Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2014

World Figure Skating Championships 2014

World figure skating championships 2014_1

The championships have been held in Saitama located in the north next to Tokyo from last Wednesday. The all competitions ended yesterday, and the last event, exhibition, will start in few hours.
世界フィギュアスケート選手権が先週水曜日から埼玉スーパーアリーナで開催されています。試合は昨日ですべて終了し、数時間後に始まるエキジビションを残すのみです。

I went to the games including Men’s Free, Ladies’ Short & Free and enjoyed the exciting performances!
私は男子フリー、女子ショートとフリーなどを観戦し、選手たちの素晴らしい演技を堪能しました。

World figure skating championships 2014_2 World figure skating championships 2014_3

Performances that drew tears from me 泣けた演技
Abbott’ Free
Mao’s Short & Free
Machida’s Short

Skaters I want to reward with a hug ねぎらいたい選手
Akiko SUZUKI
Tomas Verner
Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT

Skaters I wanted to be there 参加して欲しかった選手
Daisuke TAKAHASHI
Brian JOUBERT
Meryl DAVIS / Charlie WHITE

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 13:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

23 2014

Mao Asada Theater

Mao Sochi

A television broadcast covering the opening ceremony of Sochi Olympics ended with Masquerade – Waltz. When I was watching that, I thought it would be her Olympics.
ソチオリンピック開会式のTV中継は、ハチャトゥリアンの仮面舞踏会が高らかに流れる中で幕を閉じました。その時、今回は浅田真央のためのオリンピックになるだろうと思いました。

However, I didn't expect that such a magnificent drama unfolded.
でもまさかこんなドラマが待っているとは思いませんでした。

I’m only too happy to pay her a heartfelt compliment and honored to be your fan.
彼女に心からの賛辞を贈れて幸せですし、彼女のファンであることを誇りに思います。

I have thousands of thoughts about her and figure skating, and I would like to write about that when I’ll be calmer.
彼女とフィギュアスケートに対しては万感の思いがあります。気持ちが落ち着いたら、書いてみたいと思います。

Posted by Kinakinw | 01:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

25 2013

Japan Figure Skating Championships 2013

Japan Figure Skating Championships 2013 _2

My main interest in the Christmas season is Japan Figure Skating Championships commonly known as Japanese National.
クリスマス時期の関心事は全日本フィギュアスケート選手権、通称全日本。(「全日本フィギュア」はテレビ番組名であり、そういう大会は存在しないのでご注意を)

After 2005/2006 season, the National had been held in distant cities, and finally this year, the championships returned to the Tokyo metropolitan! I went to watch games on the first and last days.
八年前を最後に、全日本は地方都市で開催されていましたが、今年ようやく首都圏に戻って来ました。私は初日と最終日に観に行きました。

There were lots of things: who would be selected to go to the Olympics, what kind of performance Ando would do, how young skaters would fight, if Mao’s new layout would work or not, and so on.
今大会はいろいろ盛りだくさんでした。オリンピック代表は誰になるのか、安藤美姫はどんな演技をするのか、若手選手はどう戦うのか、浅田真央の新しいジャンプレイアウトは功を奏すのか、などなど。

In the result, except Takahashi’s dramatic ups and downs, the most likely candidates were selected, Ando did what she could do with her utmost effort, and I could enjoy youngsters with a promising future. What are on someone's mind are concerns about Mao’s 3A, more precisely, her obsession with 3A.
結果としては、高橋大輔のドラマチックな展開を除けば、最有力候補が代表に選ばれ、安藤はできることを精いっぱいやり、私は将来有望な選手達を楽しんだのでした。今心に引っ掛かるのは浅田真央のトリプルアクセルだけ。正確に言えば、トリプルアクセルに対する彼女の執着。

I personally think just one 3A for her FP containing difficult elements is enough and she would better concentrate on performing it clean rather than adding another 3A. But, if she wants to conduct 2 3As as the compilation of her skate, what I can do is supporting her decision and rooting for her on the side cheering.
個人的には、ただでさえ高難度のフリープログラムにトリプルアクセルは1本で充分だと思いますし、もう一本トリプルアクセルを組み込むより、プログラムの完成度を上げた方が良いと思います。でも、彼女がどうしても2回飛びたいのならしょうがありません。私にできるのは、彼女の思いを尊重し、ひたすら応援するのみ。

She already tried 3 3As at Vancouver Winter Olympics and knows how hard it is. On that basis, she’s going to try it again, doing the whole program perfectly this time.
彼女はバンクーバーで合計3本トリプルアクセルを飛び、その困難さを良くわかっているはずです。その上で、今度はプログラム全体をパーフェクトに仕上げるべくもう一度挑戦するのです。

She thinks her condition is far better than that in Vancouver year and can do it. However, I'm afraid her back problem throws her plan out of gear. I heard she couldn’t practice enough after Grand Prix Final due to the backache. There might be physical fatigue as a corollary of consecutive games. Anyway, I think her physical condition isn’t better than four years ago. Additionally, in an interview after FS yesterday, she said half of her marker of successful FS performance depends on the success of 2 3A.
バンクーバーの年に比べれば、彼女は現在のコンディションは良いと考えているのでしょう。しかし私は、彼女の腰痛が全てを狂わせるのではないかと危惧しています。腰痛のため、グランプリファイナル以降満足に練習できていないと聞きました。連戦の疲れもあるでしょうが、彼女の体の調子はあの時より良いとは思えません。加えて、フリースケーティング後のインタビューでは、2本のトリプルアクセルの成功が彼女にとってのフリープログラムの満足度の半分を占めていると言っていました。

