Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2011

Products for Charity - Genki-tenugui

genki-tenugui1

Last month, I wrote about Blue & White, a Japanese craft shop in Azabu-juban, which put pithy messages (e.g. “join hands”, “solidarity”, “don’t escape”, “courage”, “hope”, “smile”, “humanity” and “believe in love”) on its shop window (the entry) after the Great Tohoku-Kanto Earthquake. Now, the shop produced the messages on a commercial basis: a tenugui (Japanese facecloth) with the words on it in the photo given below.
麻布十番にある和小物の店Blue & Whiteが、震災後ショーウインドウに簡潔で心にしみるメッセージを掲げた話を先月ご紹介しました(記事)。そして、そのメッセージが元気手ぬぐい、という商品になりました。

genki-tenugui2
It’s an aid tenugui, and a part of the money raised through sales will be donated to the survivors.

Well, I prefer direct, simple self-contained support actions, like a monetary donation and an aid delivery, and paying within an existing economic framework, like buying products from Tohoku (not charity ones) and traveling to Tohoku. So, usually, I cannot say I like some charity acts: making products for charity, charity concerts, charity events, charity albums, and so on. I refer to them as “indirect dependent ones” for convenience sake here.
個人的には、義援金や救援物資などといった直接的で単純な自己完結型の支援が好きです。また、東北の商品を買ったり、旅行に行ったり、既存の経済活動の枠組みで消費し支援の一助となる方法を選びます。実は、チャリティー商品や、チャリティーコンサート、イベント、チャリティーアルバムといった支援活動の一部については、普段からあまり好ましくは思っていないのです。ここではそれらのチャリティー活動を、「他人に依存した間接的支援活動」と便宜的に表現します。

I want to make sure I do not criticize the indirect act and people who are engaged in it.
I think the indirect acts are often meaningful. Making new products only for specific aiding may be better than a simple monetary donation in terms of revitalization of economic activities. Charity events by celebrities do enhance opportunities for public’s support actions.
誤解のないように言っておきたいのですが、間接的支援活動やそれをしている人を批判するつもりはありません。
そのような活動には大変意義があります。個人が義援金を送るより、特定の目的のために新たにチャリティー商品を開発して流通させた方が、経済活動も活性化できるという点で優れていると思います。有名人のチャリティー活動は、一般の支援の機運を高めると思います。

However, I sometime feel uncomfortable when I glimpse unfavorable vibe in the behavior of some leaders of the acts. I mean, if not all, charity acts can be means for self-realization and self-expression in some cases. I have mixed feelings when I see someone promoting and appealing one’s act to others in joyful exuberance. For who's benefit?
ただ、時として、一部の主催者の行動にあまり好ましくない雰囲気が垣間見えて気持ちが悪いことがあります。間接的支援活動(もちろん全てではありませんが)は自己実現や自己表現の手段になりやすい場合があります。ここぞとばかりに嬉々として自分の活動を推進し、他人にアピールしている一部の人の姿を見ると、なんとも言えない複雑な気分になってしまいます。誰のためなのかな…なんて思ってしまうのです。

Basically, it may be ok what someone might do unless that leads to aid and expanded aid. Simply, that is not my style.
基本的には、誰が何をしようが支援や支援の拡大につながれば問題はないのです。まぁ、単に性に合わないのですね。

I get back to my original point. Contrary to my behavior on a routine basis, I bought genki tenugi right after I saw the poster in the opening photo.
話を元に戻すと、その様な普段の考えに反して、店頭のポスターを見てすぐに手ぬぐいを買ってしまいました。

A few days later of the tragedy, I felt a little left out in an abandoned town. Foreign residents escaped from Azabu. Visitors disappeared. Then I received these encouraging messages of “solidarity” from the local shop, which gave cheer to me most. I’m glad I can keep them around me.
震災の数日後には、捨てられた街に取り残されているような気分でした。外国人が逃げ出し、来街者は消えうせ。そんな時、この店から力強い「連帯・団結」というメッセージを受け取り、一番元気付けられたのです。それを身近に置いておけるなんて嬉しいことです。

I told the manager of Blue & White that I felt empathy for the messages and was happy to know someone felt exactly the same way. She wrote them after the tragedy. She had a nervous breakdown at that time and couldn’t stop writing them. When the boss, Mrs. Amy Katoh, saw them, she immediately decided to make tenugui using the words.
Blue & Whiteの店長さんとお話し、メッセージを見て共感したこと、同じ様に感じている人がいると思って嬉しかったことをお伝えしました。メッセージはその女性店長さんが書かれたそうです。彼女もあの時は神経がまいってしまい、それらの言葉を書かずにはいられなかったそうです。そして貼り出された言葉達を見たエイミーさんが、すぐに手ぬぐいにしようと決めたそうです。

I accidentally engaged in the indirect charity act, but I know the words and genki tenugui are basically for cheering up Tokyoites and I bought them simply for me. I don’t care if a part of money will be donated or not. That’s the least my spirit of self-respect.
偶然、間接的支援活動に参加しましたが、私はこの言葉達と元気手ぬぐいは基本的には東京に住む私達を励ますためのものだと思っています。それを買ったのも自分のためです。売り上げの一部が義援金になってもならなくても関係ありません。それがせめてもの矜持、といったところでしょうか。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 11:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。