Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

22 2011

Unscheduled Short Trips

China-town1

From last Friday night to Saturday evening, I ended up making a round trip to Yokohama twice a day.
金曜の夜から土曜の夕方にかけて、東京・横浜間を2往復しました。

My cousin living there had a light stroke resulting from his inveterate disease on the Friday evening. Unfortunately, he was alone at home because his wife's been in a hospital, so I stayed at his house to check on him that night, and I made a hurried trip back to Tokyo to get his medicine (his hospital is in my neighborhood) in the morning of the following day and then delivered it to him. Fortunately, he had resolution of the symptoms.
金曜の夕方、横浜に住む従兄弟が持病の発作を起こしてしまったのですが、奥さんが入院中で彼が家に一人でいたため、様子を見るために私が泊まりに行ったのです。翌朝、従兄弟のかかりつけの病院(我が家の近所にある)に薬をもらいに東京に戻り、それを届けにもう一度横浜に向かいました。幸運なことに、従兄弟の症状も落ち着きました。

On the way back to home, I stopped for a while in Yokohama Chinatown for early dinner. The opening photo is "Kanteibyo", Chinese shrine that is dedicated to Guanyu, the hero of Sanguozhi (the history of three countries).
家に帰る途中に、早い夕食を食べるために横浜中華街に立ち寄りました。冒頭の写真は中華街にある関帝廟です。

China-town2 China-town3

China-town4 China-town5

It’s one major difference between Chinatowns in Japan and those elsewhere that most visitors are Japanese. It’s a so-called tourist spot. The town became deserted after the earthquake, but some people are back now.
世界各地の中華街と比べて日本の中華街ならではの特徴は、お客さんの殆どが日本人だということでしょうか。まぁ、いわゆる観光地です。震災の後、中華街も閑散としていたようですが、そこそこの人出でした。

China-town6

I’ve gone there once a year or so from childhood. There are over six hundreds restaurants, and I’d say that 15% of them serve expensive and delicious dishes, 40% serve expensive and ordinary dishes, 40% serve cheap and brackish dishes, and only the remaining 5% serve cheap and delicious dishes.
子どもの頃から、年に一度位は中華街に行っています。600店以上の中華料理店があると言われていますが、私が思うに、その15%は高くて美味しい料理を出し、40%は高くて普通の料理を出し、40%は安くて不味い料理を出し、残りの5%位が安くて美味しい料理を出す、という感じでしょうか。

The restaurant I went to yesterday was “Shanghai Restaurant” on Hong Kong Strip because someone says it’s really off the beaten path.
今回訪れたのは、穴場の店だと聞いたことがある上海飯店。香港路にあります。

China-town7
It stands out in the town: sleazy look (it looks like a cheap ramen shop on the streets) and chaotic inside.
場末のラーメン屋のような外観と、混沌とした店内の様子が異彩を放っていました。


I hesitated when I open the door and saw inside the restaurant without any people except an older man who looked like managing chef. I took a seat at the counter where I could look on the kitchen and deeply regretted my choice of restaurant. It was a greasy spoon. I found the counter, menu and kitchen instrument are literally greasy.
ドアを開けて店主と思しき無愛想なおじさん一人しかいない店内を見て、かなりひるみました。厨房を見渡せるカウンター席に座り、深く後悔。英語では安っぽいレストランを“greasy spoon”と表現するそうですが、カウンターやメニュー、厨房機器など、全てが文字通り油っぽい店でした。

China-town8 China-town9
If I were an inspector of the health center, I would immediately order the shutdown.
もし、私が保健所の検査官なら、即刻営業停止処分にします。


In for a penny, in for a pound.
I ordered a bottle of beer, and the man promptly delivered it with free pickles. That sweet-pickled vegetables were unexpectedly tasty, so I prepared to have dinner there and ordered “beef with green stems of fresh garlic” from a la carte dishes, not ramen and dumplings.
でも、そこは毒をくらわば皿まで、です。(座っちゃいましたしね)
ビールを頼むと、すぐおつまみの漬物と共に良く冷えた一番絞りが運ばれてきました。その白菜の甘酢漬けが意外にも美味しかった。そこで、ラーメンや餃子ではなく、敢えて一品料理から「牛肉とニンニクの茎炒め」を頼んでみました。

The chef looked for beef and rummaged through the freezer for a long while. He picked a plastic bag and put it in microwave. Then he cut up green stems on a chopping board that didn’t seem immaculate. My heart was full of fear when I thought I would eat it, but thinking it would be cooked, I soothed my mind.
おじさんは長いこと冷凍庫の中を引っかき回し、牛肉を探していました。ビニール袋に入った肉を取り出し、そのまま電子レンジへ。そして、決して清潔とは言えないであろう中華まな板でニンニクの茎を切り始めました。私が食べるのだ、と考えると不安が高まりましたが、とにかく火が通るのだから、と何とか自分を納得させました。

China-town10
This is what he made. 1,580yen (about $18)
出てきたのがこれ。1,580円は高いのか安いのか。


After all, that was a good meal. (I saw he used artificial flavoring, though.)
It was a thrilling experience.
結局、美味しかったです。(化学調味料を使っていましたが、まぁ中華料理店では使っていない所の方が珍しいのだからしかたがないですね)
スリリングな体験でした(笑)。

I researched the restaurant online after I got home and knew he seems to have uneven temper and varies on his cooking. He used to work bouncily with his wife.
家に帰ってからネットでこの店のことを調べてみましたが、どうやら店主は気分にむらがあり、料理もそれに従うようです。かつては奥様と二人で元気にお店を切り盛りされていたらしいのですが、何があったのでしょうか。

After getting out of the restaurant, I strolled around the town for a while.
Although it’s difficult to choose a restaurant, I like visiting there. I always regard the strolling Yokohama Chinatown a bit as though a vacation trip.
お店を出て、しばらく中華街を散策しました。
この街でのレストラン選びは非常に難しいのですが、散策は楽しいですね。ここに来るといつもちょっとした旅行気分になれます。

China-town11

China-town12 China-town13

China-town14 China-town15

China-town16

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 11:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。