This isn't good.
これはいけません。

As far as I concern, when people who tend to believes only what one wants to, like Mao, are in a deep trough physically and mentally, one more and more tends to hang on something that one clings to. Once one is in that state, and then nothing goes right.
浅田真央のような、我が道を行く頑固者が肉体的、精神的逆境に陥ると、執着しているものにますますしがみつく傾向があります。一度そうなると、もう何もかも上手くいきません。

She thought she avoids second 3A before the FS, but she said she conducted it because she couldn’t do the first 3A clean. Her decision ended up missing the combination jump of 3A-2T and the other one, 3F-2L-2L, in the second-half. Don’t you recall what was happen in Vancouver? Her anguished face when she saw the score…. I felt that was the sign she is struggling and with clinging on something. That worries me because I saw that face four years ago.
彼女は二本目のトリプルアクセル回避を考えていたそうです。しかし、インタビューによると一本目が上手くいかなかったから次で決めようと思ってやったということです。その決断は、トリプルアクセルのコンビネーションジャンプが抜けて失敗し、後半の3連続ジャンプも失敗するという結果に終わりました。バンクーバーでの出来事を思い出しませんか?得点が出た時の何とも暗い彼女の顔は、何かに執着して苦しんでいることを示しています。四年前にも同じ顔を見ているので、心配になります。

However, unlike four years ago in which she was a minority of one, the grounded coach, Mr. Sato is on her side this time, and she’s totally a different skater growing up in these years. I believe she can handle a situation calmly. Whatever jumps she’ll conduct, I hope she’ll be under no illusions in Sochi.
しかし、孤立無援だった四年前とは違い、今回は名伯楽の佐藤コーチがついています。浅田真央もその間に成長し、今や全く違うスケーターになっています。この状況をうまくコントロールしてくれると思います。どんなジャンプを跳ぶにしても、ソチでは明鏡止水の心境で望んでくれると期待しています。

Happy Holidays!
それでは皆様、良い休暇をお過ごしください!

Japan Figure Skating Championships 2013 _1

Posted by Kinakinw | 18:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

07 2013

A Stroke of Luck

NHK Trophy

Lakshmi might bring me luck.
I saw an advertising truck of a life insurance company that sponsors Mao Asada the day after. Then yesterday, I got tickets for ISU Grand Prix of Figure Skating 2013/2014, NHK Trophy that will be held in Yoyogi, Tokyo, from tomorrow!
ラクシュミーのご利益でしょうか。
あの次の日に、浅田真央のスポンサーである生命保険会社が期間限定で運行するアドトラックを見かけました。そして昨日、明日から代々木体育館で開催されるフィギュアスケートグランプリシリーズの日本大会、所謂NHK杯のチケットが手に入りました!

I despaired of ever going to the competitions because I couldn’t get tickets, so I planned to watch them on television. However, I noticed that the additional seats were sold on line last night. I’m so happy to take in NHK Trophy in my home town. What a bit of fate!
チケットが取れなかったので見に行くのを諦め、テレビ観戦しようと思っていました。ところが夕べ、追加席が販売されているのに気が付いて即ゲット。地元開催の試合に行けることになりました。本当にちょっとした幸運が訪れて、吉祥天に感謝です。

Posted by Kinakinw | 23:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

23 2013

The Way to Work

Mao Airveave

I took time out from my schedule to watch Skate America live the past weekend, and next morning, on the way to my office, rubbing my sleepy eyes, I saw her adorable smile.
先週末は、忙中合間を縫ってフィギュアスケートグランプリシーズのアメリカ大会をライブで見ていました。週明け、眠い目をこすりながら仕事に向かう途中、愛らしいこの笑顔が目に入りました。

There are a lot of things we are learning from her if only she goes wherever her heart leads her.
彼女は己の心のまま進んでいるだけだとしても、私達は彼女から教わることがたくさんあります。

Congrats, Mao.
おめでとう、真央。

Mao2

Posted by Kinakinw | 08:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

13 2013

Expiration Date

Expiration Date

The refrigerator broke down days ago. Accurately, the ice making function and vegetable chamber completely broke down (the panel in the photo says “arrest of ice making function”), and the freezer hasn’t worked right. Even though I try to turn the temperature settings down, it doesn’t drop to less than -3 degrees Celsius). Now we are waiting for the arrival of new one we ordered.
何日か前に冷蔵庫が壊れました。正確に言うと、製氷機能が完全に壊れ、冷凍庫は機能不全。どんなに設定温度を下げても-3°までしか下がりません。野菜室はただの引き出しになりました。冷蔵室は細々冷えています。現在、急きょ注文した新しい冷蔵庫が来るのを待っています。

Actually, I want to write about the expiration date of athletes after one's retirement, not the fridge.
今日書こうと思ったのは、冷蔵庫のではなく、アスリートの引退後の賞味期限です。

Several Japanese big-time figure skaters announced that they will be retiring this season. Though the judging system and operation of competitions that is bristling with defects and drawbacks has dampened my spirits, I have no choice but to watch the games because this is their last season.
きら星のような日本のフィギュアスケータが今季限りで引退を表明しています。欠陥だらけの採点方法やその運用に嫌気がさし、気分をそがれていても、彼らの最終シーズンの雄姿を見ないわけにはいきません。

At the same time, I sometimes think about their lives after retirement. All competitive figure skaters are armature and retire earlier than other sports. Most of them would retire when they finish college. Limited talented skaters keep their competitive career after that, but they would retire before thirty, in any case.
同時に、引退後の彼らの人生について時々考えます。フィギュアスケートの競技者は全てアマチュアで、他のスポーツより早く引退します。大概のスケーターは大学卒業とともに引退します。才能のある限られた人がその後も選手を続けますが、それでも30歳迄には引退してしまいます。

