have free time, I watch a movie or surf websites in an absent-minded way.
ここのところ頻繁にブログを更新できなかったのですが、それは物理的に時間がないというよりも、まとまった文章を書く気分になれないからなのです。空いた時間は、ぼっと映画を見たり、ネットを見たりしてしまいます。

So, for a while, I’d like to try to post lighter entries, which is like photo blog, more frequently.
これからちょっとの間は、フォトブログのような軽い内容の記事をもう少し頻繁にアップしていこうかな、と思っています。よろしくお願いします。

Posted by Kinakinw | 22:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

12 2011

Ee-O-Eleven

I saw the movie, “Ocean's Eleven”, last night.
No, not that one, but the original one.
夕べ、オーシャンズ・イレブンを見ました。
あっ、違いますよ。あれではなく、オリジナルの方です。

ocean's1

The 1960 Oceans’s is directed by Lewis Milestone and starring members of Sinatra family: Frank Sinatra as Danny Ocean, Dean Martin as Sam Harmon, Sammy Davis, Jr. as Josh Howard, Peter Lawford as Jimmy Foster, and Joey Bishop as Mushy O'Connors. In the movie, the eleven boys, ex-World War II 82nd Airborne veterans, rob five different Las Vegas casinos on a single night.
1960年にルイス・マイルストン監督により制作され、シナトラ・ファミリーが総出演しているオーシャンズです。邦題は「オーシャンと十一人の仲間」。この映画では、第二次世界大戦当時第82空挺団にいた面々が、ラスベガスの5つのカジノの金庫を一晩で強奪します。

I’m going to visit Las Vegas next month, and it was little preparation for one show I’ll see.
実は来月ラスベガスに行く予定があり、とあるショーを観るためのちょっとした予習としてこの映画を見たのです。

I went there twice and saw several shows. I did enjoy Cirque du Soleil, Criss Angel, and others, but somehow, I felt short on fun when I left the town.
ベガスには2度程行ったことがあり、いくつかショーは見ています。シルクドソレイユとかクリス・エンジェル等など、楽しかったです。でも、なぜか街を離れる時に、いつも何となく物足りない気分になっていたのです。

Now, I clearly know why.
An image of Las Vegas I had in my childhood was nostalgic Vegas where Sinatra, Tony Bennett, and Elvis performed. Yes, it’s dream Las Vegas of my parent's generation, but I want to relive the feeling of good old entertainments. I mean it’s like old style nightclub show where entertainers sing and dance on the stage with live band and people dress up and enjoy the stage with cocktails. The shows in big halls, like Celine Dion and Barry Manilow, are different from what I want in this case.
今は、どうしてなのかはっきりわかります。
私が子どもの頃に持っていたラスベガスのイメージは、シナトラやトニー・ベネット、エルビスなんかがショーをやっているラスベガスなのです。そう、親の世代が夢見たラスベガスのイメージですね。それで、そんなラスベガスのエンターテイメントを追体験したいのだと思うのです。昔のナイトクラブのような、生バンドが演奏するステージでエンターテナーが歌って踊って、お客さんはおしゃれしてカクテル片手に楽しむ、という形のショーですね。セリーヌ・ディオンやバニー・マニロウが大きなホールでやっているショーはこの場合私が求めているものとはちょっと違うのです。

Unfortunately, most of the stars are above, so I despaired of ever reliving that entertainments with straightforward approach. But, I explored ongoing shows this time (In the past, I did everything in a haphazard way in Vegas), and after such a long time, I noticed there are Rat Pack tribute shows.
多くのエンターテナーがいなくなってしまい、もうベガスではそんな直球勝負のエンターテイメントは見られないのだな、と思ってあきらめていたのですが、今回は事前にショーをチェックしていて、遅ればせながら、そっくりさんショーがあることに気が付いたのです。いつもベガスにはどこかのついでに立寄っていて、ノープランで出かけて、行き当たりばったりの行動をとっていたので、ちゃんと調べたことがなかったのです。

ocean's4 ocean's3

I’m going to see one of Rat Pack in Riviera, which re-enacts the performance of Sinatra, Dean Martin, Sammy Davis, Jr., and Joey Bishop in the Copa Room of Sands.
いくつかあるシナトラ・ファミリーのショーのうち、リビエラでやっている“The Rat Pack Show”を観ようと思っています。これは、60年代にサンズのコパ・ルームでシナトラ、ディーン・マーチン、サミー・デービスJr.達がやっていたショーを再現したものだそうです。

In the movie, Sands, Desert Inn, Sahara, Riviera, and The Flamingo are robbed. They were top hotels in Strip at the time.
映画の中で襲われた5つのカジノホテルは、サンズ、デザート・イン、サハラ、リビエラ、そしてフラミンゴです。当時は皆、ストリップの最先端ホテルでした。

