Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2011

Phantom of the MegaSport Arena

Men World1

The final group of men’s FP at World Championships made me exhausted with mingled feelings due to the unexpected thing that led to frustration and confusion.
昨晩の男子シングル、フリープログラムの最終グループの演技では、悲喜こもごもの出来事が起こって見ていてとても疲れてしまいました。

The only predictable thing was Patrick Chan, the top skater at the forth group, did well and was given the galactic score of 280.98 points in total by the ISU judges. I think his performances deserved the gold in this competition, but this inflated score was criminal. He said he wanted to get 300 points, which was damper. If ISU wants someone to win by that big margin, just give the one gold when registering. Thus, he or she even doesn’t need to perform because “the judges know he can do it” as the certain someone said.
唯一予測通りだったのは、第4グループの第1滑走者だったチャン選手が良い演技をして、280.98点という1人だけ別次元の得点をISUのジャッジから与えられたことだけ。ショートプログラムと合わせて、彼の演技は1位に値すると思います。でも点数はいただけない。彼が試合後に「300点取りたかった」と言ったのにも正直興醒めです。もしISUが、他を大きく引き離して特定の選手を優勝させたいのなら、その選手が出場登録をした時点で金メダルをあげたら良いでしょう。それでもう競技に出てこなくて結構。なぜなら、(出来が悪かったのに高得点だった時)チャン選手本人がかつて口にしたように、「ジャッジは僕が出来ることを知っている」のですから。

The second skater, Nobunari Oda who had been second after the short program, couldn’t count his jumps again and sunk in the 6th place. Here we go again! I was bummed. If he could count, he would be the bronze medallist. He repeatedly goes against "Zayak Rule” stating that a competitor may not repeat a triple jump more than twice. He can never stand on the podium in World if he goes on this way though he has a gift for skating.
第2滑走者はショートプログラムを終えて2位だった織田。彼は自分が飛んだジャンプを数えられなくて、6位に沈んでしまいました。またか、織田。ガックリ。もし、つまらないミスをしなければ、3位に入れたのに。彼はちょくちょく、ザヤック・ルール違反(1つの3回転ジャンプを3回以上飛んではいけないなど)をしています。今回もまたです。こんなことをしている限り、オリンピックや世界選手権といった舞台で表彰台に上がれるわけがない。頼むよ、織田君。

Next, Artur Gachinski, a young Russian skater with great potential, performed energetically and got high scores. Good for him, coach Alexei Mishin and the host country. He became the bonze medalist as a result of odd happenings.
次に続いたロシアの若手ホープ、ガチンスキー選手はエネルギッシュな滑りで高得点。アルトゥール君、ミーシンコーチ、そしてロシアの皆様、良かったですね。彼は日本選手を次々と襲うハプニングも手伝って、3位に浮上しました。

The forth one, Daisuke Takahashi, had boot problems in which a blade came off from the boot and stopped his performance right after he missed his first quad jump. Tell me that’s not true! When he went to the judges to explain the accident, I remembered Oda in Vancouver, which was a recurrence of nightmare. He could restarted but couldn’t try the quad again, and the problems held down whole his performance and made him in 5th place. This accident seemed to have convinced him to pursuit his career until Sochi. It was a bit happy and a bit sad.
第4滑走者の高橋は、ブレードを靴に固定するネジが外れるというまさかのアクシデントのため、演技冒頭の4回転ジャンプをミスした直後に演技ストップ。嘘でしょう、嘘と言って…。高橋がジャッジに、スケート靴を見せながら事情説明をする姿は、バンクーバーでの織田の悪夢の再来。急遽補修して演技は再開できましたが、4回転は再チャレンジできず、その後もスケート靴のアクシデントが影響して結局5位。どうやらこの結果を受けて、高橋はソチまでの現役続行を決意したようで、嬉しいような悲しいような。

Men World2
When Daisuke repaired the boot, Ottavio Cinquanta, President of the International Skating Union, snidely made a gesture of tightening a bolt. I won't take it!
高橋の靴の補修中に、会場にいたチンクワンタ(ISU会長)が小ばかにしたようにネジを締めるジェスチャーをしやがりました(口が悪くて失礼)。絶対許さない。


In the middle of a bizarre atmosphere, nest skater, our Takahiko Kozuka, appeared and delivered a perfect and impressive performance. Just before the end of the program, the stadium was filled with a surge of enthusiasm and frenzy. I was excited in front of the TV, too. No matter how the judges said, his FP was the best performance in the competition. Congratulations on the silver medal!
会場が異様な空気に包まれる中、我らが小塚が登場。圧巻の演技でした。演技終了間際には会場が興奮と熱狂に包まれていましたね。私もテレビの前で興奮して震えましたよ。ジャッジ達が何と言おうが、彼のフリープログラムは今大会男子シングルの演技の中では最高。銀メダルおめでとう!

Then, the last performer was Florent Amodio. He used the music with vocals! I thought what happened. After the performance, he said that he intentionally used the music for exhibition and that it was a little present for all Japanese people. Pardon me? I can tell you no Japanese wanted it. It's not that I dislike him, but I cannot enjoy this season’s his FP Morozov made because he stops, stands up on the ice and just dances so many times during the performance. When he delivers it well, that glamorize it, but when he cannot, that would be a bit. Unfortunately, his FP was in the latter case.
で、最終滑走者のアモディオ選手。彼は(競技では禁止されている)ヴォーカル入りの音楽を使ったのですね。何でだろう?運営側の手違い?なんて思っていたのですが、試合後のインタビューによると、敢えてエキジビション用の音楽を使ったそうです。それで、それが「日本の皆様へのちょっとしたプレゼント」なんだそうです。はぁ…?言っておくけど、だれも喜んでないって。私はスケーターとしての彼は嫌いじゃないのですが、モロゾフが作った今期のフリープログラムはあまり好きではありません。動きを止めて、立ち止まって、ただ踊っている時間が多すぎるのです。演技が上手くいっている時は魅力になるのかもしれませんが、そうでないと安っぽい演出に見えてしまうと思います。残念ながら昨晩は後者だったようです。(モロゾフさん、猛省して下さい)

Anyway, I do hope there won’t be any negative surprise in the women’s SP and FP.
まぁ、女子の競技ではこのような無用のハプニングが無いことを祈っています。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 17:04 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。