It’s unprecedented that the sport has been lionized by the media for the past eight or nine years in this way or manner, and it’s also unprecedented that many skaters who have been lionized will start their new lives all together.
過去8、9年のようにフィギュアがマスメディアでこんなに大きく取り上げられることは未だかつてありませんでしたし、そのようにもてはやされた多くのスケーターが引退し、一斉に新しい人生を歩み始めるなんてこともありませんでした。

It’s entirely my own personal opinion that Mao Asada and Daisuke Takahashi can do anything they want. In any field, they can get on quite well if they chose it. Akiko Suzuki wants to be a choreographer. Yes, she can, but I think she can be a good coach. Anyway, I really want to see her at Kiss & Cry with her future pupils. Nobunari Oda said he will be a coach in an interview. I hope Takahiko Kozuka who doesn’t announce his retirement officially yet stay in the figure skating field and get into the Japan Skating Federation in the future. In either case, I think they can hold one's ground and live alone.
あくまで私の意見ですが、浅田真央と高橋大輔はやりたいことを何でもできる。どんな分野であれ、彼らが選んだものなら上手くやっていけると思います。鈴木明子は振付師になりたいそうです。もちろんできるでしょうが、良いコーチにもなれるのではないかな。どちらにしても、キス&クライで愛弟子と並んでいる姿を見たいですね。織田信成はコーチになるそうです。まだ引退は表明していませんが、小塚崇彦には是非フィギュア界に残り、将来はスケート連盟に入ってもらいたい。いずれにしても、皆地に足をつけて、自分の力で生きて行けると思います。

A single exception is Miki Ando. She will be a professional skater after her retirement, and she will certainly receive show appearance requests from all over the world. However, way I see it, her fulfilling life depends on whether she can get someone who keep pacifying her or not. Watching her inconsistency and straying from its predicted course these years, I realize that her ex-coach kept her mentally stable for a while though I thought she were grown-up. It’s a pity.
ただ一人の例外が安藤美姫。引退後は恐らくプロスケーターになるでしょうし、世界中からショーのオファーがあるでしょう。でも私が見るところ、彼女が安定した人生がおくれるか否かは、献身的に彼女をなだめすかしてくれる人がいるか否かにかかっているのではないかな。この数年の彼女の矛盾した行動や迷走ぶりを見ていると、かつての精神的落ち着きは元コーチのお蔭だったのだと実感します(それもコーチの仕事とも言えます)。成長したと思っていただけに、残念です。

What she’s doing these years, especially these months, reminds me of a trouble-plagued Japanese actress who was deprived of any chance to appear on television or movies because she showed a poor attitude toward the staff and audience. She escaped from Japan for a while, then she got private patrons called sponsors and got the chances by their money.
ここ数年の行動、特にこの数か月の彼女は、何とかエリカさんを思い出させます。「別に」発言で干されて海外へ。タニマチ的な支援者がスポンサーになり、その企業のバックアップによりメディアに露出していましたね。

I’m NOT saying that Ando strategy is wrong. That's always an option for some people. What I concern is that she has no facility in that. The actress I mentioned is native-born thick-skinned celebrity-minded person who can gulp down poison and still maintain the way she is. In contrast, I see Ando is an attention-seeking person who has dependent personality. They only share “celebrity-mindedness”.
私は安藤の戦略を悪い、と言っているのではありません。ある人達にとっては一つの選択肢です。気になるのは、彼女がその戦略に向いていないということ。あの女優さんは生まれついての図太さを持った芸能人志向の方で、毒を食らっても自分を保ち続けられるでしょう。対して、安藤は人にかまってもらいたい依存人格。二人には芸能人志向、という共通点しかありません。

As for newsworthiness, The expiration date of athletes after one's retirement is so short that one loses all one's news value after one’s retirement. Even a national icon, Mao Asada, will be extremely less exposed through the mass media than now. Well, not apply only to Mao Asada, the situation that many skaters get a lot of media exposure lasts only this season. Ando won’t have to worry about being scrutinized by a press and fly under the media radar from nest spring. Very few ones will be interested in her any more.
話題性という意味では、スポーツ選手の引退後の賞味期限はとても短く、ひとたび引退したらその人の報道価値は低くなります。浅田真央のような国民的人気のある選手でも、引退後のメディア露出は今より極端に少なくなるでしょう。浅田真央に限らず、多くのスケーターがメディアでもてはやされるのは今季で終わり。来年の春頃には、安藤はマスコミの詮索を心配する必要も、彼らから逃げ回る必要も無くなります。貴女に興味を持つ人はとても少なくなるのです。

When the time is up, Ando has the most to lose as compared with the others. Unless she sells oneself or her closest family member by the piece much further than she already does, she cannot keep the profile of herself.
その時が来ると、他の選手に比べて、安藤の失うものが一番大きいのではないでしょうか。現在以上に自分や近親者を切り売りしていかないと、今の露出は保てません。

I hope she will have her expectations realistic.
彼女が自分サイズの、現実的な場所を見つけられることを願います。

Posted by Kinakinw | 17:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

24 2013

Who Can Enjoy the Sport?