As time past, Sands (1988 - 1996) were reborn as Venetian.
時は流れ、サンズはベネチアンに生まれ変わりました。
ocean's5 ocean's6

Desert Inn was purchased by Steve Wynn in 2000 and demolished. Wynn and Encore are in the location.
デザート・インは2000年にスティーブ・ウィンに買収され、解体されてしまいました。現在その場所にはウィンとアンコールが建っています。
ocean's7 ocean's 9

Sahara shut its doors on May 16, 2011.
サハラは先月、営業を終了しました。ラスベガスも不況ということで、上の2つのホテルと異なり、この先どうなるのかは決まっていないそうです。
ocean's8

Riviera and Flamingo were rebuilt and expanded, and sill there.
リビエラとフラミンゴは、建替えや拡張を行い、まだがんばっています。
ocean's 10 ocean's 11

Lastly, I give my little impressions of Ocean’s.
It’s enjoyable, of course, but the story slowly unfolds relative to the modern one, and many unneeded scenes makes it plodding. The casts in the modern one are uniformly handsome relative to the old one.
最後にちょっとだけ映画の感想を。
面白かったですよ。私は楽しめました。ただ、現代版に比べると物語の展開が遅く、不必要なシーンも多いので、緩慢な印象を受けてしまいます。キャストも現代版の方がいい男揃いです。

ocean's12

Anyway, both are entertainment films with an all-star cast. If so, I declare the original the winner. I prefer watching versatile entertainers performing lavishly rather than just watching good-looking guys. That's how I feel.
それでも、どちらの映画とも大スターの顔見世興行の娯楽作品。そうだとすれば、私はシナトラのオーシャンに軍配を上げます。ただいい男を眺めているよりも、芸達者のエンターテナーが惜しみなくその芸を披露してくれる方を選びます。

From the movie
よろしければ、映画の一コマをどうぞ。

Sammy Davis Jr - Ee O Eleven


Dean Martin - Ain't That A Kick In The Head

Posted by Kinakinw | 17:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

08 2011

Modern French - Les Rosiers Eguzkilore

Rosiers1

I took time off today and had lunch with my friends from high school at a French restaurant, Les Rosiers Eguzkilore, in new annex of Mitsukoshi department store in Ginza. This hot restaurant opened last September when the store renovated and launched the annex. Its HP says the 30-year old female chef, Andrée Rosiers, got Meilleur Ouvrier de France (Best Craftsman of France) and runs a restaurant of the same name in Biarritz, France. The one in Ginza may be the first overseas branch.
今日は1日お休みにして、昨年9月にリニューアルした銀座三越にあるレ・ロジェ・エギュスキロールというフランス料理のレストランで、高校時代の友人とランチを食べました。南仏高級リゾート地ビアリッツで独立開業した30歳の女性シェフ、アンドレ・ロジェさんのお店だということです。(このシェフは、27歳の時にフランス最優秀職人国家認定「MOF」をフランス史上初めて女性として受賞したそうです)このお店が初の海外出店ということなのでしょうか。

Rosiers2 Rosiers3
Les Rosiers Eguzkilore is on the top floor of the annex.
このお店は三越東館の最上階のレストランフロア、ギンザ・ダイニングにあります


We had Mune déjeuner (\3,600 without 10% service charge), a two-course prix-fixe meal that is the most moderate price menu provided only during lunchtime.
ランチタイムのみ提供されている3,600円のプリフィックスコースにしてみました。(これが梅。後は竹と松、さらに特上のコースだけ)

Rosiers4 Rosiers5
I chose foie gras mousse for appetizer and beef filet for entrée.
前菜はフォアグラのムース、メインは牛ヒレをチョイス


The restaurant calls their cuisine modern French. Indeed, the dishes were more natural and lighter than so-called "nouvelle cuisine", and I understood it’s their modern. I liked them and also interior decorating. I drank a kir royale and a glass of red wine, and I paid about \7,000 for the lunch. I think the cost was proper. To be honest, however, I could make more meaningful use of the money for lunch.
この店は、自分達の料理を現代フレンチと呼んでいます。なるほど、いわゆるヌーベル・キュイジーヌよりさらに素材を生かした健康的な料理で、これがお店が言うところの現代なのだろうと理解しました。味は私の好みに合っていて美味しかったし、お店の雰囲気も悪くない。キールロワイヤルとグラスワインを飲んだり、いろいろ追加したりして7,000円払いましたが、妥当な値段です。でも正直に言えば、同じお金をランチに使うならもっと有意義に使えたかな、と思ってしまいました。(7,000円のランチなんて普通、という方にはオススメ)

