Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

16 2011

Morte a Venezia

Morte a Venezia

Though I see a movie once in a while now, I used to spend a lot of time watching movies, especially in my early 20's. I watched must-see old films through video and DVD and often went to a theater, too.
今ではたまにしか映画をみないのですが、かつて、特に20代前半頃は映画漬けの日々でした。必見の名作はビデオやDVDで鑑賞し、映画館にもよく足を運んでいました。

Of course I watched this masterpiece, Death in Venice, directed by Luchino Visconti before.
もちろんこのヴィスコンティの珠玉の名作、「ベニスに死す」もみました。

In the film, a German composer, Aschenbach, played by Dirk Bogarde, visits Venice for health reasons. He gets lost in the stunning beauty of an adolescent Polish boy named Tadzio, played by Björn Andrésen, who is staying with his family at the same Grand Hôtel des Bains on the Lido as him.
映画では、ダーク・ボガード演じるドイツの作曲家アッシェンバッハが静養のためヴェネチアを訪れ、リド島の同じホテルに家族と来ている絶世の美少年、ビョルン・アンドレセン演じるタジオに魅了されます。

The elements of it impressed me even through my small CRT-based television: the beautiful images of Venice, the spectacular portraits of the miraculous boy, the picturesque beauty of costumes and resort styles of guests, and so on. Seeking those images, I visited Lido when I traveled to Venice.
小さなブラウン管テレビでみていても、息を飲むほど美しいヴェネチアの風景、奇跡の美少年のショット、(ルノアールの)絵のような滞在客の衣装や佇まいに感動しました。映画のシーンを求めて、ヴェネチアに旅行した時にはリド島に渡りました。

I was thinking I’d like to see it again at a theater if given the opportunity, and I finally had that chance the other day. I knew it’s now screening by coincidence and rushed over to Ginza Theatres Cinema.
以前からこの映画をちゃんと映画館でみたいと思っていたのですが、ついに先日実現しました。現在公開中であることを偶然知り、銀座テアトルシネマに駆けつけたのです。

Seeing the same movie after an extended period of time, it made different impressions.
時間を経て同じ映画をみると、以前とは違う印象を受けるものです。

Now I can understand the death is a blissful moment for Aschenbac while I formerly thought it was simply miserable. Personally, I didn’t feel sympathy for the composer profiled in it, in the past and this time too. Indeed, there are only a handful of genius and humans endowed with perfect beauty. So, it should be one of life themes for us, regular people, to accept one’s ordinariness and dullness and to learn how deal with those beyond one's reach. In that sense, the German is miserably obtuse. However, the more obtuse you are, the more likely it is you experience a sweet torment.
昔は単に惨めだなと思ったのですが、今はアッシェンバッハの死は彼にとって恍惚の時なのだとわかりました。個人的に、以前も今も、映画で描かれるこの作曲家には共感できません。残酷なことですが、天才や完璧な美を与えられた人はほんの一握り。だからこそ、我々凡人にとって、自分の平凡さや愚かさを受け入れ、手が届かない天賦の才とどう対峙するか学ぶことが人生のテーマの1つだと思っています。その意味では、この主人公はどうしようもなく愚鈍です。でも、愚鈍であればある程、甘美な苦痛を味わえるのだな、と感じました。

Oh, one more thing. The genius and beauty may be not necessarily eternal. The beauty of Tadzio, which has been my prototype of a beautiful boy with the blond hair, must disappear in an instant. The actor, Andrésen, was 15 years old at that time. Maybe his face became a little craggy a year from that, and that was accompanied by loss of the perfect beauty. What a brief dream.
もう1つ。才能も美も必ずしも永遠というわけではありません。今でも私の金髪美少年の原型であるタジオの美しさも、長くは続かないはずです。アンドレセンはこの時15歳。恐らく1年後には、もう彼の顔は骨格が少し目立ってきて、あの完璧な美しさは失われたはず。はなかないものです。

Then what is happening with him at the moment? I googled him and easily found his recent photos (I found out for the first time, the young actor was highly valued as a teenage idle in Japan). Of course, there is nothing left of Tadzio, but Andrésen in mid-fifties is reasonably cool.
では、あの少年は今どうなっているのか?ネットで調べると、すぐアンドレセンの近影が見つかりました(知らなかったのですが、彼は日本でも当時アイドル的な人気があったのですね)。もちろんタジオの面影は皆無なのですが、50代半ばになった彼はそれなりに格好良いオヤジでした。

Posted by Kinakinw | 14:09 | Comment [2] | TrackBack [0] | Tokyo Life

«prev | home | next»

アンドレセン君はここしかない!というタイミングでの出演。大きなスクリーンで見て、完璧な美少年ぶりに感服しました。彼はバンド活動に重点を置いていたそうですね。そちら方面ではパッとしなかったのかもしれませんが、今はこれぞ「ロックおやじ」という風貌です。
音楽も素晴らしいですね。この映画を見たハリウッドのプロデューサーが「次の作品にはマーラーに音楽を頼め」と言ったとか言わないとか、ネットで目にしました(笑)。

Commented by Kinakinw [URL] | 10/24 22:18| edit

ベニスの風景と音楽が素敵でした。ダークボガードの心情は、アンドレセンほどの美少年になると人によってはさもありなんと思いました。その意味では、ヴィスコンティの心境映画でもあるのでしょう。アンドレセンは夭折したと聞いていましたが、そうじゃなかったと本ブログで知りました。長男が亡くなったのを御本人と取り違えていたようです。


Commented by nmh470530 [URL] | 10/24 05:54| edit

TrackBackURL: http://tnotebook.blog120.fc2.com/tb.php/243-ce884012

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。