Who Can Enjoy the Sport

It gets warmer in Tokyo, and cherry trees in Tokyo are in full bloom now!
すっかり暖かくなり、東京の桜も満開です。

Bring me up to date, I’m completely exhausted by watching World Figure Skating Championships 2013 on line on consecutive days last weekend. It was held in North America, so the games started late-evening and ended around noon in Japan. I usually skip most of pairs and ice dance, but this year, I couldn’t help but shifted my living hours to the games and watched all since I felt familiar with skaters in early groups of each category I actually watched at the Four Continents Championships in Osaka.
先週末はフィギュアスケート世界選手権を連日ネット観戦していて疲れ果ててしまいました。今年度の大会はカナダで開催されたため、日本時間の深夜に試合が始まり、正午頃終わります。先月大阪で開かれた四大陸選手権を生観戦してしまったため、そこで演技を観た選手が気にかかり、試合時間に合わせて寝起きして普段は見ないペアやアイスダンス、シングルの下位選手まで、すべてのカテゴリーをフル観戦してしまいました。

The reason why I’m exhausted wasn’t only the extended watching but also the spot-issue at the Sochi Olympics. Our national team skaters got in the lower positions in SP, so I was on the edge of my seat during the singles’ games watching each performance and counting their rank orders. As a result of their efforts, I'm glad we got three spots in both men and women. Good job, boys and girls!
疲れ果てた理由はマラソン観戦のせいだけではありません。今回の世界選手権ではソチオリンピックに出場する各国選手の枠数が決まりました。日本チームは男女ともショートプログラムで出遅れてしまったので、手に汗にぎって演技を見守りつつ順位計算もしていたのです。彼らの頑張りにより、結果的に男女とも3枠を確保できました。皆よく頑張った。

Meanwhile, I had experiences of déjà vu through the competitions. While one experience was in men’s single, which was just like second coming of last World, and the other was in women’s single, which was just like recycled versions of Vancouver. Obviously their victories were results of hard work and should be celebrated. Frankly, however, I was severely bothered by the feeling toward the ISU (International Skating Union) judging system as usual, which had nothing to do with the skaters.
その一方では、大会を通じて何度か既視感を味わいました。一回は去年の世界選手権の再来のような男子シングルで、もう一回はバンクーバーの焼き直しのような女子シングル。それぞれの勝利は選手達のたゆまぬ努力の結果であり、祝福されるべきだと思います。でも正直に言えば、選手とは関係ないとこころでまたしてもISUの採点システムにひどく煩わされました。

I cannot explain the controversial whole system in detail here, so I just focus on GOE (Grade of Execution) in the post.
ここで欠陥だらけの採点システムの全ては説明できませんので、GOEと呼ばれる出来栄え点についてのみ問題にしたいと思います。

Each nine judges decide GOE (an integer from -3 to +3) for each element (like jumps, spins and step sequences). Discarding the high and low value, the seven GOE values are averaged out, and then the average value is added to (or subtracted from) the base value of an element. The upper or lower limit of the value depends on the difficulty of elements. For instance, while if the average value is 3 for triple jumps except 3 Axel, only 2.1 point is added, if it’s 3 for 3 Axel and 4 jumps, 3 point is added.
ジャンプ、スピン、ステップシークエンスといったそれぞれの技の出来栄えに対して、9人の審判が-3から+3の範囲で優劣を判断します。そのうち上下一つずつをカットし、残りの7つのGOEの平均が、各技の基礎点に加減され技の得点になります。但し、技の難易度により得点となるGOEは変わります。例えば、トリプルアクセルを除く3回転ジャンプの場合、GOE平均が満点の+3でも2.1点しか加算されません。対してトリプルアクセルや4回転ジャンプの場合、GOE平均が+3なら、まるまる3点が加算されます


Though the judging system is aimed at objective absolute assessment, in reality, it hasn’t been in operation in that way including GOE. Firstly, ISU has guidelines describing what “good execution” is, but they are ultimately arbitrary and might change in the future. Secondly, judges’ decisions of GOE are quite subjective. It’s always happens that one judge gives +3 for an element, while the other gives -1 for the same element.
客観的な絶対評価を謳いながら、GOEを含めて実際にはその評価システムは理想通りに運営されていません。まず、ISUが指標にする「良い出来栄え」の演技は、しょせんは恣意的に決められており未来永劫同じ指標が続くものではありません。また、審判の「良い出来栄え」という判断も主観的なものです。同じジャンプに-1と+3のGOEがつくことも珍しくありません。

That arbitrary and subjective GOE monster goes on a rampage. When judges decide prematurely that specific skaters’ elements without mistakes are well formatted to fit into the criteria of “good execution” and they bring all elements without mistakes, a total value of GOE would be laughably enormous. In the case of women’s FS in this World, the champion got 16.51 GOE points in total, which was more than twice the base value of 3 Axel. If you compare the extreme GOE award to baseball, it would be similar to that if judges prematurely think a player’s swing is “ideal” and “meets an arbitrary standard” decided by MLB, a team can get an extra score by someone’s hit while other players whose swing prematurely determined not ideal never has that benefit. Can you imagine that?
そのような恣意的かつ主観的な怪物であるGOEが大暴れしています。ある選手がミスなく行った技が「良い出来栄え」の演技の基準に合致すると元々審判が決めつけていて、かつその選手がミスなく全ての技をこなした場合、得点として加算されるGOEの合計点はばかばかしい程大きくなります。今回の女子シングルの場合、優勝者は合計16.51のGOE得点を得ています。これはトリプルアクセル2回分の基礎点より多いのです。この過大なGOEの恩恵を野球に例えればこうなるでしょうか。もしある選手の打撃フォームが「MLBが恣意的に定めた指標」において「理想的」だと審判が予め考えていれば、その特定の選手がヒットを打つたびにチームに1点ボーナス点が与えられる。そしてフォームが理想的でないとあらかじめ考えられている選手にはボーナス点はなし。このような選手がいるチームにはなかなか勝てませんよね。

The ironic and tragic problem is that a massive margin between a champion and the others, mainly due to the GOE monster, essentially holds no concrete meaning. If a skater won by 20 point margin, the skater is superior to the others in that margin? NO. It’s just like a number of flowers thrown by judges.
皮肉かつ悲劇的な問題は、大部分がこのGOEの怪物によりもたらされた勝者とその他との莫大な得点差には、本質的に具体的意味がないことです。二位の選手に20点差で優勝したとして、その選手の演技は二位の選手より20点分優れていたのか?もちろん違います。その点差は審査員がリンクに投げた花の数の違いくらいでしかないのです。

