Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

24 2011

What Do You Base Your Decision on?

Geiger counter1
Geiger counter advertising in a free paper
A Geiger counter is used to detect radiation.


I opened up Metroguide, a monthly free paper, which is distributed in the subway station, in a subway and encountered the dubious advertising. I scoured the site on which information of the operator was unspecified and found the pictured below. The item looks cheaper than that in the paper.
通勤途中、メトロガイド(地下駅で配られる月刊のフリーペーパ)を広げたら、冒頭の写真のようなガイガーカウンター(放射線量を測る機械)の怪しげな広告を見つけました。運営者の情報が乗っていないという類の、このサイトを見ると下記のような写真が載っていました。紙面で見るよりかなり安っぽい商品です。

Geiger counter2

I couldn’t find how much did it cost before 3.11 because all information about it seemed to be posted online after that. Anyway, I do not feel like paying more than $20 (it do cost about $550) to get the shoddy good. I think I don’t need to say where the good comes from.
この商品に関してネットで調べても出てくるのは震災後の記事ばかりで、以前の価格はわかりませんが、私なら2~3千円以上は払いたくないですね。どこ製かは言わなくてもおわかりかと思います。

A blogger who lives within a 20-to-30-kilometer radius of Fukushima first nuclear power plant measure radiation dose in his room and garden everyday by two different Geiger counters. It’s understandable that he wants to know it in imminent environment.
自宅避難指示が出ている屋内退避区域である福島第一原発の20~30キロ圏内にお住まいのとあるブロガーさんは、2種類のガイガーカウンターで自宅内や庭の放射線量を毎日測っていらっしゃるそうです。身近な環境の放射線量を計測したいのは当然だと思います。
4月22日付けで、「屋内退避区域」のうち、「計画的避難区域」に該当する区域以外の区域は「緊急時避難準備区域」に設定されました。屋内退避区域だったいわき市の一部が計画的避難、緊急時避難準備の両区域から外れました。

However, some people who live in the Tokyo area buy one, even if they are not in a critical danger of radiation. A typical discourse showing the buyer awareness is that “I don’t trust announcements by Government and Tokyo Electric, so I monitor amount of radiation”. If you want to monitor it due to the distrustfulness, it’s not a bad idea. But, if you want to get meaningful data, you need to study about Geiger counters in general, the particular equipment you use, the way to use it, measurement reliability, and so on.
しかし、重大な放射線の危険にさらされていない首都圏在住者の中にも、ガイガーカウンターを買う人はいるようです。その方々の意識を象徴しているのが、「政府や東電の発表は信用できないから、自分で放射線量を測る」という言説かと思います。不信感から自分で測りたい、というのはそんなに悪いことではないと思います。但し、意味のあるデータが欲しいのなら、一般的な機材について、その人が使う特定の機材について、その使い方、計測の信頼性といった勉強が必要でしょうが。

Even worse are city persons who have the distrustfulness that “media insist the public has”, judge something irrationally based on junk information and unnecessarily foment disorder.
手に負えないのは、「一般市民が持っているとマスコミが主張する」その手の不信感があり、怪しい情報を基に不合理な判断をして、なおかつ他人の不安を煽る人なのだと思います。

Few weeks ago a female acquaintance said, “I heard the story about the nuclear accident. A well-informed insider said the satiation is far more bad and serious. It’s might be dangerous to stay in Tokyo.” So, I asked her following questions in a moment: who was the insider, what background knowledge about the plant and nuclear power engineering that person had, tell someone what's going on, and what was a reason to believe that story. Needless to say, she couldn’t answer.
数週間前、知り合いの女性が「詳しい人が言っていたらしいんだけど、原発は発表されているよりかなり酷い状態で、東京にいるのも危険らしいよ」と言ったのです。私は即座に次のような質問をしました。詳しい人というのは誰か?その人の福島原発と原子力工学に関する背景知識はどんなものか?何が起こっていてどう危険なのか?あなたがその情報を信じるに足ると判断する根拠は何か?
もちろん彼女は何にも答えられなかった。

I think it’s fairly obvious that only those who have casually retailed ramous haven’t acquired and analyzed of the information or checked even measuring result of environmental dose in Tokyo. (Maybe she didn’t trust any institution, though.)
私が思うに、軽々しくそういう話をする人に限って、自分で情報収集や分析などしておらず、東京の環境中の放射線量すらチェックしていない人が多いのです。

If you do not trust Government and Tokyo Electric and are nervous about it, you can escape from Tokyo and go to wherever you want. No one can force you to stay here.
もしそんなに不安なら、東京を逃げ出してどこにでも好きな所に行けば良いのです。だれもここにいろとは強制していないのですから。

As You Like It
お好きなようになさいませ

----------------------------------------------------------------------

Unfortunately, each person needs to have a fear of radiation risk accurately and rationally: do research and study personally, decide on reasonable grounds, examine validity of evidence, and suspend judgment for a while if you cannot be sure.
残念ながら、私達一人一人が放射線リスクを正しく理性的に心配しなくてはいけなくなってしまいました。やるべきことは、自分で勉強して調べる、根拠に基づいて判断する、根拠が妥当かどうか評価する、確信が持てない時は判断を保留する、ということでしょうか。

I never figured this would happen, but that attitude is fundamental for judge something.
まさか放射線リスクについてこんなことをしなくてはいけなくなるとは。でも、何に関してでも判断する際の基本は同じかと思います。

Helpful Sites to Scare Accurately and Rationally
正しく理性的に心配するために役に立つサイトがあります。

radmonitor311 and its English version
A summery page of radiation monitoring data and graphs related to the nuclear power plant accident in Fukushima run by researchers of radiation metrology
放射線計測を専門とする研究者がネット上に乱立するデータを整理して一般の人とも共有するために立ち上げたサイト

日本核医学会からの一般向けアナウンス(only in Japanese)

If you cannot trust that information, do as you like!
もし、このような情報が信じられないのなら、お好きなようになさいませ!

----------------------------------------------------------------------

I often check the information from multiple institutions, and I do have a normal life in Tokyo.
私はと言えば、常に複数機関で情報をチェックしながら、東京で普段通りの生活を送っています。

After last month's welter of information, the things looks calm down in Tokyo, and I wonder if now people who got hysterical at that time monitor the situation of the accident and the radiation effect in a serious manner.
原発事故の錯綜する大量の情報が溢れた先月を考えれば、東京は落ち着きを取り戻しています。で、ふと考えるのです。あの時ヒステリックになっていた人々は、その後の事故の推移や放射線の影響などを今きちんとフォローしているのでしょうか?

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 21:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。