Anyway, the friends and I went to same private girls' school and spent a great deal of time together. We passed in and out of our home, traveled, stayed out on the town late at night, and had dinner until we were in mid-twenties.
まぁそれはともかく、今日会った友人達は同じ女子校の同窓生。本当に長い時間を一緒に過ごしてきた友人です。20歳代の半ばまでは、しょっちゅう家を行き来し、旅行に行ったり、夜遊びをし、食事に出かけていました。

Today, we met each other for the first time in 10 years. Now, one of them is a manager of a large corporation, and some are well-off housewives. But after half an hour, we felt like going back to our teenage days and engaged in lively talk. Once we peel away the outer layer, we are exactly the same as before.
今日会ったのは、お互い実に10年ぶり。今や大企業の管理職や、裕福な奥様である彼女達ですが、30分もするとすっかり昔に戻っておしゃべりに花が咲きました。一皮むけば、皆昔のままなのでした。

Posted by Kinakinw | 11:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

04 2011

Viva Akihabara!

I stopped by Akiba (an abbreviation for Akihabara) on my way home in order to get an usb to serial converter cable. Every time I go to Akiba, I hang around too long because I visit stores to shop around PC, PC-related goods and cameras. Today I almost bought an ultraslim mini laptop on impulse by a hair.
USB変換ケーブルを買いに秋葉に寄りました。秋葉原に行くと、パソコンや周辺機器、カメラなどを見て回り、ついつい長居してしまいます。今日はもう少しでミニノートを衝動買いするところでした。危ない、危ない(笑)。

Akiba1 Akiba2

Akihabara is being redeveloped and reborn as a modern city, but I prefer sections that show signs of the post-World War II era. Typical places are Akihabara Radio Center and Tokyo Radio Department with a history of over 60 years. While the former is under the elevated shopping center, the latter is a multitenant building. There are many small electrical stores selling radio goods and electrical items. It’s always fun for me to have a look around shops that are crammed with unidentifiable parts and people who closely examine those parts.
地域開発が進み、モダンな街に生まれ変わりつつある秋葉ですが、私はラジオセンターやラジオデパートといった戦後の面影が残る一角が好きです。何に使うのか(私には)よく分からない部品が所狭しと並ぶ店や、その部品を吟味するお客さん達を見ているのがとても楽しいのです。

Akiba3

Akiba4

I used to make frequent trips to Radio Center and Radio Department for electrical items. At one time, I conducted experiments for which original electrical devices were needed. I am electrically challenged, so I wisely thought there is no doing a soldering iron work. I decided to combine off-the-shelf items and make the devices having necessary functions.
一時期、実験で使うオリジナルな電気的装置が必要になって、部品を探しにそんな小さな店を訪れたものです。私は電気には詳しくありません。ですから、はんだごて作業などはなから無理だとあきらめ、あり物の商品を組み合わせて、何とか必要な機能を持った装置が作れないかと思ったのです。

Accurately, I went there to pick clerks brains about what I wanted to do and didn’t buy anything most of the time. I visited shops in the early afternoon on weekdays, selected a store, pretended to shop around for items, and asked questions: “I’m looking for items I use as … because I want to do …. Do you have any idea for ….”
実際は、どうすれば私の必要なことができるか、店員さん達の知恵を借りに行っていたのであって、商品を買うことはほとんどありませんでした。平日の昼下がり、ラジオセンターやラジオデパートをうろつき、使えそうな商品を扱っている店を選び、品物を選んでいるふりをして、店員さんに相談を始めるのです。「こんなふうに使える商品はありませんか?」、「実はこんなことがしたいのです」、「何かいい方法はありませんか?」

Most clerks kindly consulted me for advice on my self-willed problem, but I couldn’t easily get detailed information with which I could act at once because I couldn’t fully understand what they said…. They soon learned I was a nontechie. One old storeowner said, after casting about for ideas, “If you want my further advice, study electronics and come back.” I really thank you for their troubles.
皆さん親切に私の身勝手な相談に乗って下さいましたが、残念ながら、すぐ行動に移せる情報は得られませんでした。まぁ、私がアドバイスの内容を理解しきれないからですね。ド素人なのはバレバレでした。ラジオデパート3階の奥の奥で小さなお店を経営されていたあるおじいちゃん店主は、あれこれアイディアを出してくれた後こう言ったものです。「もっと話を聞きたいなら、もうちょっと電気の勉強をして、またおいで」
本当に、貴重な時間を費やして頂いて感謝しております。

Akiba5 Akiba6

Did I make the devices in the end?
No. I gave up making them by myself as hopeless, and I found another way to do it with PC and developed a simple computer program instead of physical devices.
結局、その装置は作れたか?
ダメでした。自分で作るのはやはり無理だとあきらめ、パソコンを使ってできる別の方法を考え、物理的な装置と同じ機能を果たす単純なプログラムを書いたのでした。(初めからそうすれば良かったのですよね)

Posted by Kinakinw | 11:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。