Even so, the total GOE results in someone’s huge score that leaves the others far behind. In women’s single, it’s almost impossible to fill a gap created by the pile of gifts from judges if the others can’t deliver quad jumps.
それでも、審判からのプレゼントの山であるGOE得点が、他の選手を大きく引き離すような高い得点を生みます。女子シングルの場合、四回転でも飛ばないとその差を埋めるのはほとんど不可能です。

It’s a good idea to reward skaters for good execution, but, I would say, it shouldn’t be a monster that enlarges a massive gap no one can catch up. Some people who see GOE as a problem claim that it should be reduced the width, for example -2 to +2 except falling. This is one way, and I think another way is that to put a ceiling on a total GOE score becoming a part of a technical score depending on a total base technical score. For instance, put a 15% ceiling on adding total GOE points based on the total of base values of elements.
出来栄えの良い技対する加点自体は良いことです。しかし、その加点が誰も追いつけない程の差になる怪物であってはならないと思います。GOEによる加点を問題視し、評価の幅を-2から+2(転倒を除き)に狭めるべきと考える人もいます。それも一案ですし、個人的には技の基礎点合計によりGOE加点に上限を設けたらいいのではないかと思います。例えば、GOEを得点に組み込む際の上限を、技術点の基礎点合計点の15%にするとか。

This GOE problem has been left derelict many years, and ISU seems to let the monster go unchecked. I think people who love “sports” are never be able to enjoy watching this sport. Truthfully, this World made me feel that I had to cut my ties with the sport to a greater or lesser extent.
このGOE問題は長い間放置されています。ISUはこの先もこの怪物を野放しにしておくつもりのようです。スポーツを愛する人は絶対フィギュアスケートを楽しめないだろうな、とつくづく思います。正直に言えば、この世界選手権によって、フィギュアスケートという競技にある程度見切りをつける必要を感じてしまいました。

I’m really sorry for skaters who work day in, day out have been overrun by ISU Mafia. I think so sincerely.
日夜努力する選手たちがISUマフィアに蹂躙されているのが本当に気の毒でなりません。心の底からそう思います。

Posted by Kinakinw | 17:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

12 2013

So, Happy in Osaka?

4CC2013_1

Yes. Yes. Yes!
I went to Osaka for the Four Continents Figure Skating Championships 2013, which was the most fruitful one in years.
四大陸選手権を観戦しに大阪に行っていました。近年稀にみる白熱した大会でした。
(以下は日本語のみ)
さっき録画したTV放送を見始めて、見るべきところがあまりにも少ないので中断。YouTubeで演技だけ見返せば充分。メディアリテラシーが身についている皆さんには釈迦に説法だと思いますが、そもそも「四大陸フィギュア」とは、フジテレビが大会の画像を勝手に編集して放送する番組名であり、そういう名前の競技会は存在しません。「世界フィギュア」も同様です。「四大陸フィギュア」は私の見た大会のほんの一部のみを、フジテレビが制作した煽りビデオと大量のCMと共にお茶の間にお届けした番組でした。


I watched all competitions for three days, and it was a unforgettable experience.
The performances that have left strong impressions on me were ones by women and men singles’ champions.
気を取り直して(笑)。3日間、すべての競技を観ましたが、思い出に残る良い体験となりました。
強く印象に残った演技は男女シングルの優勝者のものでした。

First and best for me was Mao’s SP. From the beginning of the performance, tensions dominated the hall. When she executed a first jump, the beautiful triple axel, the audience raised a round of cheers and was in a jubilant mood. I had only a vague memory of the performance after her jumps because tears welled up in my eyes. I remembered her difficult past few years, and sensing her ebullience for skate, my heart swelled with pride of the skater. I was really happy to be present at the moment.
とにもかくにも浅田真央のSP。演技冒頭から客席は緊張につつまれ、最初のトリプルアクセルがきれいに決まると、観客から歓声がはじけ、熱狂の時間が始まりました。実は、ジャンプが全て終わった後の演技は、泣けてきてしまい記憶が曖昧です。苦しかった彼女のこの何年間かを思い出し、そのスケートに対する情熱を感じ、浅田真央という選手を誇りに思いました。(すみません。まだ感動しているもので…)あの場に居合わせて本当に良かった。

4CC2013_2

Second one was Kevin Reynolds’ FS. In these years, I had seen a disappointed look of this unrewarded Canadian quad jumper who always played second fiddle to Patrick Chan. His FS was Mathieu’s Piano Concerto No. 4 choreographed by Kenji Miyamoto. He performed, here in Japan, the lyrical program with excellent quad toe loops and salchow and showed his true ability at last. I was happy for him!
次に男子シングル優勝者、ケヴィン・レイノルズのFS。長い間、彼のガッカリ顔ばかり見てきた気がします。いつもパトリックチャンに大きく水をあけられている報われないカナダ人クワドジャンパー。今年のFSは宮本賢二氏振付のピアノ協奏曲第4番(アンドレ・マテュー)。ここ日本で、彼はこの抒情的なプログラムを見事なトリプルサルコウとトリプルトウループと共に滑り、本来の実力を発揮しました。本当に良かった!

