Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

02 2011

Tairyou-bata

tairyobata1

The flag with gorgeous, multicolored illustrations called Tairyo-bata (the fishing boat flag) was originally used to indicate a large catch and ran up when a boat came into harbor. In present day Japan, it’s mainly used on celebratory occasions such as a launching ceremony and a festival. For good luck, suspicious designs are featured on the flags: the ship of the Seven Gods of Good Fortune (these gods are believed to arrive on a ship full of treasures and bring people good fortune), cranes and turtles represent longevity, Mt. Fuji, fishes, and so on.
大漁旗。かつては大漁の合図として使われていましたが、現代では主に進水式やお祭りなどの際に掲げられているそうです。縁起をかついた宝船や鶴亀、富士山、魚、日の丸などの図柄がよく使われています。

tairyobata46
Photo by Wiki4423

As reported by an international research about predilection for color conducted in the 1990s, Japanese tend to prefer a combination of primary colors like Tairyo-bata. Of course, people have different tastes in color, but if I turn my eyes to the festivals and items related to them around the country, I can see the various brilliant combinations.
90年代に行われた色彩の好みに関するある国際調査によると、日本人は大漁旗のような派手な原色の組み合わせを好む傾向があるそうです。もちろん好みはそれぞれ。でも、日本各地で行われているお祭りや、その関連アイテムに目を転じれば、そういう華やかな色の組み合わせが溢れていることに気がつきます。

nebuta kite
From left, a huge paper lantern used at the Nebuta festival and a traditional Japanese kite  Photos by Ashinari
左から、ねぶた、凧 撮影:足成


It’s interesting that modern Japanese still have that tastes.
そのような好みが、現代の日本人にもみられるのは興味深いことです。

Back to concerts, I saw a lot of tairyo-batas including one in the opening picture at an event I encountered last month (see the previous post). These are from tsunami-devastated areas in Miyagi and Iwate Prefectures. The opening one was formerly displayed on the fishing boat named Kinryo-maru that was based at Kamaishi, Iwate. I couldn’t get information about that boat, but I found the company named Ito Syouten, which sent the flag to the boat owner, on the Web. It’s a Kamaishi based seafood products manufacturer.
話を戻すと、先月偶然訪れた「ふるさと回帰2011」の会場には、三陸海岸の各地から集められた大漁旗がたくさん展示されていました。冒頭の写真の旗は、伊藤商店さんから釜石港の金良丸という船に贈られたもののようです。金良丸について詳細はわからなかったのですが、伊藤商店さんというのは釜石に本社を置く水産加工会社です。

As you know, in Tohoku, many fishing boats were lost in the tragedy of the tsunami.
Now, new boats are making an appearance, and the colorful flags fly at a launching ceremony.
ご存知の通り、三陸海岸では津波により多くの船が失われました。
今では、新しい船が登場し、進水式で色とりどりの大漁旗がはためいています。

Tairyo-bata shows the spirit of fisherman.
I hope more and more tairyo-batas would fly on a sea of Tohoku.
大漁旗は漁師の魂。
多くの旗がこれから三陸の海に舞うことを願っています。

These are the flags displayed at the event.
以下は「ふるさと回帰2011」の会場に展示されていた大漁旗。

tairyobata2 tairyobata3 tairyobata4 tairyobata5
tairyobata6 tairyobata7 tairyobata8 tairyobata9
tairyobata10 tairyobata11 tairyobata12 tairyobata13
tairyobata14 tairyobata15 tairyobata16 tairyobata17
tairyobata18 tairyobata19 tairyobata20 tairyobata21
tairyobata22 tairyobata23 tairyobata24 tairyobata25
tairyobata26 tairyobata27 tairyobata28 tairyobata29
tairyobata30 tairyobata31 tairyobata32 tairyobata33
tairyobata34 tairyobata35 tairyobata36 tairyobata37
tairyobata38 tairyobata39 tairyobata40 tairyobata41
tairyobata42 tairyobata43 tairyobata44 tairyobata45

Posted by Kinakinw | 17:03 | Comment [2] | TrackBack [0] | Cultural Issue (Japan)

«prev | home | next»

釜石と言えばラグビー。新日鐵。
釜石がどこにあるどんな町かを知る前から、そういう印象を持っていました。
スタジアムにも大漁旗が舞っていたのですね。
鉄人の伝統はきっと今も脈々と受け継がれていると私も思います!

Commented by Kinakinw [URL] | 10/05 00:59| edit

1970年代後半から80年代半ばにかけて、ラグビーでは新日鐵釜石が無敵を誇りました。秩父宮で、国立で、釜石からやってきた数多くの大漁旗が振られていたのを思い出します。北の鉄人と呼ばれたラグビーマンと大漁旗の取り合わせが意外と似つかわしかった。もちろん鉄人の伝統は過去のものではなく、東北の地に根付いていると信じています。

Commented by 野町均 [URL] | 10/04 11:00| edit

TrackBackURL: http://tnotebook.blog120.fc2.com/tb.php/238-1f113855

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。