4CC2013_3

The Championships also presents many other highlights: three Japanese ice dance couples including Cathy & Chris Reed that made me feel the area might become active in Japan, the last group of FD that was just like the lineup of world championship, three American skaters who made their first appearance at the big international games as the member of national team for the World, the selection process of Canadian ladies for the World, Chinese new powers, and so on.
今大会は他にも見どころ満載でした。キャシー&クリスリードを含め、アイスダンスに日本人ペアが3組も登場し、アイスダンスが日本で盛んになる兆しが見えたような気がしました。また、アイスダンスのFD最終グループは、まるで世界選手権のような豪華な顔ぶれ。世界選手権代表として初めて大きな国際大会に登場したアメリカの選手達。カナダ女子の世界選手権代表争い。若き中国選手の台頭。まだまだあります。

The competitions, in which the skaters who performed their best won, were quite agreeable. I want to add something lastly. I was also proud of Japanese figure skating fans who gave the Kevin’s challenging performance a big cheer even if he cleaned up on domestic skaters.
今年の四大陸選手権は、ベストの演技をした人が優勝した後味の良い大会でした。最後に言い添えたいのですが、例え日本人選手の上に立ったとしても、レイノルズ選手の渾身の演技に熱狂し惜しみない声援を送る日本のフィギュアファンをもまた誇りに思いました。

Posted by Kinakinw | 17:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

07 2012

Kinoshita Group Cup Japan Open 2012

Japan Open2012_1

I’ve been posting the travelogues, but I put those on one side today because of Japan Open that marks the start of the 2012-13 figure skating season!
長々と旅行記をアップしてきましたが、ちょっと中断。今シーズンの開幕を告げるフィギュアスケートのイベント、木下工務店プレゼンツ・ジャパンオープン2012に昨日行って来ました。

I went to Japan Open, a team competition officially authorized by ISU by skaters (2 men and women) from Japan, Europe, North American, and Carnival on Ice, an ice show, that were held yesterday. I saw so many precious performances that I don’t know what to talk about. Let me just list the participants in the events.
ジャパンオープンは国際スケート連盟公認のイベントで、日本、ヨーロッパ、北米から男女2名ずつの選手のフリースケーティングの点数を合計して地域別に争う団体戦です。同じ日にアイスショー、カーニバルオンアイスもあり、私はこの2つを見てきました。なにしろ豪華なメンバーで、いろいろ貴重なものを見てしまい、どう整理したらよいかわかりません…。とにかく両イベントの参加選手を列記してみます。

Japan Open
Akiko Suzuk/鈴木明子, Mao Asada/浅田真央, Daisuke Takahashi/髙橋大輔, Takahiko Kozuka/小塚崇彦, Ashley Wagner/アシュリー・ワグナー, Agnes Zawadzki/アグネス・ザワツキー, Patrick Chan/パトリック・チャン, Jeff Buttle/ジェフリー・バトル, Alena Leonova/アリョーナ・レオノワ, Elene Gedevanishvili/エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ, Evgeni Plushenko/エフゲニー・プルシェンコ, Michal Brezina/ミハル・ブレジナ
Carnival on Ice: In addition to above skaters
Kurt Browning/カート・ブラウニング, Ilia Kulik/イリヤ・クーリック, Philippe Candeloro/フィリップ・キャンデロロ, Alexei Yagudin/アレクセイ・ヤグディン, Takeshi Honda/本田武史, Shizuka Arakawa/荒川静香, Irina Slutskaya/イリーナ・スルツカヤ, Kimmie Meissner/キミー・マイズナー, Joannie Rochette/ジョアニー・ロシェット, Laura Lepist/ラウラ・レピスト, Sarah Meier/サラ・マイアー, Narumi Takahashi & Mervin Tran/高橋成美&マーヴィン・トラン, Cathy & Chris Reed/キャシー&クリス・リード

You see?
すごいでしょう?

I cannot talk about everything, but I’m going to try to brief things that leave impression, mainly about Japan Open. Before that, I have to mention that I was watching them from the upper seat from which I couldn’t see any facial expression. If you watch the performances from one closer to the rink or on TV, you may disagree with me.
全部の感想はとても書ききれませんが、ジャパンオープンを中心に、印象に残ったことを手短に書いてみたいと思います。その前に言っておくと、私は選手の顔の表情が一切わからないスタンドの上の方から見ていました。前の方の席やテレビで見ていた方とは意見が異なるかもしれません。

Japan Open

I was impressed by two Japanese: Takahiko Kozuka and Mao Asada.
小塚崇彦と浅田真央の演技が何しろ印象的でした。

Kozuka performs “the Introduction and Rondo Capriccioso”. Congratulations! He finally finds what he has to do. He doesn’t need to be a“rock star”, but he can just express music through excellent his skating skills. That’s his skate. I was thrilled with his performance yesterday. The music, which is one of my favorites, might help it, but Plushenko’s performance, in which the same music was used, didn’t impress me that way.
小塚選手の今年のフリーは“序奏とロンド・カプリチオーソ”。おめでとう!ようやく自分がすべきことに辿り着きましたね。彼は“ロックスター”みたいなスケーターになる必要はなく、卓越したスケート技術で彼らしく曲を表現すれば良いのです。それが彼のスケートではないでしょうか。昨日の演技にはぞくぞくしました。私の好きなこの曲に助けられている、という面もあるかなとも思いましたが、同じ曲を使っているプルシェンコ選手の演技ではぞくぞくはしませんでした。

Watching Mao’s Swan Lake choreographed by Tatiana Tarasova, I was practically crying. Her delicate and strong skating style really fit the program. I didn’t only watch her performance but also her drama about her life. She stood helpless in Vancouver season, then had her ups and downs seasons, and faced the loss of her mother. Now, she seems to be in good shape and break away from the relearning period of jumps and other skating skills. I remember I wrote about her at Japan Open 2010, and after two years, the time has come for Mao to come into next stage!
浅田真央選手の白鳥の湖。見ていて泣きそうになりました。彼女のデリケートでいて力強いスケートはこのプログラムによく合っています。彼女のスケートを見るということは、その時の演技を見るだけではなく、彼女の人生を見守ることだという気がします。孤立無援のバンクーバーシーズン、続く浮き沈みの激しいシーズン。お母様のご逝去もありました。今、彼女はとても良い状態にあり、長かったジャンプ改造やスキルアップの時期を抜け出しつつあるように思えます。ちょうど2年前のジャパンオープンの時、彼女について書いたことを思い出します。ようやく次の段階に進む時が来たのですね!

I hope it was my illusion that I felt there was something missing in Takahashi’s Pagliacci. I also hope Akiko Suzuk’s attempt to get a new expression, not very Akiko, all goes great. Ashley Wagner was fully prepared to compete! I think Agnes Zawadzki might need time to be a“senior” skater.
高橋選手の新プログラム、道化師ですが、何かが欠けているような気が…私の思い過ごしであって欲しいと思います。鈴木明子選手は”ベリーAkiko”とも呼ばれるいつもの表現スタイルではない、新しい表現にチャレンジ。上手くいくことを願っています。アシュリー・ワグナーは準備万端ですね。アグネス・ザワツキーは“シニア選手”らしくなるのにもう少し時間が必要なのかな。

I don’t know whether Chan’s poor performance was only due to lack of preparation or anything else.
チャン選手の大失敗演技ですが、単なる準備不足なのか、何かが起こっているのか私にはわかりません。

Carnival on Ice

My highlights of the show were Candeloro who showed us “Saturday Night Fever” and Slutskaya. Kulik, Yagudin and Plushenko reminded me of that Russia was the Kingdom of male single skaters.
私にとってのアイスショーのハイライトは“サタデーナイトフィーバー”を披露したキャンデロロとスルツカヤ。クーリック、ヤグディン、プルシェンコと、かつてロシアは男子王国だったのだなぁ、と懐かしく思い出しました。

I was really happy Michal Brezina finally could show “Kodo”, his short program in 2010-11 and 2011-12 seasons, to Japanese audience. The program was made in consideration of the 2011 World figure skating competitions in Tokyo. As you know, it was cancelled due to the earthquake. I heard he wanted to come to Japan since then but didn’t have chance until these events. He received great cheers from the audience knew who knew that.
ミハル・ブレジナがようやく日本で“鼓童”を披露できてよかった!これは2011年に東京で開催されるはずだった世界選手権を意識して作られたショートプログラムで、ブレジナ選手は2010-11 と2011-12の2シーズン使用していました。ご存じのように、東日本大震災のため東京での世界選手権は中止となりました。彼はそれ以来、日本に来てこのプログラムを滑りたかったそうですが、それが今回のイベントでようやく叶いましたね。それを知っている日本の観客は大喝采でした。

Japan Open2012_2

Posted by Kinakinw | 10:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

17 2012

Dreams on Ice 2012

DOI 2012_1

Though it’s the off-season, here is a topic of figure skating again.
Yesterday, I went to an ice show, Dreams on Ice in which the member of current national team comes on, held from 6/15 to 6/17 in Shin-Yokohama.
オフシーズンなのに、またフィギュアの話題です。
新横浜で6/15~本日まで行われたアイスショー、ドリーム・オン・アイスを昨日観に行きました。

Performers - 出演者
Men’s single: [seniors] Daisuke Takahashi(橋大輔), Hanyu Yuzuru(羽生結弦), Takahiko Kozuka(小塚崇彦), Tatsuki Machida(町田樹), Takahito Mura(無良崇人), Daisuke Murakami(村上大介) [juniors] Keiji Tanaka(田中刑事), Ryuju Hino(日野龍樹), Shoma Uno(宇野昌磨)
Women’s single: [seniors] Akiko Suzuki(鈴木明子), Kanako Murakami(村上佳菜子), Haruka Imai(今井遥) [juniors] Risa Shoji(庄司理紗), Satoko Miyahara(宮原知子), MiuSato(佐藤未生)
Pair: Narumi Takahashi(高橋成美) & Mervin Tran (マーヴィン・トラン)
Synchronized skating: Jinguu Ice Messengers Grace(神宮アイスメッセンジャーグレイス)
Guest skaters: Carolina Kostner(カロリーナ・コストナー), Patrick Chan(パトリック・チャン), Miki Ando(安藤美姫), Nana Takeda(武田奈也)


From the beginning, when I checked for the ticket on the next day of the launch, moderate seats had already sold out. I gave up on it once, but I decided to try for walk-up tickets for standing room at the last minute. The opening picture shows the numbered ticket for it. It was the first time for me to watch an ice show standing up. Standing during the show was OK, but including the time spent on lining for tickets and entrance (for a space race), it was a bit hard to be a standee.
チケット発売日翌日にチェックしたら、お財布に優しい席は既に売り切れていたのであきらめていましたが、当日発売の立ち見券を目当てに行ってみることにしました。冒頭の写真はその整理券。立ち見でアイスショーを観るのは初めてでした。まぁショーの間立っていることは問題ありませんが、チケット販売を待ったり、入場を待ったり(場所確保のため早く入らないと)したのを含めると、立ちっぱなしはきついものがありました。

DOI 2012_2 DOI 2012_3

Anyway, these are some remarks.
ともかく、いくつか感想を。

Attractive Male Secondary Group – 充実した日本男子第2グループ
Machida who gave one of the great performances and Mura are evolving, whose successful short programs in the Four Continents Championships are still fresh in our minds. If they weren’t Japanese, they can surely enter into the World Championships. What a shriek of joy!
この日素晴らしい演技をした町田選手、そして無良選手。昨シーズンの四大陸選手権のSPで完璧な演技を披露したのは記憶に新しいですね。彼らは着実に進化していて、頼もしい限りです。もし彼らが日本国籍でなければ、世界選手権に出ていてしかるべき選手達。嬉しい悲鳴です。

Combine hopes and concerns in Juniors – 期待と不安が入り混じるジュニア選手達
The juniors were one of my aims for the show. The bright side is Tanaka and Uno continue to grow smoothly for post Sochi in which they would be leading skaters along with Hanyu. As for Ryuju, well, as usual, he seemed to be unmotivated for skating…. I am a little worried about ladies. They are good skaters, but, personally, compare to Russian and American ones, I cannot sense their lambent talents that will bring them a big breakthrough on the world stage in the future…. Judging calmly, having Ando and Mao, geniuses who appear only once in every decade, at the same time is an unusual situation. I may have to give them time.
この日のお目当ての一つだったジュニア選手達ですが、良かったのは田中選手と宇野選手。羽生選手と共にソチオリンピック後の日本の主力選手になるべく順調に成長しているようです。日野選手に関しては…スケートに対する熱意がまだ感じられませんでした。さて、心配なのは女性陣。みんな良い選手なのですが、ロシアやアメリカのジュニア選手と比べるとどうしても物足りない。世界の舞台で大躍進しそうなキラリと光る才能が感じられないのです。まぁ良く考えてみれば、安藤美姫と浅田真央という十年に一人という天才スケーターが同時期に現れた、という現在の状況が特殊なのですね。長い目で見てあげないといけないかも知れません。

Spectacular Daisuke Takahashi - 圧巻の高橋大輔
The performance of the skater whose reunion with the Russian awkward coach,Nikolai Morozov, sends shockwaves towards fans in the world was just amazing! He showed us his new program for gala, Tango Piazzolla Primavera choreographed by Kenji Miyamoto. Maybe, there is no need to mention his power of expression, but I can also add that now he is able to give off an adult male’s allure and sultriness. I talked with dedicated Daichan-fans at the site. Some of them came all the way from local cities just for the show, stayed at a hotel and planned to watch several acts! I hope they spend some really good quality time with Daichan until Sochi and after it.
一癖あるロシア人コーチ、ニコライ・モロゾフと再びタッグを組んだ、というニュースが世界中のファンに激震を与えている高橋大輔。さすがの演技でした。この日披露したのは新しいエキジビション用プログラム、宮本賢二振り付けのリベルタンゴ→Primaveraの間違いでした。彼の表現者としての実力はここで私が言う必要もないのですが、あえて言えば、いつの間にか大人の男性の色気や艶のようなものをさらりと表現できるようになっていて、脱帽です。今回は熱狂的な大輔ファンのご婦人達とお話をしました。中には遠くからこのショーのために上京して、ホテルに泊まって何回も観るという方もいらっしゃいました。ソチオリンピックまで、そしてその後も、大輔ファンの皆様が充実した時間を過ごせることを願わすにはいられません。

Perplexing Ando’s “Artistry” - やっかいな安藤美姫の“芸術性”
We, Japanese figure skating fan, know she has worked hard to improve her expressiveness these years, but in general, she has never known for her artistry in the world. Though she is a gifted skater and tough competitor, regrettably, she isn’t blessed with natural ability to express the music through skating. I wrote about her expressiveness before (the previous post), and her latest interview made me think that again. According to it, though she is assigned to Grand Prix Series next season, she’s still thinking about if she’ll compete or not because she prefers to show her performance as an artist.
日本のフィギュアファンは、この数年安藤美姫が表現力向上に取り組んでいることを知っていますが、彼女の表現力が世界的に評価を得たことはありません。彼女は類稀な才能を持つスケーターで、試合に強い。しかし残念ながら、スケートを通じて音楽を表現するという才能には恵まれていません。彼女の表現力については以前にも書いたことがあります(その時の記事)。そして今回またその事について考えさせられてしまいました。彼女は最近のインタビューで、今シーズンのグランプリシリーズに出場を予定しているけれど、アーティストとして滑っていたいので、試合に出場するかどうかはまだ決めていないという趣旨の話をしているのです。ええっ…?(汗)。

I watched her performance yesterday, and I could assume what she thinks artistry is and, at the same time, convince why her expression conveys no meaning to many people. As far as I see, her “artistry” is expressing oneself in an ice show, mainly in terms of her affections, rather than communicating to audience. In other words, it’s look-at-me and understand-me skating. It’s a big misconception, and additionally, the more tragic one is she thinks performance in a competition is NOT art.
昨日の演技を観て、彼女が考える“芸術性”とは何か、なぜ多くの人に彼女の表現が伝わらないのか、わかった気がしました。私が思うに、彼女にとっての芸術性とは、アイスショーで主には感情面で自分を表現することで、観客に何かを伝えることではなさそうだということ。言葉を変えれば、「こういう私を見て、わかって」というスケート。これだけでも大きな勘違いですが、さらに深刻な勘違いは、どうやら彼女は試合で滑ることは芸術ではないと考えていることです。

Originally, only limited people who were sympathetic with her or knew her history could interpret her expression. For example, I know she expresses her thoughts for her father she lost when she was a child through the requiem program, so I can interpret what kind of feelings she’s expressing through it. Yesterday, however, I didn’t feel anything from her performance. I just understand she tried to skate very expressively.
元々、彼女の表現を理解できるのは限られた人だったと思います。彼女を好意的に見ている、また彼女の歴史を知っている人です。例えば、レクイエムというプログラムは幼少の頃に亡くしたお父さんに捧げているのだ、と私は知っているので、彼女がどんな気持ちを表現しているのか斟酌できたのです。でも昨日の彼女の演技からは、特に何も感じられませんでした。ただ、情感たっぷりに滑ろうとしているのだな、ということはわかりました。

I wished this year’s break could add up to a new passion for her skate. She has had a passion for being “an artist”. So, what will be the result?
昨シーズンの休養が、スケートに対する新たな情熱を彼女にもたらしてくれたらいいな、と思っていたのですが。まぁ、“アーティストでありたい”という情熱は持ったみたなので、さて、これからどうなるのでしょうか。

DOI 2012_4

Posted by Kinakinw | 21:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。